2・生徒会の後輩。

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…ミチ!」

「リエナ先輩!良かった。」

駐輪所で深刻な顔をして悩んでいた女子生徒は、リエナの姿を認めて破顔した。

彼女の名は水森ミチ。リエナと同じく生徒会で、交通委員をしている。小柄で、ぴんと跳ねた後ろ髪と大きなとんがり帽子がチャームポイントだ。

「今日、何だか数が多くて…まだ、そこにいてくれて良かったです。」

「ミチノ、イウトオリ!リイナノナマエイッタラ、ツイテキタ。タンジュン、タンジュン。」

「…そうだ、今日は弁当がなくてな?どうしようかと思っていたのだが、よかったよかった。ここに焼き鳥がいるじゃないかあはは。今日は焼き鳥で一杯だ☆」

「リエナ先輩、オルス食べてもおいしくないですよ。」

とても爽やかに笑いながらオルスの首根っこを掴んだリエナを、ミチが嘆息しながら止める。

「…あんまり多くて、複雑だから…オルスの力使っても、キリないみたいですし。だから、手伝ってもらおうと思って。」

「成程、不正駐輪をここに集めればいいのだな?良かろう、1,2年をするから3年を頼む。」

「わかりました。オルス、コード43。三年生の分を集めて。」

「リョーカイ、リョーカイ。」

リエナはおもむろに目を瞑り、オルスは静かに羽ばたきをはじめた。

空間が、ぐるり、と、急に歪んだような感覚が、リエナを襲う。

二つの魔法が同時に使われたため、空間が耐え切れずに歪み始めたのだ。

しかし、それも一瞬のこと。

次の瞬間には、二人(プラス一匹)の目の前に大量の自転車が集まっていた。

「…ふぅ、少し疲れたな。後は任せたぞ、ミチ。」

「タイシタコトナイ。ミカケダオシ、ミカケダオシ。」

「そうかぁ、そんなに鳥が大気圏突入できるかどうか試したいのだな?よぉおし、手伝ってやるぞオルス。」

「…リエナ先輩、任されたからオルスにかまうの止めましょうよ。」

まさに一種即発、殺気だってにらみ合いを始めたリエナとオルスを無理矢理止め、渋々ながら離れたのを見て、ミチは自転車の山に向き直った。

ぱちん、と指を鳴らす。

すると、大気中から数多の水滴が集まって集まって、巨大な水の塊になると。

「…自業自得、よね?」

にっこりと笑い、人差し指を下に向ける。

どぉおおぉぉんっ!と、普通の水ではあり得ないような音が響き、たくさんの自転車の上に、落下した。

直撃を被った自転車達は、何十トンという水が降ってきたため…もはや、以前なんだったのかわからない物体X(仮)になってしまっていた。

「よしっ!」

「…なぁオルス、本当に私のほうが怖いか…?」

「テッカイ、テッカイ…ヤッパリ、ミチコワイ…」

先ほどの喧嘩はどこへやら、リエナとオルスは身を寄せ合って震えた。

その様子を怪訝に思ったのか、ミチが小首を傾げ、問いかけてきた。

「どうしたんですか?今から行けば、まだ一時間目に間に合うと思いますけど。」

「私はいつも遅れているから別にかまわんのだがな…否、どうでもよいことだ。さて、行くか『水の神槌(アクア・トール・ハンマー)』。」

「はい、『正義の黒(ジャスティス・ブラック)』。」

お互いをお互いの二つ名で呼び合い、相当危険な生徒会二人は、それぞれの教室へと小走りでかけていった。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
  • トップページ
  • コメント板
  • 話し合い
  • 西高キャラ一覧
  • その他キャラ一覧
  • 世界観
  • 編集方法
  • 管理ブログ
  • 画像張り付けについて



カレンダー

前月 2017年8月 翌月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    





更新履歴

取得中です。