プロローグ いわゆる1つの萌え要素

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ  いわゆる1つの萌え要素

「メイド喫茶!」

開口一番、彼女が言った言葉がそれだった。

本日の定例会、議題は「文化祭の出し物について」、だ。ここ魔界立東高校では、近々文化祭が開催される予定になっている。そこで、我ら生徒会も何か企画事をやろうという会長の提案で、俺たちはこうして放課後の生徒会室に集まっているわけである。と、まあここまで説明すれば、先程の台詞の意味も分かってもらえたのではないかと思う。つまり、

「文化祭ではメイド喫茶をやる!」

と、いう訳のようだ。発言主の暮崎秋華生徒会長は、眼鏡の奥から今日も不敵な光を放っている。

「あの、お言葉ですが」

「何だよ絵馬。文句でもあんのか」

そう言って鋭角15度の視線を俺に突きつける秋華会長。ちなみに、絵馬っていうのは俺の名前。辰巳絵馬。本編での語りを務めさせて頂きます。どうぞよろしく、ってのは置いといて、

「何故にメイド喫茶なんですか。普通の喫茶店とか……」

「甘い!!」

一刀両断。

「そんなんじゃ生徒の心は掴めねえ!この学校にはな、お帰りなさいませ御主人様♪と言われてみたい奴がごまんといる筈だ。この俺様のように!」

あんただけじゃねえのか。

「そいつらのハートを鷲掴みにし、ベスト企画賞は俺様が頂く!」

あんた個人がかよ。会長は長い三つ編みを大げさに揺らし、人差し指でびしりと天井を指す。副会長の霧生弥生先輩は、黒板に綺麗な字で「メイド喫茶」と書き込む。おいおい、良いのかよ。

「良いんじゃないですか。儲かりそうですし」

目に円マークを浮かべて言うのは、会計係のヴェナス=リイナ。

「リイナがそう言うのなら、私も異論は無い」

双子の姉であるヴァレル=リエナも賛成のようだ。

「面白そう!」

頭に鍔広トンガリ帽子を乗っけた水森ミチは楽しそうに言う。

「私もメイド服着てみたいかも」

俺の隣に座っている深森えみるも同様。待て待て、お前らマジか?反対意見が出ないことに本気で焦り始めた俺は、遅れて登場した霧生カイ先輩の姿を見てほっとした。生徒会メンバーの中でトップの常識力を備えた彼なら、まともな意見を出してくれる筈だ。

「悪い、クラスの話し合いが長引いてさ」

もっともな言い訳を口にしつつ、カイ先輩は黒板に目を移し、

「メイド喫茶?へー、良いんじゃねえの」

最後の砦はあっさりと陥落した。「よっしゃ、決定!!」と会長は叫び、生徒会の出し物はメイド喫茶に決定してしまった。マジでか。呆然としていた俺に向かい、カイ先輩は苦笑いで、

「俺たちもメイドやんのかな?」

死んでもやんねえよ!あんた一人でやれ!そこで、ふと疑問が頭に浮かぶ。

「ところで、経費ってどこから出るんすか?」

「それなら心配無用」

会長はにっと笑うと、ポケットから札束を取り出す。しかも結構な厚さの。ど、どこからそんな大金が。まままさか!

「生徒会費からちょろまかしたんじゃ……!」

「そんなんじゃねえよ」

心外だ、と言うように顔をしかめ、

「カツアゲしようとしてた不良から逆に巻き上げてやったんだよ」

……。どっちにしろ黒い金だった。やれやれ、とにかくこの日の会議はこれで終了。俺は何だか憂鬱な気分で生徒会室を後にした。

(つづく)

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
  • トップページ
  • コメント板
  • 話し合い
  • 西高キャラ一覧
  • その他キャラ一覧
  • 世界観
  • 編集方法
  • 管理ブログ
  • 画像張り付けについて



カレンダー

前月 2017年8月 翌月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    





更新履歴

取得中です。