※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カオスロードを倒すために急ぐ啓人太たちに立ちはだかる七大魔王。そこにベルゼブモンたちが残り、太一たちは先を急ぐ。
しかし、そこにカオスオメガモンたちが立ちふさがった。

第四章第六話「変貌」

ベルゼブモン「ゼエハア・・・」
アサルトレオモン「何とか・・・倒したが・・・」
オウリュウモン「もうほとんど体力が残ってない・・・」
セントガルゴモン「もう弾が残ってないよ・・・」
アシュラオーガモン「太一たちにはわりぃが行けそうにねえぜ・・・」
メタルガルルモン「もう、動けない・・・」
彼らは七大魔王との戦いで満身創痍だった。

一方、大輔たちは・・・(いちいち変えるな。)

カオスインペリアルドラモン「良くぞここまで来たな。」
カオススサノオモン「しかし貴様らの運もここまでだ。」
拓也「ごちゃごちゃ言ってないで早く戦え!」
カオスアルファモン「あまり吼えるな。弱く見える。」
カオスオメガモン「まあよい。ならば移動しよう。」
コータ「何処に?どこに行くんだ?」
カオスデュークモン「こんなところで全員が戦ったらこんな場所、一瞬で消し飛ぶぞ。」
その瞬間、子供たちとデジモンは一瞬で別の場所に移動していた。
コータ「ドルモン!」
ドルモン「うん!進化!アルファモン!」
カオスアルファモン「その姿で勝てると思っているのか?」
アルファモン「何!?」
カオスアルファモン「消えてもらうぞ・・・ウォォォォォっウガァァァァァ!」
次の瞬間、カオスアルファモンの姿が変化していった。
背中の翼が落ちたかと思うと、巨大な禍々しい腕と翼が生えてきた。その姿はまさに・・・
コータ「で、デクスモン・・・」
カオスアルファモン「そのとうり。この姿で貴様を倒す!」

続く