夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

ケント・テイラー

平野剣斗(Kento_Tairano)

享年?:15 性別:男 レベル:■ メイン:魔道士 サブ:魔法芸術家 エクストラ:探偵 追加サブ:■■ 種族:忍者
学園:■■■■■■ 素行:■ イメージアイコン:セネリオ(ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡/暁の女神) ICV:増田俊樹
disillusion
黒き断罪の手に
譬え闇に堕ちるとも/光差す彼方へ




「人を疑うのが、私の仕事ですから」



外見
何処かに僅かに残された画像には、軟らかめの黒髪を腰ほどまで伸ばした、"魔族"のように真っ赤な瞳が印象的な"人間"の姿が刻まれている。













「ほら。余所見なんてしている時間はありませんよ」



ケント・テイラー(Kento_Tairano)

年齢:17 学年:2年 性別:男 レベル:7 メイン:魔道士 サブ:魔法芸術家 エクストラ:探偵 追加サブ:戦士 種族:忍者
参戦回数:-回 学園:松門戦技高校 素行:A 身長:170cm 体重:73kg PL名:たまこ イメージアイコン:あやしいクルーク(ぷよぷよシリーズ) ICV:増田俊樹
イメージBGM1:Brave Sword Braver Soul
イメージBGM2:ΑΩ
イメージソング:シロツメクサ 歌詞
キャラクターシート



外見

「我が魔道の真髄、お見せしよう」

今の時代としては若干古臭い感が否めないローブに赤いマント。王のような上から目線の仰々しい口調。
茶髪に魔族らしいワインレッドの赤目、細身な銀ぶちの眼鏡。
そんな絵に描いたような、一周回ってわざとらしくも感じるレベルのいかにもといった風な出で立ちの魔道士の男。


「その目に焼き付けろ!この魔術、我が剣戟の極地を!」

その実は、自ら投影した一振りの刃を振り回して戦う1人の剣士である。
ゆらりゆらりと揺蕩い、時にいきなり間合いを詰め、時には突然上空から現れて鋭く斬り込むといった掴み所のない立ち回りで敵を翻弄する。
武器マニアであり、自宅には自分では使わないらしい武器のコレクションがそれなりに存在している。


人格
仰々しい上から目線ではあるが他人を貶す言葉を吐いたりはせず、冷静沈着ではあるがノリや冗談も程々に乗り、口にする。
剣と漫画本など含む読書をこよなく愛し、深く話していくと見た目と口調の割には俗っぽい印象を受ける。
常に冷静沈着かつ余裕に満ち溢れた態度と口調に比較的整った顔立ち、
戦技高校においてはそこそこ目を引く純然たる魔導士といった格好から一部からありとあらゆる意味で注目を集めているとかいないとか。
基本的に上記の通り性格に難は見えないが、自身の剣技を馬鹿にされたとき、自身の生き様を否定されたときに一瞬だけ鋭い目線がちらつくことがある。

来歴
日本国内、魔族の仕切るとある都市の市長の息子。
町の更なる発展へと生かせるものを求めて学園都市の見聞、また、自身の剣技を高めるためにこの町へと足を運んだ。

言動と比べて温厚であるその性格とコミュ能力から人脈はそれなりに広く、夜遊びや問題行動も一切見受けられないために教師陣からも高い評価を受けている。
+ 一年終了時での彼の素行評価
しかしあまりにもソツなく動きすぎるため、その本質が見えないとも感じる者はいるだろう。

+ ...

+ 詳細プロフィール

+ 参加セッション


PickUp

「…この身は剣なれど、盾ではないのだがね」


眩き光の剣を振り翳し、前線で敵を薙ぎ払う。
また、影を媒体にして自他を選ばず、多種多様な干渉を行う。この二つが彼の魔術の本質である。
罠の解除魔術にも一般の魔導士並みには明るく、体力こそないが探索術の心得を持ち合わせているためにフィールドワークもそこそここなせる。


+ データ的なはなし










更新履歴

取得中です。