夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

紫城桜

紫城 桜(しじょう さくら/Shijyou Sakura)

年齢:25 性別:女性 レベル:3 メイン:戦士 サブ:魔法芸術家 エクストラ:契約者 追加サブ: 種族:混血
イメージアイコン:ソシエ(グランブルーファンタジー) 
参戦回数:-回 紋章:希望 経験:舞踊家兼家事手伝い 身長:157cm 体重:ないしょ PL名:FEマン

「あー昼間から飲むお酒はサイッコーやな~」



外見


白く美しい長い髪に、独特なデザインの着物のような服を纏い
扇を常に持ち歩いている、見た目は神秘的な雰囲気を漂わせる絶世の美女
最も目を引くのは混血にもかかわらず生えている尻尾と耳だが、これは生まれつきではなく後天的な物である


人格


黙っていれば美人、動くといい加減で適当なダメ人間
前述の外見を全てぶち壊しにするお気楽脳天家、よく言えば明るくて前向き
昼間からお酒を飲みながら自分で飼っているランタリオンに乗りつつ、運河を流れている姿がよく見かけられる
本人曰く「やる時はちゃんとやるからだいじょぶだいじょぶ」との事らしいが

喋りは関西弁に近い訛りで喋るが、嫁いできた亡き母の影響と本人は語っている


来歴


天之川諸島に古くから存在する舞踊と魔法の家、紫城家の跡取りであり、次期家元
双子島で生まれ育ち、家を継ぐべく魔法と舞踊に研鑽を励んだ…はいいのだが
性格の方がご覧のありさまであり、家中では跡取りとしての自覚を持ってほしいと促されている模様
腕は問題ないため、実地訓練と社会で揉ませていい加減少しはマシになってこい
という期待とかなんとか諸々でヴェスペリアに創設初期に放り込まれた初期メンバーの一人の模様

本人はヴェスペリアの仕事については、珍しく真面目に取り組んでいる。

また、三柱信仰が盛んなこの島に置いて、特に海神鬼スミノエを熱心に信仰しており
スミノエの契約者であると同時、立地的にも危険が多いはずの天蝎神社に毎週参拝しているほど
彼女は「昔スミノエ様に助けられたから当然や」と語っているが…?

+ 紫城家について

+ プーちゃん



+ 参加セッション


+ 交友一覧



PickUp

「さあ、千年を超える紫城の舞、とくと堪能しいや!」


 彼女の魔法は舞を通じて発揮される。
 人には聞こえぬ音、人には感じ取れぬ自然の鼓動
 それらを後天的に植えつけた感覚器官、すなわち耳と尻尾で感じ取り
 仲間の援護や攻撃に舞を通じて転化していく。
 千年の時を超え伝わる神秘と伝統が彼女の武器なのである。


+ 契約対象

+ データ的には

キャラクター情報

+ キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。