※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベルフェモン、ベルゼブモン、リヴァイアモン、リリスモンはそれぞれのパートナーを連れてクロノモンのいる超古代の扉がある場所へと急いだ。
「ベルフェモン、クロノモンの居場所は分かったのか?」
雄治がベルフェモンに聞いた。
「あぁ…さっきバルバモンが魔力を使って俺の頭の中に奴の居場所を流し込んできやがった」
「クロノモンの所へは行かせない…」
ベルフェモンたちが進んでいると空から黄金の戦士と合成魔獣が舞い降りてきた。

                   Evolve66『古代の最強タッグ!
                                   黄金の戦士と合成魔獣』

「貴様等…YMIRの奴等か…?」
「そうだ。俺はマグナモン、YMIRの三将軍にして唯一のロイヤルナイツだ…」
「ロイヤルナイツだと!?」
リヴァイアモンが思いっきりびっくりした。
「そして、コイツがキメラモンだ。幾多のデジモンの突然変異融合によって生まれたデジモンだ。俺と同じく三将軍の1体」

~データ解析~
マグナモン
世代:アーマー体
種族:聖騎士型
属性:ワクチン種
所属:ロイヤルナイツ
必殺技:エクストリーム・ジハード、プラズマシュート、マグナムパンチ、マグナムキック、ライトオーラバリア

キメラモン
世代:完全体
種族:合成型
属性:データ種
必殺技:ヒートバイパー、ハイブリットアームズ、デスクロウ、メガブラスター、ヴォルケーノストライク、メガフレイム、サウザンドスピア、ヘブンズナックル

「雄治!先に行け!」
海斗がリヴァイアモンから出てきて言った。
「え?でも…」
「ここは、私たちに任せなさい」
次に光菜が言った。
「それとも、俺たちが信用できないか?」
続いて五十嵐が言った。
「分かった!行こう、ベルフェモン!」
「あぁ…」
「雄治!貴様を倒すのはこの俺だ!やられたら承知しないぞ!」
五十嵐がライバル心を燃やしながら雄治に言った。
「俺はやられはしないぜ!そっちこそ俺が返ってくるまでにやられるなよ!」
雄治も同じような言い方でそっくり返した。
そして、雄治とベルフェモンはクロノモンの元へと飛んでいった。
「随分素直に行かせてくれたじゃない?」
光菜がマグナモンに言った。
「魔王1体くらいクロノモンならどうということは無い。それが、魔王一のパワーを持つ奴でも…」
「俺たちも、大分嘗められてきたな…」
ベルゼブモンが納得したような口調で言った。
「まぁ、世界を脅威に陥れる七大魔王がこうやって世界を破滅から救おうとしてるから嘗められても仕方ないな…」
リヴァイアモンが解説したような言い方で言った。
「では、暴れさせてもらうぞ…。キメラモン、もう暴れていいぞ」
「たっぷり…暴れさせてもらう…」
『カードスキャン!―心力開放!』
海斗がカードスキャンした。
『リヴァイアモンキラーモード!!』
『ヴォルケーノストライク!!』
『プラズマシュート!!』
キメラモンは口から炎を纏った岩を放ち、マグナモンは方や背中のアーマーからミサイルを放った。
果たして、3体の魔王は強豪そうな2体のデジモンに勝つことが出来るのか?