エンペラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

楽園編第1弾にて登場した、新種族。

幻魔グリムロ ✪ 闇/ゼロ (8) 9000
クリーチャー:エンペラー
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■このクリーチャーが相手のカードの効果で自分の手札または山札から墓地に置かれた時、墓地のこのカードをバトルゾーンに出す。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンの相手のカードまたは相手のシールドをを1枚墓地に置く。
■W・ブレイカー
■エターナル・Ω

背景ストーリーでは、戦いを見守る「最も神々に近い存在」。ゼロ文明と他の文明を持ち合わせるという特異な点を持ち、結果的にそれはタップインというデメリットだけが残る。
共通効果としてゼロ文明特有の「エターナル・Ω」を持つが、ゼニスは持たない。
命名ルールは、光のエンペラーは「偽帝~」、水は「透神~」、闇は「幻魔~」、火は「仮王~」、自然は「僭王~」。2色以上色が混ざると「極螺旋~」。

はるか遠くの次元より復活しつつある、かつての最凶の覚醒獣の復活を察知し、その変化を常に監視する種族。その力は非常にすさまじいが、自ら戦いに出ることはないので、その力を目の当たりにすることはほとんどない。
その覚醒獣の復活が近付いている要因として、エデンの危険性を考えており、時たまエデンと敵対する組織にエデンの弱点などを伝えていたりする。
高い実力を持つ彼らがその覚醒獣の復活を阻止しようとしているのは、無論それがエンペラー達を大きく凌駕する存在だからである。

作者:天照

評価・意見

名前:
コメント: