02 俺の学校に手を出すな!

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

02 俺の学校に手を出すな!

「緊急事態です。校舎内に何者かの侵入を許してしまいました。数は2名。恐らく、先日と同一人物かと思われます」

班の責任者である黒川が淡々とした口調で言う。職員室には、天、クロ、七星、黒崎に加え、警戒態勢でなくとも普段から学校に寝泊りしている、歴史担当のリョクが集まっていた。

「……で?クロさん」

天は引きつった笑みを浮かべ、クロの胸倉を掴む。

「あなたは一体何をしていたんですの?」

クロがのこのこと職員室に戻ってきたのは、他の全員が集まった後だった。怜悧と大介はもう動ける状態ではないらしく、校庭に待機させているそうだ。天に吊るし上げられたクロは、げほげほと咳き込みながら答える。

「いやあ……、なんつーか、ちょっと油断してたのかなー。参ったよホント、はっ、はははー」

乾いた笑い声を上げるクロに、5人分の冷たい視線が集まる。クロはゴホン、とわざとらしく咳払いすると、黒川に向かって尋ねる。

「これからどうするんだ?」

「侵入者を捕らえます。2人ずつ3組に分かれて、それぞれ別の校舎を捜索。見つけ次第、取り押さえて下さい。魔法使用の許可は下りているので、手段は選ばなくて結構です」

「魔獣は?」

天が訊くと、黒川は表情を更に険しくする。

「既に侵入者が魔獣と『契約』を交わしてしまった可能性があります。しかし、そうでない場合──契約が失敗しているのだとしたら、魔獣は暴走しているかもしれません。もし遭遇した場合、捕獲が理想ですが、手に負えないと感じたら無理をせずに退却、或いは倒してしまっても構いません」

黒川の言葉に、全員が無言で頷き、それぞれ職員室を出ていった。

 

「あら?」

A棟を捜索していた黒川と黒崎は、階段を下りようとして、ふと足を止めた。

「誰かいますね」

声を潜めて言う黒川に対し、黒崎は口端を吊り上げにたりと笑うと、薄暗い廊下に向かって呼び掛けた。

「前置きはいらないからさっさと出てきなさいよ。私と黒川先生のコンビ、人呼んで『ブラック・イーグルス』が相手してあげるから」

「呼ばれてませんから!つか、ブラックを付けたら何でも格好良くなると思ったら大間違いですよ!」

「あら?じゃあゴールデン・イーグルスにしとく?」

「それじゃ東北の球団でしょうが!しかも肝心の『黒』を抜かしてどうすんですか!」

止むを得ず突っ込み役に徹する黒川だったが、背後で床を蹴る音が聞こえ表情を硬くする。咄嗟に振り返るが誰も居ない、上か──目線を上げると、そこにあったのは真っ黒な人影、天井を踏みつけて加速し向かってくる。狙ってくるなら頭か、首か──、一瞬の思考の末、防御に構えた腕に鈍い衝撃が走る、しかし足首に受けたダメージのせいで踏ん張りが利かず、階段下まで派手に弾き飛ばされる。

「黒川先生!」

駆け寄ろうとする黒崎だったが、ふと躊躇するように足を止める。その隙を相手は見逃さない。腰に携えていたスプレー缶を手に取ると黒崎に向かい吹き付ける。反射的に後ろに跳んでかわすが、少し吸い込んでしまったらしい、睡眠ガスか、神経毒か──黒崎は2・3歩踏鞴を踏んだ後、床に倒れた。

次はこっちだ、と階段下に目を向けた『人影』は、そこに黒川の姿が無いことに気付く。逃げたのか?そう思い階段を駆け下りようとするが、

「こっちだ、馬鹿」

その瞬間、『人影』の体が廊下の端まで吹き飛んだ。黒川の蹴りが決まったのだ。スプレー缶が床を転がる甲高い音が響く。さっきやられた時に口の中を切ったらしく、黒川はぺっと血を吐き出し、床にうずくまる相手を見る。真っ黒に見えたのは暗さのせいではなかった。相手が身に着けているのは全て黒で、顔も目出し帽のようなもので覆われていて性別すら分からない。一応ヒトの形はしているが……

「ま、お前の正体が何にしろ、俺の学校で好き勝手にはさせねえよ」

そう言って相手に近付きつつ、黒川はネクタイを解いて捨てる。

と、その時。黒尽くめは立ち上がると同時に強く床を蹴り、黒川に向かってきた。手刀による突きを何とかかわすが、確認できた動きはそこまでだった。反撃しようとした時には黒尽くめの姿は無く、たんたんたんたん──、と壁やら天井やらを踏みつける音がしたあと、後ろから首を掴まれ抵抗する間も無く床に叩きつけられた。黒尽くめは右手で黒川の首を、左手で両腕を固定し動きを封じる。そんな絶対絶命的な状況で、黒川が抱いた感想は「あー、やっぱコイツ人間じゃねえ」というものだった。

「動くなよ」

黒尽くめの言葉に、「動きたくても動けねーっつの」と軽口のように返す黒川。

「オレ等に、あんたらをどうこうしようって気はねえんだ。依頼人からも、学校の人間は必要以上に傷つけるなって言われてるしな」

そう続ける黒尽くめの声は、若い女のようだった。

「一応言っとくけど、オレ等がしようとしてることは、別にあんたらの不利益になるようなことじゃない。だから、ここは狐に化かされたと思って大人しく……」

「うるせーな」

黒尽くめの台詞を遮るように、黒川は突然声を上げた。

「目的がどうであれ、お前らは学校に土足で乗り込んできた唯の部外者だ。そんな奴等の言う事を、はいそーですかって素直に聞くと思ってんのかよ」

馬鹿にしたような黒川の口ぶりに、黒尽くめは首に掛けた手に力を込める。

「あんた、この状況ちゃんと理解してるか?」

「理解できてねーのはお前だろ」

そう言い返す黒川に、黒尽くめは「どういうことだ」と声を低くする。それに対し、黒川は鼻で笑うと、

「そろそろ起きたらどうですか。どうせ、もう動けるんでしょ、黒崎先生」

「にゃは──。なんだ、バレてたのか」

呼び掛けられた黒崎は、ゆらり、と起き上がると、口端を裂くようにして笑顔を作る。

「ん、まだちょっと痺れが残ってるけど……、まあ良いわ。動く必要なんてないんだし」

にゃはは、と楽しそうな笑い声を上げ、黒崎は手に持っていたペンのようなものを捨てる。小さな音を立てて割れたそれは、小型の注射器だった。

「まさか、自分で解毒を」

思わず呟いた言葉は黒崎に聞こえたらしい。彼女は黒尽くめに向かって、妖艶とも言える表情で答える。

「その通り。……保険医、舐めんなよ」

黒崎がそう言った途端、その体から黒い霧が発生する。目に見えるほどの妖気──彼女の正体は、何百年生きているかも定かではない、黒猫の大妖。気分が昂っているのか、普段は隠している尾と耳が出現している。

「苛められてる黒川先生を見物するのも面白いかと思ったんだけど」

「……ふざけてないで、さっさと働いて下さい」

「そんなに怖い顔しないでよ。にゃは、じゃあ、軽ぅく捻り潰してあげましょうか」

言い終わると同時に、妖気が巨大な腕に変化し、音も無く宙を這い黒尽くめを襲う。次の瞬間には、その体は壁に叩きつけられていた。そのまま腕は相手を放そうとせず、鋭利な爪を壁に食い込ませ拘束する。

「見たか!隠し剣・猫の爪!」

「あなたの場合、隠し芸でしょうが」

開放された黒川は、そう言いつつ立ち上がる。壁に貼り付けにされた黒尽くめは身動きひとつ出来ないようだ。本当に動く必要なかったな、と、黒川は感心と恐怖を半々くらいで抱いた。

「にゃふー。これが私たち、ブラック・イーグルスの実力よ」

「だからその恥ずかしい呼称で俺ごと括るな!」

「そうね。まあ、私1人でやったようなものだし?」

「黙れ!お前みたいなデタラメびっくり人間と一緒にすんなって言ってんだよ!つーか人間ですらねえし!この妖怪が、さっさと成仏しろ!」

「黒川先生、一人称と喋り方とキャラが変わってるわよ?」

「……これは失礼。俺、いや私としたことが」

黒川は眉間のしわを消すと、いつもの優しそうな笑みを浮べる。

「さて。お前の正体、侵入した目的、さっき話してた依頼人とやらの事も含めて、全て吐いてもらうぞ。──と、その前に」

黒尽くめの前まで歩み寄ると、黒川は相手の顔を覆っている目出し帽に手を掛ける。

「その顔、見せてもらおうか」

そう言って、一気に引き剥がす。そこに現れたのは、2人とも良く知る顔だった。白に近い金色の髪に、頭にぴんと生えた三角耳。

「こ、狐住……?」

「バレちゃあ仕方ねえな……。こんばんは、黒川センセ、黒崎センセ」

 

「何で俺まで駆り出されなきゃならんのだ……」

B棟を捜索中のリョクは、溜息と共にそんな愚痴を零した。それを耳聡く聞き取った天は、殺気立った目で彼を睨み上げる。

「当たり前ですの!この非常事態、1人でも人数は多い方がいいですの!」

勢い良く叱りつけた天だが、急に怒りを鎮めると、今度は冷めた流し目でリョクを見る。

「ま、あなたが戦力になるとは思っていませんの。弾除けくらいになれば十分ですの」

「それは普通に酷くないか」

「ほら、どんな罠が仕掛けてあるか分からないんですから、あなたは前を歩いて下さいですの」

「くっ、お前……」

銃口でぐいぐいと背中を押され、無理やり前を歩かされていたリョクは、突然、廊下の角から飛び出してきた誰かにぶつかった。

「おっと、悪いな。大丈夫か」

「あ、いえ、すみません」

ぶつかった相手はそう言って丁寧に頭を下げ、リョクも軽く会釈を返す。

「って!何フツーに対応してるんですの!そいつメチャクチャ怪しい奴ですの!」

「なにっ!」

天に指摘され、機敏な動きで相手から飛び退くリョク。言われてみると確かに、相手は全身黒尽くめに目出し帽で、怪しいことこの上ない。

「まさか、例の侵入者、か…?」

相手と距離をとりつつ、リョクが尋ねる。自分たちを見て何も仕掛けて来なかったということは、いきなり戦闘云々というつもりは無いらしい。となれば、これからの対応が大切になってくる。まずは相手を挑発しないよう、慎重に情報を引き出すことから…。

というリョクの算段は、次の瞬間、何もかもを根こそぎぶち壊さんとでも言うかのような銃声によって崩れ去った。天のマシンガンが火を噴いたのだ。

「わ───っっ!!!?」

凡庸な悲鳴を上げてその場から脱兎の如く逃げ出す黒尽くめ。窓ガラスを一枚も残さず粉砕し、廊下を蜂の巣にしたところで、天はようやく銃を収めた。

「なっ、何やってんだあんたは!?」

驚きと恐怖で顔を青くしたリョクが問い詰めるが、天は涼しい表情で、

「威嚇射撃ですの。」

「当てる気満々だっただろうが!」

「当てる気なら、あの方は既に死んでますの」

さらりとそんなことを言ってのけると、再び黒尽くめに向かって銃を構える。

「さあ、侵入者さん。あなたの知っていること、全てお話して頂けるかしら。でも、もし嫌だと仰られるのなら……」

静かな、しかし妙に凄みのある天の声に、相手は一歩、後ずさる。

「命の保障は出来兼ねますの。私、こう見えて意外とクレイジーですのよ?」

そう言って、全く温度を感じさせない笑みを浮かべる天。それを見て観念したのか、相手はがっくりと肩を落とす。そして、

「やっぱり天さんには敵いませんね」

自ら黒覆面に手を掛けると、ゆっくりとそれを脱ぐ。露わになったその素顔は、茶色の髪に、同色の穏やかそうな目。

「大介、さん……?」

「すみません、これには深いワケ、が!?」

大介が全て言い終わる前に、何処かから取り出した拳銃を彼の額に突き付ける天。

「大介さんに変装するとは、何て小賢しい真似を、ですの!」

「ええ!?いやいや変装じゃないですよ!」

「まあ確かに、その身に背負った薄幸苦労人オーラは間違いなく大介さんのものですの」

「何その嬉しくない本人証明!?」

「そのツッコミも確かに大介さんのもの……」

「僕は一体何なんだ!?」

そんな遣り取りの後、やっと銃を下ろした天は、考えを整理するように呟く。

「クロさんの話によると、あなたと怜悧さんは敵の攻撃を受けて動けなくなった筈……それなのに、どうして……」

「詳しい事情は移動しながら説明します。“あっち”の方も、準備が出来た頃でしょうし」

含みのある大介の言葉に、互いに顔を見合わせる天とリョク。

「本当なら、こうなる前に全て終わらせる筈だったのになあ……」

今度は殆ど愚痴のように零す大介だったが、突然、それを掻き消すかのような轟音が校内に響き渡った。その衝撃で、空気がびりびりと振動している。

「何ですの!?」

「まさか、間に合わなかった……?」

大介は青ざめた顔でそう呟く。音のした方向からすると、現場はおそらくC棟。そこを捜索しているのは……

ガラスの割れた窓の向こう、星ひとつ無い漆黒の空には、何故か赤い三日月──それはまるで、血の滴る魔獣の爪のような。

(つづく)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
  • トップページ
  • コメント板
  • 話し合い
  • 西高キャラ一覧
  • その他キャラ一覧
  • 世界観
  • 編集方法
  • 管理ブログ
  • 画像張り付けについて



カレンダー

前月 2017年8月 翌月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    





更新履歴

取得中です。