※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        • シュンッッ!!
夜、ひとつの影が街に現れる・・・。
「はっ!」
パシュンッ!!
と、もうひとつの影が現れ、それを排除した・・・レナモンだ!!
「最近、デジモン多いわね・・・。」
数秒して現れたえりか(金城 絵梨佳)が言った。
「・・・・うむ、だな。何かが・・・起こっている?」

28th moment ~推測~

「君達に集まってもらったのは、他でもない・・・」
と、レオン。

龍也達は、レオン達のアジトに集まっていた。

「いままでにここ沖縄で起こったデジモン事件についてわかったことがある。」
レオンが話し始めた。
「これを見てくれ!」
ロバートが沖縄全土の地図を広げた。
「沖縄で発生したデジモン反応の分布図だ。」
レオンが付け加える。

「お~!本格的!」なぜか龍也は少々興奮気味だ。
「え?なんで・・・」と、海人。
「だってよくあるじゃねえか、刑事ドラマなんかで」
「・・・何か気付かないか?」

              • !!
「デジモンの出現が米軍の基地周辺、特に普天間基地に集中している。」
「じゃあ・・・・米軍が一枚かんでるってことですか?」
海人が慎重に聞いた。
「ああ、そういうことになる」
「でも、これだけじゃなにも・・・」と、えりか。
「それだけじゃない。基地だけではなく米軍が関わっているすべての施設に反応がでている・・・!!事実、デジモンが出現したときには米軍の飛行機や米軍ヘリの離着陸および基地の全機能が停止している・・・。逆に出現直前はかなり活発だ。」
「デジモンの出現は電気機器に異常を及ぼすからな・・・」と、ロバート。

「さらに、この男だ」
するとレオンは一枚の写真を取りだし地図の上に置いた。
「この男の名はエリック・アレクサンドロス。現在29歳。12歳の若さでエリートの大学を主席で卒業。今は一大企業の副社長だ。普天間基地に勤務している友人が基地内でこの男の姿を何度も目撃している。」
「あそこには、そこの米兵さえ知らない施設があるってうわさよ。」
エマが顔を出した。
「そう、それに彼は、デジモン研究者のひとりだった。」
                      • !!!

しばらく沈黙が続く・・・が。
「へっ!!オレゃ、個人的に気に食わねえんだ・・・。秘密を暴いてやる!!」
龍也が腕をならす。
「それで、わたしたちに何をしろと?」
と、えりか。
「ああ、それは・・・・」
そのとき・・・!!

            • !!
「デジモン反応がでたわ!!場所は沖縄市北東部!!数は成熟期2体!」
「ドルモン!」「うん!!」
「・・・・・いや!」
と、海人が制した。
「僕とラブラモンだけで行きます!!」
「でも・・・おまえ!」
「僕らの街は・・・僕らで守ります!!」
              • !!
「ああ・・・行け!」レオンだ。ロバートもうなずく。
「はい!!」
海人とラブラモンは外に出ていった。

「ラブラモン!リアライズ!!」
デジヴァイスからラブラモンが具現化した。
「・・・行くよ!」
「うん!!」
「BLOODLY EVOLUTION!!」
「ラブラモン進化!!シーサモン!!!」
と、海人はシーサモンの背中に乗った。
そして反応のあった場所へと急ぐ。

彼らが去った後・・・。

「頼むぜ・・・・海人」龍也が言った。
「君達には・・・、他に仕事がある。」
「・・・・・・!!」

28th moment end To be continued