夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

ウィリアム・アマデウス=デイブレイク

ウィリアム・アマデウス=デイブレイク(William amadeus Daybreak)

年齢:14 職業:学生 性別:男 メイン:異能者 サブ:錬金術士 エクストラ:伝承術士(占星術) 種族:魔族
身長:150cm 体重:39kg
イメージアイコン:ハンス・クリスチャン・アンデルセン霊基再臨第3段階(Fate/Grand Order) イメージCV:未定 PL名:そま

「貴様は何が欲しい?俺はそうだな、強いて言うなら全てが欲しい」

「どれだけ手に入れても、本当に欲しい物には手が届かない」


外見
水色の髪に眼鏡、ブカブカの白衣を着た少年。片手にPDAを持ち、ヘッドフォンを欠かさない。
ただし、ヘッドフォンをしていても声は聞こえているようだ。

人格
皮肉げに顔を歪め、他人を罵倒する。多くを欲しがり、飽きては壊す。
自分から外に出る事はあまり無く、暇さえあれば自室に籠る。
あまり褒められた物ではない人格。

来歴
デイブレイク氏族はアマデウス家の長男として生を受け、高い教育を受ける。
デイブレイク氏族の伝承術である占星術も、アマデウス家の家伝である錬金術も修めたが
致命的なまでに魔道士としての才が無く、代わりの様に異能に目覚める。
その頃から奇行が目立つようになり、使用人と共に天之川諸島は双子島へと送られる。
その後、使用人を勝手に解雇した事によりギルドへの所属を認めさせられ、ギルドの一員として働いている。

+友人関係
「面白い女だ、もう少し知る必要がある」
「お前が欲しい、焦がれて手を伸ばしたくなる」

「はん、一体何を隠している?」
「……ふん。」

「骨め、理科室の方が似合ってるんじゃないか?」
「……俺を守らせてやろう、だからお前も、そのままでいろ」

「頭がおかしいのか?」
「……何がお姉ちゃんだ……馬鹿馬鹿しい……」

「はん、無能が。囀る事しか出来ないのならその口、塞いでやろうか?」
「貴様に才があって、何故俺には才が無い?」


PickUp


“強欲な太陽”。異能、錬金術、占星術を駆使して周囲を動かし、戦わせる。

キャラクター情報

+キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。