観光地


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

松山城

松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守(大天守)は、日本の12箇所に現存する天守の一つである。この中では、姫路城と同じく、大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を渡り櫓(廊下)で結んだ連立式で、日本三大連立式平山城にも数えられる。
幕末に建築された大天守ほか、日本で現存数の少ない望楼型二重櫓である野原櫓(騎馬櫓)や、当時の土木技術としては特筆される深さ44mにおよぶ本丸の井戸などが保存されている。敷地一帯は国の史跡に指定されており、建造物21棟は国の重要文化財に指定されている。ミシュランの観光版(ギード・ベール)日本編では二つ星に選定された。
たよりないロープウェイがスリリング、個人的には城内観覧も充分おすすめ(@youhei_sk)

道後温泉

四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。日本三古湯の一といわれる。
その存在は古代から知られる。古名を「にきたつ」(煮える湯の津の意)といい、万葉集巻一に見える。なおかつてはこの周辺が温泉郡(湯郡)と呼ばれていたが、これはこの温泉にちなむ地名である。伊予国(いよのくに)という名前も湯国(ゆのくに)が転じたものという説がある。
道後温泉周りのイベント情報などはこちらが詳しいかと
http://www.dogo.or.jp/pc/top.htm
関東や他県の温泉街を知ってると多少物足りないかもしれないけど、日本最古の温泉の名は伊達じゃない。文化財としても趣有り(@youhei_sk)

しまなみ海道

広島県尾道市の尾道福山自動車道(国道2号松永道路)西瀬戸尾道ICを起点とし、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などを経て愛媛県今治市の今治ICに至る、延長59.4kmの高規格幹線道路(国道317号の自動車専用道路)である。本州四国連絡橋に本州四国連絡道路である西瀬戸自動車道を通しているという形をとっており、本州四国連絡高速道路が管理している。
一般には、西瀬戸自動車道周辺地域振興協議会が公募した愛称である瀬戸内しまなみ海道または、単にしまなみ海道と呼ばれる。なお、しまなみ街道という誤記もたまに見られる。なお「しまなみ」の呼称は、本道路の開通後、広島県東部や愛媛県の複数の団体・企業等の名称に用いられている。
瀬戸内海の島々をめぐるサイクリングスポット、瀬戸内の文化を堪能しよう。ちなみに、はっ!かっ!たっ!の塩の名産地(@youhei_sk)

下灘駅

下灘駅(しもなだえき)は、愛媛県伊予市双海町大久保にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅である。駅番号はS09。
ホームから国道を挟んですぐ伊予灘の海が広がっているので、ホームからは広い海を眺める事ができ、駅周辺は鉄道写真の撮影名所の一つとしてもファンに知られている。このため、青春18きっぷのポスターに当駅が度々登場し、鉄道ファンの間ではかなり有名な駅となっている。ちなみにかるまんさんちの近く。
僕がフラれた次の駅(@youhei_sk)

ふたみシーサイド公園

愛媛県人気海水浴場のひとつ。一時はあふれるほどに人が来ていたが最近は手を抜いているため他の海水浴場に客をとられている。
ここのじゃこ天は有名。かるまんさんちのもっとも近所。
「双海」を一見で正しく「ふたみ」と読めるのは付近住人か双子推しくらい。
どちらかと言えば真美推し @karmann1118

路面電車

松山市内の道路のど真ん中を堂々と走る電車。
レトロな雰囲気がたまんない。
大手町駅付近の郊外電車と路面電車が交差する場所はダイヤモンドクロスと呼ばれ日本に数箇所しかなく鉄ちゃん垂涎。
鉄ちゃんでなくとも電車が踏み切りで電車待ちする姿は一見の価値あり

坂の上の雲ミュージアム

実はなんだかよく分かってない。
松山城のロープウェイを乗降するときに通る場所

銀天街・大街道

松山の中心部に位置するアーケード付きの商店街
両商店街あわせると全長1kmを超える
裏通りの方がこだわりのお店が多い

道後温泉商店街

愛媛の土産ならここでほとんど揃います
地元の人でもここに来ると観光気分に浸れちゃう場所
商店街から横に伸びる「道後にきたつの路」にも雰囲気のあるお店が並ぶ
こちらの朝市で和菓子を作って売ってたときがありました @karmann1118