夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

夜刀神参仕

夜刀神 参仕(やとがみ さんじ/Yatogami Sanji)

本名 天宮志郎(あまみや しろう/Amamiya Shirou)


年齢:24 学年/職業:警備員 性別:男 レベル:14
メイン:戦士 サブ:錬金術士 エクストラ:悪魔使い 追加サブ:異能者・学徒 上級:暗黒騎士 種族:人間
参戦回数:19回 アライメント:善 表の顔:警備員 身長:181 体重:76 PL名:みこみこ アイコンイメージ:大倶利伽羅(刀剣乱舞)


「俺の正義でお前を守れれば、俺はそれでいい」


「俺が誰かって?夜刀神参仕……正義の味方とでも思っておけよ」




+ 夜刀神の日記帳 <最後のページ>



【これまでとこれから】

夜刀神参仕(本名、天宮志郎)は
1990年*月、福岡県**市に生まれた。
夢見がちな幼馴染の影響から、そしてその幼馴染を守りたいという願いから『正義の味方』を目指した。
大学卒業後すぐに警察官となった。しかし、就職2年目で一般人殺害の不祥事により退職。
「自分に『正義』を名乗る資格は無い」と言い残し、以後「夜刀神参仕」と名前を変えて裏社会に生きた。

201*年*月、北海道九城市にて対悪神組織【モノクロ】に所属。
初めは『正義の味方』の夢を捨て、ただの組織の下僕として戦っていたが、
組織仲間からの影響により、人の為に生きるという目的を見つけた。
さらにその後、自分の為に人を守ると決め、『正義の味方』の夢を再び掲げた。
そして特別な人の為になりたいとも願った。
しかしどんなに頑張っても叶わなかった。

2016年4月、悪神は消滅。【モノクロ】は解体した。
『正義の味方』の夢は叶った。しかし満たされなかった。
本当に守りたいもの、欲しいものが分からなかった。


だが、長い長い戦いの果てに、多くの友との交わりの末に、やっと見つけた。
それは──誰かを救ったという誇りだった。


全てを救おうとして何もかもを取りこぼした天宮志郎は
何かを守りたくて足掻いて何も掴めなかった夜刀神参仕は
最後の最後に、本当に守りたいものを見つけた。



どちらも正しかった。正しかったのだ。
ただ結末が、願ったものとは違っただけ……
悔いしか残らなかったとしても、その過程に多くの理想を果たせたのなら……





2016年*月、大切な仲間達の旅立ち、或いは眠りを見送り、
友を象った人形と日記を抱えて世界に旅立った。
『正義の味方』として、世界中の人々を救いに行った。

友への『想い』と、守ったものへの『誇り』を胸に
彼は今も世界のどこかで誰かを救っている。



守りたいものを守れる強さ
それを信じられなくなる弱さ
守れたものを守れなかった辛さ
何も信じられなくなる脆さ

立てなくなっても
守りたいものを守れるのなら
全てを受け入れて 未来を探す

重ねた涙の果てに光を見つけた
祈りは時を超えて


その意志は夜明けを灯す

──Brave Shine──







以下、過去情報


+ 記憶ノ欠片


+ 参加記録


+ 夜刀神の日記帳




+ キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。