01 夜の校舎で迎え撃て!

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

01 夜の校舎で迎え撃て!

東高職員による泊り込みでの夜間警備が始まって3日目。再び不審者が校内に侵入してくるようなことは無く、職員室内には「もういいんじゃねーの?」的な雰囲気が漂い始めていた。

「……まったく。私たちの番が回ってくる前に、さっさとカタを付けて欲しかったですの」

焼き鮭を箸でほぐしながら、苛立った声で呟く天。卒業式を前日に控えたこの日、警備の担当になっているのは天たちの班だった。昼休み、視聴覚室に集まって昼食をとっていた他のメンバーからも不満の声が上がる。

「ったく、余分に働いても給料には上乗せされねーのによー。あのうさぎ大福、マジで喰ったろーか」

弁当(大介の手作り)をつつきながらクロが悪態をつく。それに対し、

「そうよ、楽しみにしてた深夜アニメが見れないじゃない」

そう言って、わなわなと箸を握り締める養護教員の黒崎寧々子。

「録画しとけ、そんなもんは」

「甘いわね。リアルタイムで見ながら録る!これが基本よ」

「そうそう。しかも、こういう時に限って野球の延長とかで時間がずれて、うまく録れなかったりするんですよね」

「ふっ、話が分かるじゃないの。いい子ね、少年」

「子供扱いしないで下さい」

頭をなでなでしようとする黒崎の手を払いのけ、嫌そうな顔をする古典担当の奈瀬七星。それを眺めていたクロは、ふと思い出したように口を開く。

「そういや、警備の式神、増やしたらしいな?」

「はい、校長の指示で。今までは学校の上空に1匹だけだったんですけど、それに追加して、地上にも2匹配置してます」

「ねえねえ、その式神って、もしかして紅蓮とか青龍とか六合とかですのっ?」

何かの影響を受けているらしい天が瞳を輝かせ尋ねるが、

「いえ、ポチとシロとジョゼです」 「随分と可愛らしい名前ですの……」

期待を裏切られ、がっくりと肩を落とす。

「それはともかく、同時に3体使ってて大丈夫なのか?」

クロが訊くと、七星は疲れたように溜息をつく。

「それが、結構大変なんですよ、式神を維持するのって。しかも、いつ侵入者が襲撃してくるか分かんないからって、昼間も召喚しっぱなしだし」

そう答える七星の顔は、少しやつれているようだった。安い給料で過酷な労働を強いられている少年に、同情の視線が集まる。と、その時だった。

「それなら、俺たちを頼ってくれればいいのに」

そう言いつつ机の下から現れたのは、魔法課2年の狐住怜悧だった。

「狐住、何でこんなとこにっ!?」

「ここは俺の昼寝スポットなんだよ。そんなことより、七星センセー、聞いてたぜ」

驚きで目を丸くしている七星に、怜悧はにやりと笑ってみせる。

「式神での警備、大変なんだってな。なんなら、俺たちが代わってやってもいいんだぜ?」

「……どういうことだ?」

「つまりですね、『なんでも屋』として、先生の依頼をお受けしましょうか、と言ってるんです」

今度は狸角大介が机の下から登場し、そう説明する。怜悧、大介、そしてクロの3人が副業として『なんでも屋』を営んでいる、ということは、今では割りと知られた事実だった。

「先生の式神の代わりに、僕たちが働きます」 「ただし、報酬と引き換えに、な」

「……報酬?」

七星は訝しがるように目を細める。

「いくら出せばいいんだ?」

「いやいや、別に金じゃなくてもいいんだ。た・と・え・ば……」

怪しく目を光らせる、怜悧と大介。

「単位とか」 「課題免除とか」 「成績の上乗せとか」 「テスト問題の横流しとか」

次々と例を挙げながら迫ってくる2人に圧倒されつつも、七星は何とかそれらを押しのける。

「駄目だ!いくらなんでも、そんな不正は働けない!」

すると怜悧はチッと舌打ちをして、挑発的な視線を七星に向ける。

「彩雨綺羅ちゃんには贔屓しまくってるのに」

ある生徒の名前を持ち出されて、七星の片眉がぴくりと動く。

「俺はすべての生徒に対して公正を欠いたことは無い!」

「はっ、偉そうな口利きやがって!俺より年下の癖に!」

「それがどうした、有能さでは俺の方が上だ!」

「何ぃ!?」

ヒートアップしかけた怜悧と七星を、それぞれ大介とクロが抑える。

「落ち着いて怜悧!後で油揚げ買ってあげるから」

「たぬ介てめえ、俺のこと舐めてんのか!」

ぎゃあぎゃあと騒がしい2人を完全に無視する形で、クロが尋ねる。

「で、七星。依頼の方はどうする」

「え?」

「うちの2人……特に怜悧が普段から迷惑かけてるだろうから、今回は特別にタダで引き受けてやってもいい」

クロの提案に、七星は暫く唸っていたが、

「狼牙先生がそう言うのなら、お願いできますか」

「よし、決まりだな」

商談が成立したところで、ちょうど予鈴が鳴った。

「では、私は授業があるので、これで」

今まで、ただただ静かに蕎麦をすすっていた生物担当の黒川桂一が、ぱちん、と箸を椀に置き立ち上がる。それを合図に、他の教員たちと生徒2人も、慌しく視聴覚室を出て行った。

 

「あ、狼牙先生」

ホームルームを終えて教室を出たクロに声を掛けてきたのは、同じく職員室に戻ろうとしていた七星だった。

「依頼のことなんですけど」

「なんだ、今更キャンセルなんて言わせねえぞ」

「いえ、そうじゃなくて。……先生たちに全てお任せするのも悪い気がするので、一応、俺の式も1匹くらい配置していたほうが良いかなと思いまして」

「それはつまり、俺たちを信用してねえってことか?」

眉間に皺を寄せ不機嫌そうな表情をするクロに、七星は慌てて首を横に振る。

「わわ、違うんですよ、ただ……」

「大丈夫だって。校長に頼んで怜悧たちの封印も解いてもらうようになってるし、あの2人の実力は俺が保証する。それに、」

クロは鋭い犬歯を見せて笑うと、七星の頭をわしわしと撫でる。

「可愛い同僚からの依頼だ。しくじるような事は絶対にしねえよ」

そんな台詞を吐いて颯爽と階段を下りていくクロの後姿を見送りながら、七星は複雑な表情で

「子供扱いしないで下さい……」

少し悔しそうに呟いた。

 

11時30分。真夜中の職員室に残っているのは、黒川と天、七星の3人。クロは怜悧、大介と共に校舎の外を見回っていて、黒崎は保健室で待機中だ。

「蒼田先生って、『なんでも屋』に依頼したことがあるんですよね」

分解した銃を組み立て直していた天に七星が訊く。

「まあ、そんなこともありましたの」

「今更ですけど、あの3人って信用できるんですか」

怜悧が聞いていたら間違いなく激昂したであろうその質問に、天は少し考えたあと、

「3人の実力は認めますの。まあ、多少暴走するようなところもありますけど、十分信用に値しますの。ただ……」

天は手を休めると、ふう、と意味有り気に溜息をつく。

「気を付けた方がいいですの。報酬と引き換えに仕事をするのが『なんでも屋』……、タダでやるとか言っておきながら、後で色々なものを巻き上げられるかもしれませんの」

「それ詐欺じゃないですか」

「悪徳商売ですの」

そう言って天は悪戯っぽく笑う。──と、その時だった。

「……何だ?」

その異変にいち早く気付いたのは黒川だった。椅子から立ち上がると、窓の外のグラウンドに目を遣る。

「どうしたんですの?」

不思議そうに尋ねる天に、黒川は表情を険しくしたまま答える。

「何か嫌な『感じ』がしませんか。……校庭の方から」

そう言われて、天も窓の外を見る。闇に沈んだ校庭に、目に見えて変わったことは無い。しかし黒川は何か焦ったように、無線のスイッチを入れる。

「黒川です。狼牙先生、聞こえますか」

天と七星も無線に耳を近付けるが、聞こえてくるのはノイズばかりで、クロからの返事は無い。

「何かあったな……」

黒川は小さく舌打ちすると、職員室を飛び出した。

 

「あそこに誰かいますの!」

校庭の東側に広がる桜の林には強風が吹き荒れていて、木々たちは不気味な唸り声を上げながら、吹雪のように花弁を散らしている。その中に2つの人影が動いているを見つけ、天が叫んだ。

「お前ら、何をしている!」

黒川が怒鳴ると、人影は弾かれたように走り出した。

「逃がすか!」

それを追おうとした黒川たちだったが、足に走った激痛に思わず転倒する。鋭い鋼の牙を持つ顎が、彼らの足首にしっかりと噛み付いていた。

「と、虎挟みだと!?」

リモコンでゲームが操作できるこの時代に、超原始的な罠だった。

3人は何とか解除を試みるが、頑丈な顎はなかなか外れてくれない。やっとの思いで脱出した時には、2つの人影は既に校舎に入っていくところだった。

「くそ……、やられた」

苦々しげに舌打ちをする黒川の肩を、天が叩く。

「黒川先生、これ……」

天が、恐るおそるといった様子で指差す方に目を向け、黒川は息を呑む。林の中でも、一際大きな木──『咲かずの桜』が、月明かりに照らされ、淡い桃色の花を咲かしていた。その根元には見たことの無い魔法陣が描かれていて、何かの欠片が散らばっている。

そして、桜の木を揺らす不気味な『風』。

「魔獣の封印が、解かれた……?」

(つづく)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
  • トップページ
  • コメント板
  • 話し合い
  • 西高キャラ一覧
  • その他キャラ一覧
  • 世界観
  • 編集方法
  • 管理ブログ
  • 画像張り付けについて



カレンダー

前月 2017年10月 翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        





更新履歴

取得中です。