夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

星空ひかり

星空ひかり

年齢:21歳 職業/経歴:現在無職 性別:女 身長:159cm 体重:45kg スリーサイズ:83-57-84
種族:魔族 クラス:魔導士/錬金術士/伝承術士(陰陽道) タグ:帰還者2 PL名:ニャルラトホテプ
アイコン:片瀬真宵(あっちこっち。)
イメージソング:空飛ぶうさぎ(https://www.youtube.com/watch?v=ok0mNzd0eRI
テーマソング:プラチナ(https://www.youtube.com/watch?v=D4mxVrQndYY


「目がなくたって、僕には耳がある、口がある、手がある……そして何より想像力がある!」


外見
目が隠れる程伸ばしたおかっぱ頭に白いポンポンのようなものを二つ頭につけた女性

その目はいつだって、見(視)えることはない

人格
とにかく明るい
むしろ明るさだけが取り柄
抜けてるところはあるし、思い込みは激しいけれど、それでも明るく彼女は前を向く

僕の世界は闇に包まれていても、きっと世界は輝いているから

来歴
出身は暁月市。生まれたときから目は見えなかったが、星空家の一人娘として幸せに暮らしていた。
しかし、暁月市が空に浮かぶ直前両親とのお出かけの最中に迷子になってしまう。心細い思いをしつつも、たまたま通りかかったおじさんに助けられる
おじさんとしては面倒事は嫌だったので両親のもとに送り届けたかったのだが彼女の、自分は捨てられたのかもしれない、という呟きを聞いて保護、自身の出身地に連れて行く。
尚、実際にはただの迷子でありただの誘拐事件なのだが、その直後に暁月市自体がなくなってしまい両親も消息不明になったため問題はなかった(ないのか?)
それからはおじさんに連れられて行った博多で、おじさんの仕事を手伝いつつ過ごす。その折に教えて貰ったのが陰陽道であり
魔法使いとしての技術もそのおじさんに教わった。
最近おじさんの働いていた組が解散したので彼女も無職に。おじさんから空島の話を聞いて、故郷を感じたいと空島に旅立った

例え危なくたって、僕には故郷を思い出すことが、実感でしか得られないから

+ おじさん(という名のおまけページ)

式神
彼女の周りを常に飛んでいる翼の生えた兎のような何か。もふもふしていて奇妙な鳴き声をあげる(イメージアイコン:モコナ、黒モコナ)
目が見えない彼女の為に危険を察知してそれっぽく教えたり道を先導していたりする。が、意志疎通が出来ているかは不明。というか出来てない
しかし、生活に特に支障がない辺り、何だかんだ上手くやれているらしい

+ ある日の出来事

戦術
出立の時におじさんからもらった、矢のない弓を武器とする陰陽師
想像力を矢として相手を照らす
一応闇属性の魔法も使えるが、本人は出し渋る

ないものを望む気持ちは、表に出すものじゃないから

+ データ的には

+ 参加セッション

キャラクター情報


「おりょ?こ、ここどこー!?」


更新履歴

取得中です。