DD-WRTまとめwiki

SD > MMCカードリーダ増設


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この物理的改造を行うとSD/MMCカードスロットをルーターに増設することが出来ます。
これはWHR-G54SやWHR-HP-G54、そしてその低機能版のイーサネットコンバーターで使用できます。
ただし半田ごて、特殊ドライバー、フラックスなどの器具を使用します。

必須なもの
SD/MMCカードソケット
リード線7本
T5トルクスドライバー(-ドライバーで無理やりいけるかも?)
プラスドライバー
半田ごて・半田など

推奨するもの
カッター(SD差込口の作成)
グルーガン(ソケットの固定)
フラックス・洗浄液・半田吸い取り線(半田付けの補助)

1.ルーターを分解してメイン基盤を取り出しましょう。今回はここの解説は省きます。

2.SD/MMCカードソケットとルーターをリード線で半田付けします。
注意! LEDを熱で壊さないようにルーター側の半田付けは短時間で行ってください。
aaaaaaaaaaaa SD aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa ルーター
ピン 信号の向き I/O 信号の向き
1 Chip Select (CS) IN Ground またはGPIO 1 (Bridge LED) OUT
2 Data In (DI) IN GPIO 6 AOSS LED OUT
3 Ground Ground Ground
4 Vcc (3.3v) Vcc (3.3v) Vcc(3.3V)
5 Clock (CLK) IN GPIO 3 Extra LED OUT
6 Ground Ground Ground
7 Data Out (DO) OUT GPIO 5 Bridge/Auto switch IN
8 Reserved
9 Reserved
WHR-G54Sの場合(表)
WHR-G54S(裏)
WHR-HP-G54の場合


3.ルーター側の設定
このように設定してください。

書き込み速度・その他
1GBのSDカードでの速度テスト
結果は約1.5MB/s
サーバーには実用的とはいえない。
また、SDカードは1GB以下を推奨。SDHCはダメ
現状ではRedbootからのロードは出来ていない。

あとは、SDのソケットの穴をあけたり、ソケットをグルーガンで固定するなりしてください。

グルーガンでソケットがしっかり固定されています。
裏の配線
SDカードを挿す穴が作られています。非常にきれいです。
最新更新日付
2012-02-28
アクセスカウンター
現在 -
累計 -
今日 -
昨日 -

最近更新した記事10件
取得中です。