※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第五話「アグモン進化!ムシャグレイモン!!」

ドラえもんは、ギガルモンの技に封じられてしまう。反撃を試みるが、全く攻撃があたらない。
その間にも、ドラえもんが危機に陥ってしまっている。果たしてどうするのか?

ぎゃあああああ・・・
ドラえもんの悲鳴が聞こえる。さっきからずっとやまずに叫んでいるのだ。
男「さぁ、どうする?」男はあざけるように笑った。
真治「くそうっ・・・」
ギガルモン「げへへっ!デスバキューム!!」
孝「うぇ?」
真治「!?」
なんと、キラーボックスの中に孝、愛、光が吸い込まれていった。
たまたま吸引の範囲にいなかった真治とアグモンとコエモンたちがが吸い込まれずにすんだのだ。
真治「やべぇな・・・」
アグモン「どうする?真治?」
コエモン「孝たちが危ない!!」
真治「いや、孝は多分だ大丈夫だ。あいつの生命力は化け物なみだから。それより、愛や光たちが心配だ・・・」
ギガルモン「スライスアタック!」
ギガルモンが大きな鎌のようなものを投げてきた。
真治「こんにゃろ!!」
真治は「電光丸」でなんとかしのぐ。
ギガルモン「やるようだな・・・でも、弾くだけじゃかてねぇぜ!ひゃはは!」
真治「ちっ・・・」
アグモン「ベビーフレイム!!」
炎の玉を連射する。コエモンたちも援護を始めた。
ギガルモン「ひゅ~。さすがに危ないな・・・でも、当たらなきゃいみねぇぜ!」
そのとき、孝の悲鳴が聞こえてきた。
孝「ぎぃやあああぁぁぁぁ!!!」
真治「あいつ一体何見てんだ?」
アグモン「それどころじゃない!さっさと倒さないと、皆が危ない!!」
真治「俺がコイツたおさなきゃ、どうにもなんねぇ!」
その時、持っていた機械が輝いた。
真治「なんだ?」
アグモン「真治!その光を俺に!」
真治「どうして?」
アグモン「いいから早く!よく分からないけど、それがあれば、勝てる気がする!」
真治「よし、わかった!頼むぜ!」
アグモンがその光を浴びた。
アグモン「アグモン進化!!ムシャグレイモン!」
刀を持ち、鎧をまとったグレイモンが光から出てきた。

ムシャグレイモン
鎧をまとったグレイモンの亜種。日本刀「桐龍」(きりゅう)を持ち、戦う。
必殺技は炎をまとった剣を敵に叩きつける「灼熱一閃斬」。
ほかにも、高熱の炎を高速で放つ「ソニックフレイム」を持つ。

ムシャグレイモン「ソニックフレイム!!」
高速の炎をギガルモン避けきれなかった。
ギガルモン「ぎゃああ!」
ムシャグレイモン「いまだ!灼熱一閃斬!」
ギガルモンに炎の刃が迫り、捕らえた