夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...
夜明け2017卓/学園都市
+...
夜明け2017卓/魔境都市
+...

夜明け2018卓/悪徳の街2 色彩戦線

夜明け2018卓/常夏島




カモミール・ヴィクトリア

カモミール・ヴィクトリア

プロフィール
年齢:24歳 職業/経歴:ギャンブラー(ディーラー) 性別:女 身長:172cm 体重:54kg スリーサイズ:72-55-78
種族:混血/不死 クラス:異能者/探求者/死霊術士 タグ:碩学者3 PL名:ニャルラトホテプ
アイコン:セレスティア・ルーデンベルク(ダンガンロンパ)
イメージソング:[非日常編:銀弾マリオネット(https://www.youtube.com/watch?v=4wSgnr0S1wA)、日常編:猫と硝子と円い月(https://www.youtube.com/watch?v=nav-AQnBURc)]
テーマソング:[不撓不屈のモーメント(https://www.youtube.com/watch?v=OZY8SWg23jE)]
好きなもの:ギャンブル、猫、可愛いもの 嫌いなもの:ギャンブラー、不死、父親


「さぁ、ギャンブルを致しましょう」


外見(非日常編)
ゴスロリファッションに身を包んだ両側から巻き髪を垂らす黒髪の美女
ゴスロリつるぺたツインドリルなどと言おうものなら命の保証はない

+外見(日常編)
それらの恰好は全てディーラー、つまりはギャンブラーとして舞台に立つときの衣装のようなもの
実際は大きな巻き髪もウィッグであり、オフの時は黒髪短髪にラフな格好をしている

ただし……どちらであっても厚着であることは変わりないようだ。寒がりなのか、はたまた何かを隠しているのか

人格
慇懃無礼。丁寧な言葉で毒を吐き
かと思えば他人を持ち上げたり
たまには過激に激昂して
心理戦もまた、勝負の一つ。手練手管で相手を惑わす
全ては勝負に勝つために



来歴
イタリアに生まれ、日本へ渡り
ギャンブラーとして、名を馳せて
今では立派なディーラー人生
孤高のディーラー空島へ行く

+真実の物語
……カモミール・ヴィクトリアの本来の出生地はかつて悪徳の街と呼ばれた北海道、九城市である

+事の概要
その指先で、手札をなぞる。今宵の勝負の行く末如何に
その眼差しで、手札(憂い)をなぞる。今宵の勝負の行く末如何に

あの指先が、背中をなぞる。この子の勝負の行く末如何に
あの指先が、背中(狂気)をなぞる。この子の勝負の行く末如何に

やめろ触れるな、抗い叫ぶ。動きが勝負の行く末語る
それは要らぬと、悶えて叫ぶ。動きは止まり勝負は決まる

──否

勝負の行く末未だ決まらず。あたしがくじけるそれまでは
あたしは、決して負けない。あたしは、夢を叶える
あたしの夢は──普通の女の子として生きること

+とある違法使いのお話
今は昔、ギャンブルを生き甲斐とする一人の男がいた
男は、とにかくギャンブルが好きだった。ギャンブルを愛していた

──狂愛していた

物事は何でも賭け事になってしまえばいい。男は賭けた。金を、酒を、女を、土地を……そして、最後には、命を
男は、優秀な死霊術士だった。故に……開発してしまった。人の魂をチップとする方法を。即ち、魂をチップに見立てることで人から魂を抜き出す違法魔術を
この魔術により、男は骨の髄までギャンブルを愉しめるようになったのだ

そんな男の技術を買う闇商人の組織があった。商売で成功するコツは、独占すること。彼らは男が魂を抜きだせる点を評価したのである
組織は男に商談を持ち込んだ
「その術式を売れ。そうすれば利益の三割をお前にやろう」
男は言った──
「お断りだ。そんなもの、何の夢も浪漫もない。ギャンブルには程遠い」
そこで組織は趣向を変えた
「なるほど。お前はギャンブルが好きなのか。では、魂の回収人になるがいい。お前がその術式を提供するなら、我々はお前を庇護しよう。
 日常の身の安全をくれてやろう。そして、回収人として思う存分命を賭けたスリルを味わうといい」
男は大いに喜んだ。そいつは素敵だ、やっぱりギャンブラーが卓につくには用心棒がいなくちゃな、と

こうして、男は組織の庇護下のもと、哀れな犠牲者に魂を賭けたギャンブルを仕掛けては、連戦連勝した。彼のギャンブルの実力は、確かだったのである
男は幸せだった。自分の望んだ生活が、自分の望んだ夢と浪漫が、そこにはあったからだ
けれど、狂った男の幸せは、長く続くことはなかった。狂った男の狂った幸せを、天が許すはずがなかったのである
その狂った男がいた組織は、悪神異変終結後、一人の少女一人の少年に滅ぼされ、男諸共露と散った


……ところで、男には一人、娘がいたらしい。ギャンブルとしてか、それとも狂った男にも愛はあったのか
何故だか生まれたその一人娘は、波多野 妙(はたの たえ)と名付けられた
その娘の行方は、杳としてしれない
+その日の話
その日も、あたしは待っていた。いつも帰りの遅い父のことを
父は賭け事が好きだ。ギャンブルを愛していると言ってもいい。口を開けばそのことばかり出てくる
……お蔭であたしはギャンブルに詳しくなった。それと、イカサマにも詳しくなった
父はこう言う「バレないイカサマは、イカサマじゃないんだよ」……正直あたしには分からん

父は強いギャンブラーらしかった。連戦連勝、負けなしの男。そう酒場(ゼロ・ピース)のごろつきが噂しているのを聞いたことがある
でもあたしは知っている。父だって負ける時は負けることを
父が負ける時は、いつだって胸騒ぎがする。それがギャンブラーとしての血なのかはわからないけれど、とにかくそうした日は、外をふらつかず
家で父の帰りを待つことにしている。今日みたいに。……何だか、普段よりも胸が騒いだ

カラン、と家の扉が開く。父の帰宅だ。あたしに母はいないから、来るとしたら父しかいない
「おかえり」
と父を迎えに行く。お酒を持って。負けたときの父は、いつも機嫌が悪いからだ

「…………あぁ、ただいま。娘」
父は血塗れだった。顔も、上着も、ズボンも、手も、足も、何もかも。瀕死の重傷で、ようやっと家に逃げ帰った。そんな風に見えた
「……どうしたの!?」
驚いたあたしは慌ててワインボトルを抱えて父に走り寄ろうと──

ガチャン。次にあたしが聞いたのは床にワインボトルが落ちて割れた音だった
あれ……何で? 咄嗟に思う。けれど、理由は明白だった。身体が震えている。目の前の異様な父の姿に、何故だか知らないけれど、怯えている
「……娘、よ」
父が血塗れの指先をこちらに伸ばす
「ひっ」
小さく悲鳴を上げて、あたしは後退る。本能が叫ぶ。あれは、父であって父でない。もっと……狂気的な何かだ
父の指先が迫る。あたしは必死で背中を向けて逃げ出そうとして……捕まった
元より、瀕死の父とはいえ、幼いあたしに逃げ切ることは不可能だった、ただそれだけのこと
「……背中を向けるか。なるほど、丁度いい」
父であった何かがそう呟いた。あたしは、一体何をされるのかと怖くなって、ぎゅっと目を瞑る。次の瞬間──

「があああああああああ」

背中に焼けつくような激痛が走った。聞こえてくる獣のような絶叫が、自分が発しているものだと気が付くのに、暫く時間がかかった
熱いあついアツいアツイ痛いいたいイタいイタイ──

気づけば激痛はなくなっていてあたしは零れたワインの海に倒れ伏していた。着ている服が、ワインの色に染まっている
顔を上げる。血だらけでも満面の笑みの父だった何かの顔があった
「……起きたか、娘よ。そら、これを見るといい」
父だった何かが鏡を持ち上げる。そこには……

真っ白なあたしの肌に、床に零れるワインよりも遥かに赤黒い、グロテスクな紋様が走っていた

「……これ、は?」
気づいた途端、自分が自分でなくなったような感覚がした
「それか?それはな……」
「冥府の烙印だ」
目の前にいる男が、異言語を話しているような感覚に陥った。アイツハナニヲイッテイルノダロウ
「お前は幼い。そして俺には時間がなかった。あの術式を教えてやることも……出来ない」
「だから、代替措置だ。そいつは、他人の魂を喰らうことで生き延びるようになることが出来る」
「人生そのものがギャンブルだ。素敵だろう!浪漫だろう!スリル溢れる最高の人生だろう!」
「生きたければ勝って奪い取れ!魂という賭け金を奪い取れ!」
「はは、ははははははははははは」
言葉が耳に入らなかった。入って、来なかった。ただ、漠然と。あいつに自分がどうしようもないものにされてしまったことだけを……感じた

「そいつの欠点は、自分の魂が賭けられないところだ。ギャンブルとしては余りに致命的過ぎる」
「だが許せ、さっきも言ったが、時間がなかったんだ。後は自分で研究して術式を進化でもさせろ。俺の娘なら出来るだろう」
「そこで、代わりと言っては何だが、ギャンブラーの決まりを教えてやろう」
「ギャンブラーはな、人に背中を預けねぇんだぜ。これで、お前もギャンブラーだ。いつまででもギャンブルが出来るぞ。人の魂を、対価に」
「……あぁ、お前はいいな。まだまだこれからも、ギャンブルが出来るんだから」

……その言葉を最後に、そいつは事切れた
それを確認して、あたしは確かめるように背中の紋様に触った
「ひぃっ」
鳥肌が立った。ザラザラする、どうしようもなく不快な手触りだった。誤魔化すように、服を着直す

触ったことで、実感が湧いた。あたしはもう、まともでなくなった。なくなって、しまった
心を感情の濁流が暴れる。哀しみ?絶望?──否、違った
それは、強いて言えば、怒り。自分の理不尽な状況に、自分をこんなことにしたあの男に、あの男の語った、ギャンブラーの存在に

……その日を境に、あたしには大きな生きる目標が出来た
いつの日か、この忌まわしい烙印を消して。願わくば、大切な誰かと、普通に過ごす
こんな自分にそんな相手が出来るか分からないけれど、そう、願った


+参加セッション
セッション ドラマ
*回目 月/日 GM名 シナリオタイトル PC名/PC名/PC名/PC名/PC名 LOG LOG LOG>

キャラクター情報


「お前……カモミールの花言葉って知ってるか?」



逆境


カモミール・ヴィクトリアの冥府の烙印は、背中に”一般に見える形で”捺されている
其は珠肌に蠢く赤黒い狂気の証

「カモミールの花言葉。それは……”逆境の中での力”だよ」


Q&A
Q:ところで普通の女の子として暮らしたいって言ってるわりに恋慕の相手同性だけどいいの?
A:「うっさい!あたしがどうしようとあたしの勝手だろうが!馬鹿!」

更新履歴

取得中です。