02 あるいは1つの絶対領域

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

02 あるいは1つの絶対領域

弥生先輩の警告が何かの伏線でないわけがないのだが、それはとりあえず横に置いといて、今日は文化祭前日。リハーサル中にマントの裾を踏んで見事に転んでしまった俺は、天からは怒りの炎を宿した目で、四谷からは氷点下の視線で睨まれている。

「絵馬さん!新喜劇じゃないんだから、そんなに何回も何回も転ばなくて結構ですの!!」

「お前、もしかして萌えキャラを狙ってるのか?これからは絵馬きゅんと呼んでやってもいいぞ」

…ううぅ、真剣に泣きそうだ。休憩中、隅で縮こまっていると、頭の上でやかましく羽ばたく音がした。

「……オルス。何か用か?」 「ヨウモナイノニクルワケナイダロ」

ミチの使い魔であるこの鳥は、ピアノの鍵盤のような翼を羽ばたかせ嘴を開く。

「ツウワモードニハイル」

♪♪♪と奇妙な音楽が流れた後、嘴から聞こえてきたのは深森えみるの声だった。

『絵馬、1分以内にこっちに来なさい!遅れたら死刑!電気椅子かギロチンか選ぶことになるわよ!』

どっちも嫌だったので、俺は全速力で生徒会室に向かった。

恐る恐るドアを開けると、迎えてくれたのはメイド衣装に身を包んだ(頭に被ったトンガリ帽子がミスマッチだが)水森ミチだった。

「お帰り下さいませ、ご主人様♪」

──って、いきなり入店拒否っ!?

「違うでしょ、ミチちゃん」

同じくメイド仕様のえみるがツッコミを入れる。こっちはちゃんとレースのカチューシャを頭にはめている。

「正しくはねぇ……」 えみるはとびきりの営業スマイルで、

「土にお還りなさいませ、ご主人様☆」

「より酷くなってるぞ!」

ここは毒舌喫茶か!? しかし、まあ、2人のメイド姿はとても目に優しいものであった。発言は心に優しくないが。

「で、何を手伝えばいいんだ?」

「練習台。お客さんの代わりをやって欲しいの」

えみるに促されるまま、俺は並べられている席の1つに腰を下ろす。程無くして、リエナがメニューを運んで来た。やはり彼女もメイド姿である。

「よく来たな。さあ、注文出来るのならば、してみるがいい」

……。何か偉そうだぞ、こいつ。

「ちょっと!それじゃお客さんに対して失礼でしょう!」

すると、妹のリイナが見かねたように口を出してきた。彼女は制服のままで、腕章には「会計」でなく「店長」と書かれている。

「お金を払ってくれる限り、お客様は神様なんだからね!語尾に「にゃん」を付けて喋るとか、跪いて靴を舐めるとか、それくらいのサービス精神で接客しなさい!」

そんなサービスは要らんし、第一俺にそんな趣味は無い。

「はい、もう一回やり直し!」 

「……やってやろうではないか」 リエナは深刻そうな顔で頷くと、

「お帰りなさいませ、ご主人様ぁ☆」

1ミリの隙も無い完璧な笑顔で愛想を振りまいた。背筋に大寒波が押し寄せ、俺を瞬時に凍り付かせる。

「……キャラ変わってないか?」

「リイナの望みとあれば、キャラを変えることも厭いませぇん♪さあ、ご注文をどうぞ♪」

「……えーと、じゃあ、アイスコーヒー」

「かしこまりましたぁ」 リエナはぺこりとお辞儀すると、ぱたぱたと部屋の奥に移動し、やがてグラスの乗ったお盆を手に戻ってきた。優雅な動作でグラスをテーブルに置くと、

「お待たせしましたぁ。では、ご主人様の為に、私の愛を込めさせて頂きまぁす☆」

「やめてくれ」

そんなものを飲んだら、俺の喉が焼け爛れてしまう可能性がある。俺がグラスと睨み合っていると、リイナがパンパンと手を叩きながら、

「ま、合格ね。この調子で客を骨抜きにして、ばしばし注文を稼ぐのよ!」

どんな悪徳喫茶だよ。怪しく目を輝かせるリイナを暗い気分で眺めていると、後ろで小さく俺を呼ぶ声がした。振り向くと、六橋さんがドアからひょこりと顔を覗かせている。

「どうしたんですか?」 「あの、えっと」

六橋さんは小走りで近づいて来て俺の腕を掴むと、

「絵馬くん、休憩終わりだって!早く行かなきゃ天先生に怒られちゃうよ!」

まずい。これ以上天の怒りを買うことになれば、俺は明日の日の出を拝めなくなってしまう。

「えみる。悪いけど、クラスの方に戻んねえと」

席を立ち生徒会室から出ようとすると、

「……ふうん。その子がお姫様なんだ」

えみるが不機嫌そうな声でそう言ってきた。上級生に対して、しかも六橋さんを「その子」呼ばわりとは無礼な奴だな。

「それがどうしたんだよ?」 俺が訊き返すと、えみるはつい、と顔を背け、

「……別にっ」

「……は?」

そのまま、えみるはそっぽを向いて黙っているので、仕方なく俺は生徒会室を出た。──何なんだよ、一体?

体育館に戻ると、黒衣に身を包んだ体内ツンドラ気候の黒魔道士四谷壱が、俺を見付けるなり、

「遅かったじゃないか。道に迷ったのかと心配したぞ。絵馬きゅんはドジっ子だからな」

永久凍土の表情でそんなことをほざいてきやがった。

「言いたいことは多々あるが、とりあえずその呼び方をやめろ!」

……確か今夜は新月だったな。夜道には気を付けろよ、この野郎。

(つづく)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
  • トップページ
  • コメント板
  • 話し合い
  • 西高キャラ一覧
  • その他キャラ一覧
  • 世界観
  • 編集方法
  • 管理ブログ
  • 画像張り付けについて



カレンダー

前月 2017年12月 翌月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            





更新履歴

取得中です。