夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

空島卓名言・迷言集

「合計55枚、5500g」
メモリには5430gと表示された。
「…足りないのは、120g」

「(´・ω・`)!?」「!?」「!?」「!?」
                     ───名探偵、痛恨の計算ミス

「30だもんなあ…そうだよなあ……」
「わたくしから見れば29も30も立派なおじさまですわ」
「いや30で簡単に諦めないでくれ。私も近いんだ」
「うるせー!あんた20代!俺30代!壁!!!」
「どんぐりが背を比べてんなよ」
「誰がどんぐりだ、誰が」
「どんぐりおじさん1号、芦原凪でーす」
「一緒にしないでくれ……」

【その後休憩室にて】
「パラダイスだ!エデンはここにあった!!!」
「おいどんぐり野郎」
「はい……」
「けっこうでございます!」

(略)

「この少女はともかく、我々は皆腕は確かだよ」
「ちょっとぉ!どんぐりのおじさま、その言い方はだいぶ失礼じゃなくって!?」
「誰がどんぐりだ…………」
「あきらめろ、どんぐりおじさん2号」
「どんぐり(29)」
「どんぐりでもおじさんでもない!」
                     ───どんぐりおじさん

ギルベルト:「よう、てめえが花村だな?」 その前に立ちながら
花村敦士:「いかにも」
ギルベルト:「そうか、んじゃあ」
グレイマン:「どうも、ご機嫌の方は……」
花村敦士:「物品の納入なら、表港で朝9時から受け付けているよ」
ギルベルト:「死ね」 剣で切りかかる

【一方雑談では】
グレイマン:いきなり斬りかかる人がいる……
カモミール:こわちか

【再びメイン】
花村敦士:「ミュートと言ったか。捕らえてくれ!この男を。いきなり人へと斬りかかる犯罪者だ」

【再度雑談】
オルガ:相手の言ってることがド正論で笑うしかない
                      ───こんにちは、死ね

「何か?牡丹鍋」
「ああ、問題ないよ猪武者。」
「問題ないですよビッテンフェルトさん」
「突っ込むことしかできないのも、ある種の才能ではあると思うよ」
                      ───とある男(イノシシ)に対する評価

「オルガ、オルガ=チェルノワ。」「お前を否定する、守銭奴の名前だ。」
「恐らく短い間の付き合いですが、覚えさせて頂きました。覚えていただけると、幸いです。オルガ=チェルノワ」
「ああ、敬意をもって金貨に刻んでやるさ。私の敵」
                     ───拝金主義者の敬意

「うん……そう簡単に死んでやる気はないでやんすし、アンタの事情は何も知らないでやんすけど。久遠レイ」
「この時代で、冥府の女王と対になる英雄は、お前に決めたでやんす」
空を見上げる
「ガイアの神々ども、あっしが、この、冥府の女王が、サウロンがここに宣言するでやんす」
「あの英雄は私のものでやんす!精々試練を与えておけ!私を殺せる程度には、でやんす!」
                     ───冥王の勅命

夜桜クロエ:「……槇島様は。どうして、そこまで……」
槇島亮治:「決まっているだろう、君は大事な」



槇島亮治:「部下だからな。ほら、前が行っているぞ」
                     ───あくまでもただ部下を気遣っているだけな槇島亮治29歳

ミュート:「い、いのちをだいじに…!いのちをだいじに!」
ミュート:──ああ、どうしてこの世界はここまで理不尽なのだろうか。
ミュート:──命を大事に?命を大事にとは言うが、命とは人の生きる道そのものだ。
ミュート:──その命を全力で冒涜するこの部屋は、命を捨てろと言っているも同義ではないか。
ミュート:──酷いクソッタレな矛盾だ。こんなこと、あっていいのだろうか。
ミュート:──僕には、人の命を救うことなどできない。こうしてこの手は当に汚れてしまってしまっている。
ミュート:──だが、まだ汚れていない君たちなら、あるいは———
ミュート:──願わくば、このクソったれな世界に終止符を———
ミュート:「いのちを…だいじに…!」
                     ───静謐な詩人(サイレント・ポエマー)
                     このあと滅茶苦茶イジられた

㈱定礎:「我輩も不死だ」
カモミール:「は!?」

㈱定礎:「あの女もまた、不死だ」カモミールを指さす
カモミール:「は!?!?
                     >>突然の不死バレ<<
㈱定礎:「そしてあいつも」「あいつも」「あいつも」「あいつもよ」クロエ、蓮花、虚空、彼を指差していく
カモミール:「…………」
㈱定礎:「誰一人死んだことがない。生きている以上、死にあらず!」
カモミール:「頭大丈夫ですの?(真顔になった」
㈱定礎:「まさに不死そのものではないかっ!!」  ふはははははは! 高らかに嗤う
                      >>フェイント<<

更新履歴

取得中です。