京極文花

『理不尽も道理も蹴っ飛ばす為に存在する、それを理解ってる奴こそが真なる天才よ! そして天才は無敵、これこそ真理っ!』


京極 文花(きょうごく ふみか/Kyogoku Fumika)

年齢:17 職業/経歴:学生 性別:女 レベル:11 メイン:魔道士 サブ:探索者 エクストラ:砲撃術士 追加サブ:電脳術士 種族:混血
参戦回数:-回 学園:戦技高 素行:B 身長:161cm 体重:53kg イメージCV:佐倉綾音 PL名:ぴゃー
イメージアイコン:更識楯無(インフィニット・ストラトス)  / アクア(この素晴らしい世界に祝福を!)
テーマ曲:fantastic dreamer / 歌詞
裏テーマ曲:風といっしょに / 歌詞
日常BGM:鳥の大群 / 戦闘BGM:伝説のエアライドマシン
キャラクターシート

NPC化のお知らせ

 京極文花は「松門戦技高校生徒会長」に就任する事となりました。
 これにあたって彼女はNPC化するため、以降セッションにPCとして参加する事はありません。
 他のNPC化したPC達と同じく、シーンへの参加は今後も変わらず可能となります。

「天才美少女ここに見参っ! さぁ知恵と科学のどっちを所望かしら?」


外見
 外にハネた水色の髪は丁寧に手入れされている。
 スタイル良く器量も良く、一見すれば非の打ち所のないようには見える。

 表情は豊かなのは以前とそう変わりはないが、前よりもよく笑うようになった。

人格
 事あるごとに冗談めかして天才を自称する陽気な少女。
 一辺倒に巫山戯たり茶化したりする訳でもなく、逆に振り回される事もしばしば。
 総じてお調子者なだけで才能で他人を見下すような性格ではない。

 「天才」という言葉には彼女なりの誇りを込めており、
 下記の来歴から才能にかまけて堕落したり、外道や悪道を働く手合を嫌悪する。

来歴
 電脳術において近年世間に名を広めた京極仁を養父に持ち、彼が擁する知識の多くを彼から受け継いだ。
 そのため自称にあまり違わず、本当に学業においては優秀な才女なのだ。全く信じられないが。
 彼女が「天才」を自称するのも、養父への心からの敬意と彼から学んだ知識への誇りあってのものである。

 嘗てはある理由から天才としての活動に熱心だったが、今は別な理由からいろんな所で動いているらしい。
 概して「自分が幸せになりたいから」と彼女は語る。

+私は真実に、妥協はしない
 生みの両親は数年前に壊滅したあるカルト宗教組織「万能会」の幹部であった。
 娘以上に才気溢れる夫婦だったが、実の娘である文花は彼女が幼少の頃に捨ててしまっている。
 数年前、「エンドワールド社」へのテロ事件「VRハック事件」に参加した後に捕縛、処断された。
 かの事件において京極仁が巻き込まれた事は完全に偶発性のものであり、彼の殺害及び接触を狙ったものではない事は確かである。






+私にとってのヨーダってトコカナー?

京極 仁(きょうごく じん)

年齢:享年41 性別:男 種族:人間 クラス:異能者/電脳術士/契約者
イメージアイコン:ロマニ・アーキマン(Fate/GrandOrder)
イメージCV:三木眞一郎

「おっ、僕の講義に興味があるのかい? それじゃあじっくりみっちりと……えっそんなにはいらないって?!」


 電脳術の分野開拓に貢献した男。元々マジックアイテムの研究に力を注いでいた。
 後年は学園都市に勧誘されそのまま腰を落ち着け、学問の発展に尽力しつつも自信の研究に没頭していた。
 数年前、「エンドワールド社」にて発生した「VRハック事件」に巻き込まれ命を落とす。

 その直近の期間、旧友と連絡を取り合い何か行動をしていたようである。

+あの母親みたいな慈愛の視線何とかならないかしらね!

高佐 かなめ(こうさ-)

年齢:16 性別:女 種族:人間 クラス:マグス/電脳術士/空想術士
イメージアイコン:エリス(この素晴らしい世界に祝福を!)
イメージCV:早見沙織

「ちゃんとご飯は食べてるんでしょうね? 周りに迷惑をかけていたりは? それからそれから――」


 京極仁の弟子の一人で、FGACの生徒。
 電脳術、中でも仮想現実化に明るくプロジェクトで開発した「フュチャリパーク」というサービスを運営している。
 世話焼きな性格で過干渉ではないものの、親しい相手には口うるさくなりがち。



+黒い箱がある。
+何かが記してある。
+不可解な言語だ。読み取れそうもない。
 中にあるのは蔑まれた経歴書。
 それと、ただひとつの暗号プログラム。


PickUp

「さーて派手に戦いマスカット、なんつってねぇ。それじゃお覚悟はよろしくて?」


 荷物のバック・パックから射出される有線インコムが彼女の武器。
 砲と同等の性能を持つインコムは多角敵に敵を捉え飽和攻撃による強力な砲撃を可能としている。
 それだけでなく、彼女の開発した機構により属性を変えるといった器用な戦法も行う。

属性 水・混沌・中庸
起源 電脳

+データ解説
 ポンチェ型魔道砲撃。攻撃は制圧砲撃オンリーで、隊列を多く取った相手に滅法強い。
 同属性に不利という点をポンチェで解消できる上に、相手の属性によって強制排熱と使い分ける事によって
 超過駆動のデメリットを無視しやすいのが長所。魔道士であるため火力の自バフも割と優秀。

 またポンチェ用の探索者の副産物により、道中探索が可能という副産物もある。
 感知は平均そこそこ、砲を扱う関係上やや高めの器用で専門には負けるものの最低限の仕事が可能。

 欠点は砲を予備で持つために所持品に余裕がないこと。







「バカにはバカなりのやり方があるのよ。これがね」












+千種零一と京極文花の関係性について
 彼ら二人のPCは一部の背景設定においての繋がりを有しています。
 ただし彼ら自身のストーリーに直接の関係性がある訳ではなく、面識も存在しません。
 なのでどちらか片方のストーリーのみを追っても全く問題はありませんし、
 学園都市が終了するまで二人のストーリーが交差する事もないでしょう。





”選ばれなくても選んだ未来”
共通:GO 歌詞