夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

カルラ・クレンシア=リアマ

カルラ・クレンシア=リアマ(故)

年齢:36(当時) 職業:一貴族/魔法使い 性別:女性 レベル:? メイン:魔導 サブ:錬金術士 エクストラ:契約者 種族:魔族
身長:175cm 体重:52kg 

「希望はいつだって傍にあるものよ。

だから、気付かせてあげるの。私は『クレンシア』だから。」



始まり
いつでも笑顔を浮かべ、貴族らしからぬ活発さで魔法使いとして活動していた。
しかしある時、夫と別れて長女を引き取り魔法使いとしての活動を止めた。故郷へと戻り、貴族らしい生活に戻る。
その数か月後、病により床に臥せる。元々は病弱だったために、魔法使いとしての活動を続けるうちに体が限界を迎えた。
体は衰弱を続けていたが、カルラは笑みを絶やさなかった。
そんなカルラが床に臥せてから、長女であるシャルにずっと言い続けた言葉があった。
『貴女は貴女の好きなように生きなさい。』
『貴族の娘でも、魔法使いの娘でもなく。一人の人間として、好きな道を歩みなさい。』
笑顔を絶やさず、シャルの頭を撫でながらそう語り続けた。

間もなくしてカルラは病によりこの世を去った。

更新履歴

取得中です。