05 死神の哄笑

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

05 死神の哄笑

「……やっと来たか」

生徒会室前の廊下に立っていたのは、艶やかな黒髪に象牙色の肌、真っ白な着物を纏った雪女だった。

「弥生先輩、それ、似合いすぎですよ」

もう、似合うとかそういう次元じゃない。雪女そのものだ。弥生先輩の周囲だけ、空気が凍っているように見える。いや、実際にそうなのだろう。魔法を行使した形跡がある。彼女の後ろでは、気を失った生徒たちが山積みになっている。

「ああ、これか?突然襲ってきたんでな、少し休んでもらっているんだ」

「……1人でやったんですか?」 「いや、オルスにも手伝ってもらった」

俺は、弥生先輩の肩にとまっているもう1羽のオルスを見る。奴はぶんぶんと必死で首を振っていた。……やはり、先輩1人でやったらしい。最強かよ。

「ところで絵馬、他の奴らはどうした?」

微かに浮かべていた笑みを消し、先輩は無表情で尋ねる。

「それが……」

眠ってしまった生徒たち、えみるが床に飲み込まれたこと、校内を覆う荊、操られた生徒たち、三人が消えたこと、俺は順を追って説明した。先輩はしばらく黙っていたが、やがて口を開き、

「私が思うに、これは1つの空間魔法だろうな」

「はい?」 聞き慣れない単語に、俺は首を傾げる。

「空間に自身の魔力を同調させ、支配する。そんな魔法だ。おそらくこの学校は『敵』の支配化にある。校内に存在するあらゆる物が、敵の自由自在というわけだ」

……。無敵じゃねえかよ。

「じゃあ、その敵は一体何がしたいんですか。こんなわけの分からないことして……」

「さあな。どうやら敵は、お前のクラスの出し物でもある、『眠れる森の美女』を再現したいらしい。この学校を荊の城に見立ててな。私たちは、その登場人物といったところか」

くだらない、と吐き捨てる弥生先輩。表情には出さないが、かなり頭にきているらしい。

「とりあえず、これを見ろ」

先輩はそう言って、懐から東高の地図を取り出して見せた。全体に、青白い霧が掛かっている。

「注目すべきは5階のパソコン室。特に霧が濃いだろう。それだけ魔力が集中しているということだ。おそらく敵はここにいる。魔法の行使者を倒せば魔法は解ける。何故こんな事をしたのかは、奴を捕らえてから、指を折るなり爪を剥がすなりして吐かせればいいさ」

さらりと黒いことを言う弥生先輩だった。俺はなるべく穏便に済ませたいよ。平和主義者だからな。いや、ヘタレじゃなくて。

「サッサトイクゾ、エマ!」 「だから何で偉そうなんだよ」

オルスを横目で睨みつつ、弥生先輩の後を追おうとした、その時だった。先輩の小さな体が不意に傾いたかと思うと、もう既にその下半身は床に沈んでいた。

「先輩!」 「どうやら私も、ここで御役御免というわけか……」

最後に先輩はにやり、と笑い、そして、完全に飲み込まれてしまった。

「何でだよ……」 俺は絶望的な気分で呟く。何で俺だけ残ってんだよ。深い溜息と共に天井を見上げる。確か、5階のパソコン室だったな。

「俺がやるしかねえってことか……?」

「タヨリナイシュジンコウダナ」 「うるせえよ!!」

俺はオルスを肩にとまらせたまま、廊下を走り始めた。できるなら穏便に済ませたいんだよ本当に。しかし敵とやらはそう思っていないらしい。次なる障壁は、4階に着いたところで現れた。

「何かここ、おかしくないか……?」

俺は辺りを見渡す。天井が異様に高い。廊下が異常に広い。『空間』が拡大、している?

「オイ、エマ。ナンダ、アレハ」 「ん?」

オルスが翼で指す方を見ると、そこでは荊が集まり蠢いている。それは、徐々に形を成していき──そこに出現したのは、軽く3m強はある、荊の巨人だった。

「……。ありえねえだろ、これ。」

巨人はハンマーのような腕を、俺目掛けて振り下ろしてきた。何とかかわすことが出来たが、代わりに床の一部が粉砕された。その衝撃で、俺は不恰好にも転んでしまった。 (新喜劇じゃないんだから──) 天の台詞が脳裏を掠める。もう、次は避けられ……!

「楽しそうな事してんなあ、絵馬」

突然、廊下中に凛とした声が響き渡った。

「俺様を差し置いて、なーにやってんだよ」

眼鏡の奥から放たれる鋭利な視線。睨まれたら斬れてしまいそうな。そして、最後の登場人物、生徒会長・暮崎秋華は──

『死神』は、高らかに笑った。

(つづく)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
  • トップページ
  • コメント板
  • 話し合い
  • 西高キャラ一覧
  • その他キャラ一覧
  • 世界観
  • 編集方法
  • 管理ブログ
  • 画像張り付けについて



カレンダー

前月 2017年8月 翌月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    





更新履歴

取得中です。