DD-WRTまとめwiki

Buffaloルータのデバッグモード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Baffaloの無線LANルータにはデバッグモードが実装されているものがある。

WZR-HP-AG300N, WZR-HP-G300NHなど

 

<デバッグモードへの入り方>

ルータのIPアドレスを192.168.x.xx(出荷時設定値)、PC の IPアドレスを 192.16.11.10 に手動で設定して、LANポートに接続する。

#ルータとPCが同一LANセグメントにあり、通信できれば、IPの設定を変えなくてもOKです。その場合は以下、ルータアドレスで読み代える。

http://192.168.x.xx/cgi-bin/cgi?req=frm&frm=py-db/55debug.html

とブラウザから入力するとユーザー名とパスワードを聞いてくる。

  • ユーザー名:bufpy
  • パスワード:otdpopy+ルートのパスワード

と入力するとデバッグモードのページに入ることが出来る。

 

<入れない場合>

"UNDER CONSTRUCTION "ページが表示されるときは、デバッグモードは実装されている可能性が高い。

ブラウザの相性があるため、認証画面が出てこない場合はブラウザを変えて試してみること。

ブラウザのプライベートブラウズ機能を試すのも良い。

IPアドレスやパスワードが正しく入力されているか、確認すること。

ブラウザ ○/×
IE 9.0.8112.16421
FireFox 14.0.1

 

 

 

 

最新更新日付
2012-02-28
アクセスカウンター
現在 -
累計 -
今日 -
昨日 -

最近更新した記事10件
取得中です。