夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

星芒異能学園

星芒異能学園


 星芒異能学園は学園都市最大規模の異能者学園である。
 最大の特徴は生徒逹の異能の力に応じて付けられるランク制だ。
 異能を持つ全生徒は、各々の能力によって明確に区分分けされている。
 ランクの高さはイコール、異能者としての実力や有用性の高さを示すため、
 学生にとっては無視できないステータスとなっている。

 作成者:GM陣


学園


特徴【人類の可能性へのアプローチ。最先端の科学と魔法の融合】

 その名に冠している通り、「異能者」に焦点を当てた専門的な教育と研究が特色。
 通常の学校で行っているいわゆる一般教養の教育は必要最低限度にとどめられており、
 その時間と予算の殆どを異能力の訓練や開発、研究へと費やしている。
 また、異能力の分析や測定のために、魔法を主体とする学校の中にありながらも、
 学園都市内の一段進んだ科学技術を積極的に取り入れている。

 学園の性質上、望んでこの学校に所属する生徒は、
 何かしらの異能力を持っている、異能力の研究を望んでいる、最先端の科学技術に触れたい。
 この3者のどれかに属する者となるだろう。

立地・校舎【洗練されたビルディングと、隣り合う仮想現実】

  第八学区に面した第七学区の土地に立ち並ぶビル群が星芒異能学園の敷地だ。
 その外観はオフィス街にあるような高層ビルであり、一見して学校とは気づきにくいだろう。

 構造上、五大学園の中では敷地面積自体はかなり狭いが、実技の教育において不都合は起こらない。
 電脳術を用いた仮想空間内での授業や、投影画像を用いたシミュレーターなど、
 技術の面で敷地の問題をカバーしているからだ。
 他校には無い器機が至る所に並ぶ校舎内は、どこか近未来的な雰囲気を漂わせている。 

バトルアリーナ
 本校舎の横に建つ円柱状の建物、それがこのバトルアリーナだ。
 そこでは異能バトル、アートバトル、料理バトル等、様々なバトルランキングが開かれている。
 これらの成績は生徒達のランクへと直接的に影響を及ぼすため、
 生徒達は自分の異能を鍛え上げてバトルランキングに参加している。

 非公式ではあるが賭博も行われており、学内の素行を悪化させる要因になっている。

ヴァーチャルシミュレーター
 校舎内にいくつも存在するヴァーチャルシュミレーター室では、
 古今東西あらゆる地形、相手、状況をシミュレートすることが出来る。
 異能と電脳、科学技術と魔法技術の全てを使った万能装置で、
 生徒達がバトルアリーナで大きな怪我無く戦えるのも、この装置による恩恵が大きい。

 当然だが授業に使うものであり、遊ぶためのものではないのだが、
 近年ではこれを使ってゲームをすることに情熱を燃やしている教師がいる。
 彼の授業は非常に面白く、顧問を務めているヴァーチャルゲーム部は、
 入部希望者が殺到する人気部活となっている。

入試【実力重視の試験】

 異能学園で最も重視されているのは生徒の実力及び素質である。
 筆記試験等ももちろん実施しているし、異能者以外の生徒も入学することが出来るが、
 異能力の測定器によって、高い資質を持っていることが判明した生徒は、
 試験のほとんどを免除され、異能学園へと入学を許可される。

 また、機械による測定だけではなく異能や魔法の技術を面接によって試し、
 それによって入学試験において大きな配点を得ることが出来る。
 最新の科学技術を有したこの学園は卒業後もIT企業や機械関係の仕事への就職に大きく有利であり、
 その方面へ進むつもりであれば、異能者でなくても自らの身につけた技術を手に
 受験生逹は異能学園の門を叩く。

対外【強固なセキュリティと異能バトル】

 最新鋭の技術の塊なだけあって当然と言えば当然だが、セキュリティは強固。
 学校内には生徒も立ち入れない場所が数多くあり、
 校外の者は原則立ち入ることができず、学校の全容は多くの生徒も把握していない。

 そんな学校が唯一、一般の人物に向けて開放している施設が、
 近年設けられた、異能者同士の能力バトルを観戦することができるバトルアリーナである。
 この施設では異能者同士のランクアップをかけた校内での生徒の決闘が盛んにおこなわれており、
 入館パスさえ発行すれば誰でも観戦することが出来る、
 一部の生徒には熱烈なファンがついており、商魂たくましい人間によるグッズ販売等も行われている。

内情【ランク制と競争、それに伴う弊害について】

 この学園では生徒達の大部分はランクを重要視して学園生活を送っている。
 生徒達のランクは基本的に機器による測定の結果で算出されるため、
 一部の例外を除いて数字としてはほぼ精確な結果が現れる。

 近年では、機械測定だけでは測れない領域があるという意見を大きくなり、
 取り入れられたのが実戦や実技によってランクの見直しをする決闘制度だ。
 この制度の導入によって、能力向上や訓練に積極的な生徒が増加したが、
 不意打ちや相手への嫌がらせ等、勝利のために手段を選ばない生徒も多く、
 学生の素行は五大校の中でも著しく悪い。

 また、さらなる能力を求めて人体改造や投薬など、人体実験への志願者も増加傾向にある。
 学校と生徒で互いに合意の上、非合法ではない手段で行っているものの、
 生徒をモルモット扱いにしているという非難は、決して少なくない。 


各ランクの目安
S 単独で一個中隊分の働きができる、あるいはそれと同等に重宝される価値を有している
A 軍隊で戦車一台と同等の価値を有する、あるいはその能力だけで魔法使いとして十分に活動できる
B 戦闘に問題なく運用できる能力。ものによっては日常生活を送る上で非常に有利
C 日常生活で何かの代替になるなど、少し便利な程度。戦闘などに用いないのであれば十分
D 日常生活で使うのも難しい程度、ちょっとした特技レベル
E 貧乏ゆすりによって引き起こせることと同程度の出力
F 効果の薄い力、あるいは測定不能

教職員の例

”電脳ゲーム先生”瀬賀ハドソン

生徒の例

”強制終了”シャットアウト
”ベストショット”田中フジツー

事件


強霊魔薬事件【非合法の薬と犯罪組織】

 異能学園は優れた異能力を持つ人間が評価される社会であり、
 低ランクの中にはいつまでも上がらない評価に腐ってしまう者もいる。
 そんな人間の心の隙を突き、異能力が強化される非合法の薬が出回った。

 摂取することで一時的に見えざる手の領域を広げ、全能感を得ることが出来る。
 その実態は使用している人物の魂を簡単に削って、限界以上の力を出させるというものであり、
 効果が切れた時には強い喪失感を感じることになる。
 その薬、強霊麻薬は異能学園の低ランク生徒の間で陰ながら流行し、
 犯罪組織はその薬を供給することで学園内に手駒を作っていった。

 これが大きな事件へと発展したのは2015年の冬、
 犯罪組織によって一年の間に作られた手駒逹は学園のセキュリティゾーンへと踏み込み、
 異能学園のヴァーチャルシュミレーターの技術を盗もうとした。
 それはSランク異能者である”強制終了”を中心に防がれる。
 彼らの大本である犯罪組織も警備員や円卓理事会の手によって壊滅し、
 生徒逹の心に傷跡を残しつつも解決された。


Q&A


Q.ランクが精確に算出されないケースは具体的にどのようなものがありますか?
A.意図的に隠したり、あるいは現代の技術では観測できなかったりするケースです。

 その他質問はリプライやDMでいつでもどうぞ。

更新履歴

取得中です。