夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

ジェニー・ギュールズグリングズ

「もしも空に島があったら……? また妙な話ですね。でも私は興味ないかな。
やたら定期的にプレゼントされるんですよね、空からの景色って」


ジェニー・ギュールズグリングズ(-/Genny Gulesgillings)

年齢:17 性別:女 種族:幻想種(零落神) 身長:154cm 体重:42kg
クラス:マグス/学徒/契約者/ほか
イメージアイコン:中川夏紀(響け!ユーフォニアム) イメージCV:内田真礼 イメージカラー:
所属:夜明け2015卓/学園戦争卓 PL:メイト

「やりたいことがあれば自然に頑張れる……と思うけど、無理に探さなくてもいいよ。
時間なんていっぱいあるんだしさ。じゃ、そろそろパートのチューニング行こっか」


外見
 茶髪ポニテのやや背の低い、よく笑いよく泣く溌剌とした美少女。
 視線はキツいが、本人は周りを眺めて穏やかに過ごしているつもり。
 その視線も最近はぼんやりと遠くを見つめることが多くなっている。

人格
 真心に溢れた努力家。奔放なのは見せかけだけで集団の中では遠慮しがち。
 沸点が低く、怒ったり拗ねたりすることも多い。その分すぐに元通りになる。
 先輩風を吹かせることはないが、練習熱心な姿勢から自然と後輩に慕われている。

来歴
 常盤緑市卯ノ花高校の3年生。吹奏楽部所属でユーフォニアムを担当している。

 高校生活に差し掛かったジェニーの身に降りかかった学園戦争。
 終結から1年以上経った今もなお常盤緑市の傷は癒えていない。

 だけど、いつまでもくよくよしたり引きずったりすることが復興であるはずもなく。
 ジェニーは日常の喜びを取り戻していた。彼女なりの青春の謳歌を楽しんでいた。
 生き残った者の務めなんて固い意識ではなく、彼女自身の純粋な想いによって。

 そんなジェニーの目下の目標は吹奏楽部の夏のコンクールでの全国大会出場。
 一昨年は学園戦争のせいでエントリー自体がままならず、
 去年は金賞を獲りながら惜しくも全国大会へ駒を進めることができなかった。


 先輩で恋人は無事大学に合格し上京したばかりだ。
 ジェニーも東京の音大に進学する予定だが、この1年は離れ離れ。
 毎週帰ってくると豪語していた彼のことは流石にどうかと思いつつも、
 今はちょっとした寂しさと期待が胸を占めていることに気づき、自分に呆れるのだった。

 彼女の未来は白紙のまま。無限に広がる可能性への挑戦は、今も続いている。



能力

属性 地・混沌・善
起源 挑戦

 ジェニーは卯ノ校に通う女子高生であり、言葉の力を操る魔法使いだ。
 使うことが少なくなった彼女の魔力は戦時と比べて弱まっている。
 それでもジェニーは魔法を忘れない。彼女は女神であり、魔法そのものなのだから。





+過去ページ

ジェニー・ギュールズグリングズ(-/Genny Gulesgillings)

年齢:15 性別:女性 種族:幻想種(零落神) 身長:153cm 体重:41kg
イメージアイコン:中川夏紀(響け!ユーフォニアム)/セイバー・リリィ(Fate/unlimited codes)/打ち止め(とある魔術の禁書目録)
所属:夜明け2015卓/学園戦争卓 部活動:吹奏楽部 来歴:在学生 PL:メイト

「心配かけてるのは分かってますけど……もう少しだけ、頑張らせてください。
そういう訳で、応援よろしくお願いしますねっ!」


+基本情報
外見
 茶髪ポニテのやや背の低い、よく笑いよく泣く溌剌とした美少女。
 普段は周りを眺めて穏やかに過ごしているが、
 昂ぶる感情につられるように紫の瞳がキツくなることも。
 最近は跳ねた髪を気にする様子が増えた。一向に整う気配はない。

吹奏楽部
 ジェニーは卯ノ花学園吹奏楽部の1年生として、ユーフォニアムを担当している。
 1年生の中では非常に高い演奏技量を持つ次代のエースだが、
 それは才能以上に幼い頃からの地道な努力の積み重ねによって培われたものだ。
 部内の人間関係での揉め事に辟易しているらしく、たまに愚痴を吐くことも。

人格
 少し捻くれたところもあるものの、真心に溢れた実直誠実で真面目な努力家。
 沸点が低く、怒ったり拗ねたりすることも多い。その分すぐに元通りになる。
 奔放に見えて遠慮しがちで、言われなければなかなか自分の欲求を表に出さない。
 現在は『ジェニー』という愛称で自分を呼ぶように働きかけている。

 かつてのジェニーは無意識に自分を曲げ装っていた。
 だが、学園戦争を通じて経験したいくつもの出来事で自分自身を見つめなおし、
 上記のような自分自身のあり方を、以前よりも素直に受け入れられるようになった。
 ジェニーの努力と忍耐の原動力は、そんな彼女へ人々が向けてくれる言葉と笑顔だった。

その他
 誕生日は12/24。
 救世主の誕生日と重ね合わせることで彼女の神性を高めるのが目論見だったようだ。
 からかわれてしまうからと、ジェニーは自分の誕生日を快く思っていない。

+内面分析
 現在のジェニーのもっぱらの悩みは、恋人の浮雲刀祢についてである。
 刀祢の自分への愛は確信できているものの、人並みにやきもち焼きな彼女にとって、
 他の女の子と親しくしている刀祢や、そういった話を小耳に挟むと
 少し不安になったりどことなく拗ねた反応を示したりする。
 その上でジェニーは自分の存在が刀祢にとって負担になっていないかを常に考えており、
 「重い」彼女になるまいと意識するあまり、遠慮がちな態度を刀祢に取ってしまう。

 死の運命を解決したことで自分の在り方について考えられる余裕ができたジェニーは、
 自分が人間ではなく神格であることについて、あらためて深く考えるようになった。
 普段の彼女の在り方は人間そのものであり、
 ジェニーを神格として積極的に扱う者もほとんどいない。
 だが、それでジェニーの抱くものが解消される訳ではない。
 そんなことはジェニー本人もよく知っているからだ。

+ある程度解決した問題
 ジェニーと少し親しく接した者は、
 彼女の在り方があまりにも捻れたものであることに気づけるはずだ。
 しかし、ジェニー本人には自身を偽っているつもりも装っているつもりもないようだ。

 慈愛を隠す無機質なあだ名。整いすぎた外見を適度に乱し。
 努力を悟られないよう反抗的に。実直さを目立たせないゆえの生意気。
 褒められたくないから淡白な返し。誠実の数だけ相手をけなす。真面目に見させないための奔放。
 ……けれども彼女は、嘘が下手だ。

 ジェニーは自分を守るために、そして孤独を避けるために自分を曲げ続けてきた。
 故に、よく自立した性格でありながら、本質的な部分で人が離れることを強く恐れている。

 ジェニーは自身の努力を努力だと思わず、労力を労力だと考えられない。
 一個人としてのジェニーには整った外見以外にひときわ際立った才覚は存在しないのだが、
 効率の良い尽力と無理をすることへの慣れから、彼女はたいていのことを可能にしてしまう。
 しかし、彼女は自身が神格であることを中心に、自分の能力を自分の特別性に依拠して憚らない。
 どれだけ辛い出来事に遭遇した時でさえも、それを受けるのが自分であることに納得できてしまう。


+名前一覧
ジェニー・ギュールズグリングズ
 彼女のファーストネームの愛称+ファミリーネームの組み合わせ。
 現在のジェニーの呼び名の中で一番ポピュラーなもの。
 公的な関係ではない場合、ジェニー以外の名前で彼女を呼んだ者は
 最低でも一度は「ジェニーと呼んでください」と訂正を受けることとなる。
 ただし、自身の呼ばれ方について強く固執している訳ではなく、
 他の名前で呼ばれたとしても目くじらを立てるようなことはなくなった。
 義母がジェニーを呼ぶ際の呼び名でもあり、内心でジェニーが一番気に入っている名前。

ジェネシス・ギュールズグリングズ
 ジェニーの本名。公的な場で使用する名前。
 ”ジェネシス”が自身の神格化の引き金の言霊となったため、
 以前とは別の意味でジェニーはこの名を普段から呼ばれることを避けるようになった。
 今では嫌いではなくなったが、それでも長さを鬱陶しく思っていることに変わりはない。

4G(フォージー)
 ジェニーの通称のひとつ。かつてもっとも周りに勧めていた呼び名。
 あえて無機質な名前を名乗ることをジェニーは取り止めた。
 ただ、別に黒歴史ではなくこの通称もそれなりに気に入っているようで、
 4Gと彼女を呼び続ける者を咎めるようなことはしない。

紅はじめ(くれない -)
 ジェニーの日本人名。
 かつて『紅旅館』の娘としての立場で名乗っていた名前であるほか、
 一部教員や生徒からもこの名で呼ばれることがある。
 ちなみに、ジェニー本人は純粋に紅はじめの語感を嫌っており、
 この呼び方によって彼女の好感が上がることはあまりない。

”ジェネシス”
 ジェニーが自身を再定義する際に用いた名であり、神格化した彼女そのもの。
 聖剣の輝きを高める”赤の創生(ジェネシス・ギュールズ)”、
 命令の強制力を強める”白の創生(ジェネシス・スノウ)”の2つの形態が存在する。
 ジェニーはこの名を普段は秘匿することで、
 真名解放の際の出力を少しでも高めようとしている。

その他
 特異な名前だからか、ジェネラル、ジェネ子など、妙なあだ名で呼ばれることも。
 当然これらのあだ名に対してジェニーが好感を示すことはない。

+現在の生活
 千草区防衛戦闘時に『紅旅館』が全焼。
 現在のギュールズグリングズ一家は簡易住宅で生活しつつ、
 『紅旅館』の再建の目処を立てるべく奔走している。
 学戦戦争が終結すれば、あるいは千草区の跡地の近くへと越し直すこともあるだろう。

+紅旅館/現在は全焼している
 義両親が経営している温泉旅館。
 ギュールズグリングズ一家は紅旅館の裏手にある屋敷で生活している。

 紅旅館は、その名の通り深い紅色を全体の色調とした庄屋イメージの本館と、
 その真向かいに位置するレトロモダンな装いの別館で構成されている。

 和と洋の安らぎを追求した客室には全室に源泉かけ流しの露天風呂が設けられていて、
 窓枠から切り取られた景色からは黒羽山の雄大な自然を堪能できる。
 その他にも、檜と御影石の半露天の貸切風呂もあり、湯が絶えず溢れ出ている。
 夕食は地元の食材をふんだんに使った創作郷土料理。
 千草区の旅館の中でも知名度は高い方であり、学園戦争中でも宿泊客が訪れている。

 転じて、一家が暮らしている屋敷は外観はやや古く、
 内装はリフォームされているもののやはり質素で、豪勢な旅館とのギャップが激しい。
 使われていない部屋の多くは物置同然に物が散らかっているが、
 特にレイラは、思い出の品を自分で保管する習慣の薄いジェニーに代わって、
 ジェニーが歩んできた足跡となるアルバムや記念品に始まり、
 取りとめもない学校の提出物や昔の玩具に至るまでを物置に紛れ込ませて保管している。

 ジェニーの部屋は2階にあり、真面目な気質を反映するように整理整頓されている。
 先述したように自分で手に入れた物は無碍に扱うジェニーだが、
 友人から貰ったものや義両親から買ってもらったものは
 ほぼすべて専用のボックス内に大切に保管していて、たまに取り出しては眺めることも。
 吹奏楽部に入ってから設置してもらった防音室には
 使い古し愛着の篭ったピアノや楽譜に彼女の汗と努力が刻まれている。

 学園戦争が始まってからしばらく経ち、
 ジェニーは彼女の部屋から少し離れた調理室を工房へと改装した。
 棚には魔法薬の材料と薬品調合用の機材に魔法薬の教科書が、
 冷蔵庫には要冷蔵・冷凍の薬品などが納められ、
 1日の終わりにこの工房に入り訓練も兼ねて明日の分の大魔石と薬草箱を準備するのが日課。
 ジェニーの魔法への習熟に伴い、少しずつできる範囲で設備も充実させ続けている。

+ストーリー
 旧約聖書、創世記に残されている物語。
 人は神の頂へと挑む天高き塔を創り、塔は人々の信仰により神格へと至った。
 しかし神は、人の創りしそれが神にも迫らんとすることを良しとせず、
 塔と人々の言葉は神の手によって打ち砕かれた。

 そして幾千の時が流れ、ある者達がかつての塔の神格を再現しようと試みる。
 限りなく正確な伝承と真の聖遺物によって産み出された偽物のバベルは、
 崩壊の物語をすでにその身に宿す。つまるところ、生まれついての零落神だった。

 これが、ジェネシスがこの世界に誕生した背景だ。

 宗教団体『炭の灰(チャコール・グレイ)』によって
 実験的に生み出された”バベルの塔”の再現神格、それが後のジェニーだった。
 『炭の灰』は幹部の男女に赤子の処分を命ずる。だが、2人は赤子を愛してしまった。
 2人は赤子と共に組織を抜け、常盤緑市まで3人で流れ着く。
 2人は顔と名前を変え、赤子には「ジェネシス・ギュールズグリングズ」という名が与えられる。

 自分の本質を知らないまま、魔法とは縁遠い地で人間同然に育てられてきたジェニーだったが、
 自分は周りとは別物の何かではないかという漠然とした不安は彼女に圧し掛かり続けていた。
 生来の挑戦心と義両親の不器用な愛情が重なり、明るく自立した少女としてジェニーは成長していく。

 だが、卯ノ校中等部に入り、それまでとは違った人間関係の中で
 羨望と嫉妬の眼差しに晒されるようになったジェニーは、孤立する前に自分を曲げることを選んだ。
 また、交際を申し込んできた少年達から軒並み振り回され続ける、
 小学校の頃から親しく接していた友人の少女から性的暴行を受けそうになるなどの経験により
 ジェニーの性格は増して酷く歪み、それまでの明るさは影を潜めるようになっていった。

 1年前、紅旅館を訪れた海神史昏によって自身が零落神であると気づかされるジェニー。
 それまでのすべてが崩れ去った彼女の日常は……

 ……なにも、変わらなかった。

 魔法が関与しなければ、人も幻想種も、あるいは神でさえも、
 差異のない同列でしかないのだから。
 自分の成果はすべて神の威光によるものであり、
 またどこまで偉大な神であっても、所詮は自分と同じモノ。
 しばらくの苦悩の先に受け入れた結論は、特別であることに対しての諦観だった。

 結局。あの日からずっと変わらず、いつものように朝が来て。
 自分が本当は何者なのか知りたくないと言えば嘘になるけど、
 このまま人としてのありふれた日常が続くならそれでいいと。

 直後に起きた学園戦争。戸惑いながらも戦いに身を投じるジェニーだったが、
 常盤緑市の舞台化の影響で、ジェニーの神格としての結末が
 ”崩壊”へと向かう”バベル”として再定義されてしまう。
 これは学園戦争が終結した瞬間に起動し速やかにジェニーを消滅へと導くものであり、
 極限の諦観に基づいた思考は皮肉にも彼女の行動力を取り戻させることに結びついた。

 しかし、絶望を背負うことで生まれたモチベーションは簡単に砕かれていく。
 まっさらな状態に戻ったジェニーは自分の結末を変えたいと心の底から願い、
 戦争を通じて生まれた彼女への信仰と”ジェネシス”という真名を結びつけることにより、
 学徒隊の皆の力を借りて自身の神格を”バベル”から”ジェネシス”へと再定義し、
 崩壊の運命を完全に回避することに成功した。

 ジェニーが学園戦争で綴ってきた経験の陰惨さは、学徒隊の中でも有数である。
 近い未来に、これまでにない最悪の物語に巻き込まれる予兆も薄々感じ取っている。
 それでも、ジェニーは歩む足を止めることはない。未来へ向けて、今日も彼女の挑戦が始まる。


+ジェニーを取り巻く人々
+ウィリアム・ギュールズグリングズ

ウィリアム・ギュールズグリングズ(-/William Gulesgillings)

紅松葉(くれない まつば/Matsuba Kurenai)

年齢:40 性別:男性 種族:人間
クラス:かつて六級魔法使いだったが、学園戦争下では魔法を使えない
イメージアイコン:セブルス・スネイプ(ハリー・ポッターシリーズ)※二次イラスト
職業:旅館経営、以前は非合法活動に加担していた

「遅いぞ。早く支度をしろ」


外見
 いつも厳しい表情をしている痩身黒髪の男性。
 めったに笑顔を見せることはなく、本人も人当たりの悪さを自覚している。

人格
 徹底的な現実主義・合理主義者であり、やや悲観的でもある。
 だが、一方で利害や損得よりも義理と人情で動くことが多く、誰にでも平等に接する。
 本当は娘に対して非常に甘いのだが、不器用なため愛情をなかなか表に出せずにいる。

来歴
 顔も名前も常盤緑市へと至る際に丸々変えている。本来の名前は不明。
 イギリス出身で、よりよい環境で魔法を学ぶために日本へと留学したが、
 大学生活の最中で魔法宗教団体『炭の灰(チャコールグレイ)』の思想に染まり、
 後の妻であるレイラと共に間接的な非合法活動に手を染め続ける。
 だが、名も無い赤子だったジェニーの処分を命じられたことで自分達の過ちに気づき、
 団体での活動で得た資金で逃亡。それまでの人生をすべて捨て去り、
 ジェニーを生かすことのできる条件の揃っていた常盤緑市に流れ着いた。
 経営難に陥っていた旅館を買い取り、ひとりの住民として暮らしていくにつれて、
 ウィリアムとレイラは常盤緑市という街そのものを深く愛するようになった。


「……ち、近頃、ジェネシスの様子がどこかおかしいのだが。心当たりは無いか」


+レイラ・ギュールズグリングズ

レイラ・ギュールズグリングズ(-/Layla Gulesgillings)

紅杏(くれない あんず/Anzu Kurenai)

年齢:38 性別:女性 種族:人間
クラス:かつて六級魔法使いだったが、学園戦争下では魔法を使えない
イメージアイコン:両儀式(空の境界)
職業:旅館経営、以前は非合法活動に加担していた

「少しの時間でたっぷりと休むコツは、お茶とお菓子と、ちょっとした心の余裕ね」


外見
 優しげな笑顔を浮かべる黒髪の女性。立ち振る舞いは優雅そのもの。
 呆れ顔や困り顔を浮かべることはあっても、怒りを露にすることはめったに無い。

人格
 呑気であり、何か都合の悪いことが起きても笑って済ませがち。
 小さなことからこつこつと片付けるタイプで、焦りを見せることもない。
 両親にまでやや反抗的な態度を取るようになったジェニーに対して、なかなか深く踏み込めないでいる。

来歴
 ウィリアム・ギュールズグリングズに準ずる。
 レイラもイギリス出身で、ウィリアムとは『炭の灰(チャコールグレイ)』での
 活動を通して知り合い、いつしか互いに愛し合うようになった。


「……ウィリアム、あなたって本っ当に昔から鈍感」


+絹糸冬実

絹糸冬実(きぬいと ふゆみ/Fuyumi Kinuito)

年齢:15 性別:女性 種族:人間 クラス:異能者1/魔道博士1
イメージアイコン:吉川優子(響け!ユーフォニアム) 部活動:吹奏楽部 来歴:高等部1-2在学生

「はーいっ! 皆のアイドルふゆみんでーすっ♪」


外見
 明るい茶髪に大きなリボンが目印。トランペットもよく目立つ。
 太陽のように明るい笑顔を振り撒いているが、学徒隊の任務の際は真剣な顔つきになる。
 ジェニーの前では拗ねたような表情で居ることも多い。

人格
 利発なムードメーカー。いつだって可愛い自分をアピールしている、いわゆるぶりっ子。
 さりげない気遣いが上手く、集団を上から俯瞰して全体の和を取る能力に長けている。
 クラスや吹奏楽部内での信頼も厚く、先輩から次期部長の候補として目されているほど。

来歴
 常盤緑生まれ常盤緑育ち。普通の一般的なサラリーマンと専業主婦の元に育つ。
 幼少期にジェニーと出会い、いつしか「はじめ」「おわり」と呼び合う仲になる。
 子供の頃はジェニーと仲良く一緒に遊んでいたが、
 次第に自分よりも様々な面で優秀で家庭的にも恵まれているジェニーに嫉妬するようになり、
 小学校高学年に入って吹奏楽を始めたところで一度完全に決裂。疎遠に。
 だが、ジェニーが中学生になり親しくしていた友人から性的暴行を受けそうになった際に
 たまたまその場に通りすがった冬実が身を挺して4Gを守ったことで、
 それまで冬実とジェニーの2人の間に積もっていた軋轢が溶け、和解。
 以前の調子をまだ引き摺っているため傍目には険悪な関係に見えるし、
 当人達も互いを良く思っていないのだが、実際の間柄は無二の親友である。

 学園戦争が始まってからは、目覚めた異能の力を上手く扱えなかったため後方支援に。
 そこで冬実は持ち前のコミュニケーション&俯瞰視野能力を発揮し、
 現在は大勢の学徒隊が動く重要な作戦にて部分統括を担うこともあるほどに成長した。


「1班と2班はただちに合流。連携して魔獣撃退に当たってくださいっ!」


+鈴木茶子

鈴木茶子(すずき ちゃこ/Chako Suzuki)

年齢:17 性別:女性 種族:混血 クラス:戦士9/探索者7/聖職者9/空想術士9
イメージアイコン:田中あすか(響け!ユーフォニアム) 部活動:吹奏楽部 来歴:高等部2-1在学生

「こらこら~、あんまり難しい顔ばっかりしてたらハゲちゃうぞ?」


外見
 赤い眼鏡に艶やかな黒髪。誰もが振り返る絶世の美少女で、身長が高くスタイルも抜群。
 ひょうきんな振る舞いで皆を驚かせることが多いが、
 時折、眼鏡の下に恐ろしく寒々とした視線を覗かせる。

人格
 他人をからかうのが得意なお調子者。目下の対象はユーフォニアムの後輩であるジェニー。
 文武両道眉目秀麗、まるで非の打ち所の無い完璧超人として周囲からは看做されている。
 抜群の人身掌握力と卓越した演奏技量を持ち、3年生引退後の吹奏楽部新部長に就任した。

来歴
 ジェニーが卯ノ校中等部に入学して以来、ユーフォニアムの先輩として長く付き合っている相手。
 しかしながら茶子の私生活は謎のベールに包まれており、
 どうも貧しい家庭で暮らしているらしい……
 ということしか、ジェニーは学外の彼女について知らないままでいる。

 学園戦争が始まってからは、前線部隊として積極的に依頼をこなしている。
 単独での行動力が非常に高く、時には仲間を足手まといと掃き捨てることもあるという。


「君が何をしたいかなんてね……正直言って、心の底からどうでもいい」


+「真っ直ぐだから!」

刀祢先輩

大地の舞
 なんか気に食わないなぁ……それはあっちも同じなのかも。
 まぁ、悪い人ではないと思うんですけどね。

卯ノ花部活動体験記! その1
 くじで先輩と一緒になった時は正直どうしたもんかと……
 まともなカレーになったのは私のお陰なんですからね。せっかくだから優勝したかったな。
 ゲーセンでは柄にもないこと話した気がするけど、それってあっちも同じなのかも。
 ……ん? これってこの前と同じ感想じゃ……似てないんだか似てるんだか。

世界を壊す歌がある
 何から何まで考え無しだなこの人……それも良いところなのかもしんないけど。
 あと、女装めっちゃ可愛かったからもっと見てみたいですね。

アマツ

 先輩。


茶番:夏祭り表
 いつからだったんだろう。思い出しても、きっかけらしいきっかけはなかった気がするし。
 きっかけばかりが思い当たる気もする。はっきりしたことは分かりません。
 最初は印象最悪だったし、それからもたまたま縁が続いただけだったし。
 でも、それで先輩のことが少し分かって。思ってたよりずっと好きになっちゃってて。
 今じゃすっかりドキドキしてばっかりで……でも、まだ早いか。
 先輩には好きかもって言ったけど、この気持ちが恋かどうか、きちんと確かめていこう。

ひみつのたからばこ
 刀祢先輩と一緒に居るのは相変わらず最高だけど、私から一緒に居にくくなっちゃった。
 何もかもが爆発するから、全力でどこかへ逃げ出したいのに、
 足は刀祢先輩から一歩も離れようとしないんですよ。おかしいですよね。
 もう……もう、今でも感触が残ってるし。口をなぞると思い出す。
 私、これから刀祢先輩の顔見て話せるかな? 想像の中でさえパンクしそうなのに。
 夢でイメトレしても酷くなるばっかりだし……私大丈夫かな、こんなで。
 ……私が、私ができることは、えっと……

昔の思い出
 あの常識知らずは本当、かっこつけてるつもりなのかっての。
 ……私の気持ちなんて何も考えなくてさ。いや、これは来方がね。
 私の……私の悩みとかは、分かってくれてるんだと思う。
 手袋、喜んでくれたら良いなぁ。刀祢先輩難しい顔してたし、
 ずっと、私ばっかり空回りしてる気がする。
 キスも、私からできないからって恩着せがましくわがまま言っちゃったし……
 ……でも……わ、私が、刀祢先輩の……ファーストキスの相手なんだ。
 あんまりびっくりしすぎたせいで、それ独占したいって言えなかったけど、
 ……言わない方が良いよね、こんなこと。彼女でもないのに重すぎだっての。

進撃の金曜日―Tenno Madness―
 正直、恥ずかしすぎて言えないことですけど。
 あんなに大変な作戦状況だったのに、刀祢先輩のとこの伝達担当になって、
 私、いろいろ押さえ込んでたんですよ。好きなのが出そうになるのを。
 あんな極限状況だったから、さすがにマシでしたけどね。
 それでも、気遣ってくれただけで、赤くなるのを顔に出さないように必死で。

 刀祢先輩達は本当に街のために頑張ってくれて。
 一歩間違ったら、私の旅館だけじゃなくてもっと沢山の場所がああなってたんだろうし、
 私の大切な街は、刀祢先輩がその手で護ってくれたんですよ。
 ……なんて、理屈をつけるのは簡単ですけど、割り切れないものはあってさ。
 だからこそ、全部終わった後の刀祢先輩、凄くあったかかった。

 あの日のことはあんまり覚えてないなぁ。
 あんまり覚えてないのに、ひとつひとつ全部思い出せる気もする。
 ……思い出そうとしたら、訳が分からなくなっちゃう、ってのが正しいのかな。
 だから、毎日ちょっとずつ思い出してます。あんなにキラキラした思い出、もう無い。
 …………刀祢先輩、私のことが好きなんだ。愛してるって言ってくれた。
 最初、びっくりして、一瞬だけ疑って、でも、
 そんな言葉も出ないくらい、言葉になんないくらい、伝わってきた。
 ………………思い返すだけでも熱くて熱くて壊れそうで、
 それなのに、ぜんぜん苦しくない。

 胸が苦しいのが恋で、胸が熱いのが愛なんですね。

+友人関係
+学徒隊
+銅刃

刃先輩

貴様に捧ぐ破滅の音
 今日日ヤンキーなんて流行らないことやってますね。煙草はご飯をまずくするんですよ。
 あの時は……終わってからふがいない感じになっちゃってすみませんでした。

+アルバート・ディアレス=レン

アルバート先輩

世界を壊す歌がある
 カラオケの時のでかい態度と普段の態度がぜんぜん違うのが面白いなぁ。
 からかってて楽しいし、ツンデレだし、ちゃんと話したらちゃんと応えてくれるし。
 あれで楽しんでくれたのなら、これからもちょっかいかけようかな。
 ……正面切っては言えなかったけど、先輩はきっと悪くないんだよね。
 いつか言おう……チャンスなんて、私にはもう二度と無いのかもしれないんだとしても。

茶番:夏祭り表
 ずるいですよ、先輩。
 頑張ったのは私じゃなくて、私を助けてくれた皆なのに。
 頑張ったなって……ああもう、どうしよう。
 これから先輩のことからかえるかな……頭ずっと上がらないかもしれないな……
 本当、どこまでも可愛い先輩なんだから。

+アンジェヴァーミリオン・シャロケッタ・スモークフィーム・サモン

シャロ先輩

卯ノ花部活動体験記! その1
 声が大きくて派手な人だなぁって感じでした。
 相撲部の先輩ってことで少し身構えてましたが、遠目から見る限りでは相撲感ないですね。

記憶の糸
 甘ったれんな。
 ……頼りにしてたのに。

物語は紡がれない
 シャロ先輩は、ちょっと相撲がおかしいけど。
 いつだって毅然としてて、かっこよくて。私に見えないものが見えていて。
 私は自分が優しいなんて思ったことは無いけど、
 シャロ先輩が優しい私が大切っていうなら、私はできるだけそうあり続けたいと思います。
 ……シャロ先輩のえっち知識どうなってるんだろう。
 カウンター先輩にとって性欲の対象ではあるんじゃなかったっけ?
 にしても、最近はやたら刀祢先輩についていろんな人から訊かれるなぁ。
 話したくない訳じゃないけど、そんなに面白いか? 人が必死に片思いしてるところがさ。
 って、前私が日向先輩をからかってたのと似たようなものか……

+今坂伊織

伊織先輩

テセウスの船
 竹を割った性格、って先輩には言ったけど、そうじゃないよね。
 あえて単純に考えようとしている、っていうのが正しいところなんだと思う。
 それでも悪い人じゃないみたいだし、恩を売っておいて損は無いのかな。
 ……私の、私の在り方ってなんなんだろう……

茶番:夏祭り表
 なんだかいつも楽しそうですね。
 見てるだけでこっちも楽しくなってくる。
 ……臥煙先輩や、浮雲先輩と仲良かったりするのかなぁ。

+イリス・フォルトゥーナ=ケルサス

イリスさん

ツノのある人
 口数は多くなかった。悪い子じゃないみたいだね。そこそこ素直だしさ。
 私じゃ大したことは言えないけど……ここで良いこと、見つかると良いね。

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 ……あんまり年上をからかうもんじゃないよ。
 私だっていろいろ忙しいし手が空いてない時もあるんだから。

茶番:夏祭り表
 きちんと学園生活満喫できてるみたいで何より。
 こんな戦争中だからこそ君達後輩は楽しむべきなのだよ……

盲目
 エールさんと仲良さそうにしてたね。
 イリスさんの、そういう雰囲気? みたいなのは才能なのかも。
 私はついついあることないこと言っちゃうからちょっと羨ましいな……

+ヴァイエイト・ティナ=ローグライト

ヴァイエイト君

廃墟に潜む・・・罠?!
 いけ好かない奴。こういう男子は飽き飽きだし、編入生だからって偉そうにしてるし。
 ただ……間違ってることは言ってないし、何より編入生は常盤緑のために戦ってくれてるんだよね。
 理由はどうあれ。それには感謝しないといけないんだと思う。むかつくけど。

茶番:夏祭り表
 あれで口説いてるつもりなのかなぁ。いや冗談か。
 そういう軽そうなとこ以外は面白いんだけどね。女装男子だし。
 白鐵君とできてるって噂は本当なのかな。嘘でもいっか。

+漆戸常世

常世先輩

首吊り人形
 どこかしら話が長かったですね。分かりやすいのは良いんですけど。
 髪も性格もふわふわしてて掴みどころが無い感じ。

無常の世界
 この人、なんであんな態度を取れるんだろう。
 笹川さんが苦しんでたのに。そこは不思議だし、ちょっと不気味。

流転の木曜日
 ふざけんなよ。
 常世先輩のことをよく知る人の中には擁護してる人も居るけど、私にはその気持ちは分からない。
 ……私は、私は……
 …………ギリギリまで、ギリッギリまで、すべての収まりが良くなる結末を目指すだけだ。

+燕条命

命先輩

悪魔のささやき
 なんか抱えてるんだろうなぁ。実際は頼りになる先輩だと思ってるのに……
 あと偽者とか本物っていうのも何なんだろう。今度会ったらきちんと訊こう。

茶番:夏祭り表
 普段よりもテンション上がってた?
 前気にしてたことはもう肩の荷下りてる感じなのかもね。

+蒼羽必斗

必斗君

茶番:夏祭り表
 本当に中学生かこいつ。
 えっその、外見から話し方から何から何まで……

再開~イチゴ味~
 あの集団の中でも一番貫禄があった気がする。
 なんっていうか、ひたすら苦労人っぽく見えるかも。

+カウンター

カウンター先輩

卯ノ花部活動体験記! その1
 なんか堅苦しいことばっかり言ってる理屈っぽい人です。
 浮世離れしてるっていうか、お前何歳だよみたいな。

ひみつのたからばこ
 なーんか思ったよりいろいろ話しすぎちゃったな。
 相当迷惑がられてた気がするけど、まいっか。
 にしても、芯から良い人なんだろうなぁカウンター先輩。いろいろ安心できるし。
 シャロケッタ先輩が好きになる気持ちも分かるかも。あとたぷたぷだし。

+臥煙日向

日向先輩

loading.loading.loading.
 明るくて素敵な先輩だと思います。名前のままに話してて暖かくなれました。
 それとおっぱいがすごいです。ばいんばいんでした。

テセウスの船
 ちょっとだけ甘えさせてもらいました。こんなじゃいけませんよね。
 ただ、すみません……あの時は、どうしても。
 ともあれ、おっぱいはすごかったです。ばいんばいんでした。

アマツ
 やっとおっぱい揉めたぜ。
 臥煙先輩でさえも訳ありだったんだから、もう誰に何が潜んでるかさっぱり。
 浮雲先輩のことが好きって言うのは本当にウケたなぁ……
 ……ま、分からなくもないけど。ってかどうして私あの時浮雲先輩が好きとか言ったんだろう。
 からかいネタとしては面白いし、実際にけっこう好きだしあんなもんか。

茶番:夏祭り表
 なんでだろう。臥煙先輩が浮雲先輩のことを好きなのは知ってたし、
 実際良いカップルだとも思ってたのに、祭で先輩達が遊んでるのを見てたら胸が痛くなった。
 別に私だって浮雲先輩と知り合ったのはついこないだなのに、
 それでも、なんだろう……分かんない。
 ……いっそ、この勢いで臥煙先輩のことを嫌いになれたら、
 いろいろと気持ちが楽になるのかもしれないけどさ。
 それは私にはできないみたいなんだよね、どうしても。

昔の思い出
 日向先輩って、おっぱい大きくて、意味分かんないくらい可愛くて。
 かっこいい割に女の子っぽいところあるし、ギャップ萌え狙いすぎでしょみたいな?
 いつも頼りになって……甘えさせてくれて。優しくて。
 しかも、刀祢先輩の同級生だし。後輩なんて所詮サブヒロインなんですよ。
 それでも……それでも、私は日向先輩に負けてたとしても。諦めたくないんですよ。
 ……元みたいな普通の後輩先輩の関係に戻りたい気もするけど、
 それはとうぶん無理なんだろうな……

物語は騙られる
 上手く言えないな。
 どうして日向先輩じゃなくて私なのか、っていうのはまだきちんと分かってないけど。
 私は日向先輩の分まで刀祢先輩を幸せにします。
 ……ショートも似合ってるって思うけど、今の私にそれを言う資格はないよね。
 日向先輩とあんな風にまた話せて良かった。お姉ちゃんみたいなんですよね。
 どんなことでも気兼ねなくって訳じゃないけど、日向先輩にしか話せないことがあって。
 私って、皆の笑顔のために頑張ってたんですよね。やっと思い出しました。
 ……あの時のことは、気にしなくて良いんですよ。皆いっぱいいっぱいだったもん。
 だから、そのいっぱいいっぱいを、日向先輩はもう隠さないで……

+カスミ・ウスイロ=ディスケンス

カスミ先輩

アマツ
 ただのマイペースだと思ってたけど、最後に先生気遣ってるのでちょっと見直しました。
 浮雲先輩も先生には厳しく優しくしてたのに、私だけなんかあれだよね。

再開~イチゴ味~
 どんな時でもカスミ先輩はカスミ先輩だなぁ。
 そういうところ、私も少しは見習っていかないといけませんよね。

+片倉御弦

御弦先輩

卯ノ花部活動体験記! その1
 ちっこくて可愛い見た目に騙されちゃいけません。危険な先輩です。
 変な探りを入れてくるのさえなかったら、話してて面白い先輩ではありますけど。

首吊り人形
 怖いですよね、正直言って。でも怖いだけじゃないっていうか。
 話せば分かってくれる人なんだと思います……たぶん。

再開~イチゴ味~
 前より雰囲気怖くなくなったかも? 単に依頼で一緒じゃなかっただけかもしれないけど。
 ……ただ、料理はいったい何の話してたんだろ……

+カペラ・スキエンティア

カペラ君

卯ノ花部活動体験記! その1
 まさしく年頃の男の子って感じだね。はきはき喋ってしっかりしてて。
 見てるとこの子が本当に戦うのかなって気になるけど……私なんかもそう思われてるのかな。

テセウスの船
 なーんか頭良い後輩多いなぁ。私がわざわざ考えなくてもいいよね。
 ってか、私がもっとちゃんとしないといけなかったんだって。
 ……にしても、牡丹さんのことを凄く気にかけてたね。そりゃ当然か……

ワンミニッツショー!
 こいつは……溜息が出る。
 悪い子じゃないのは分かるし、生意気とかそういう次元じゃないんだよねたぶん。
 もっと本質っていうか何っていうか……ホムンクルスってああなのか、みたいな。
 でもカペラ君はそれだけじゃないよね。
 ま……せいぜい悩めよ、人間。

茶番:夏祭り表
 こうやって眺めてる分には本当に普通の子供だなぁ。
 あんな風に背伸びしなくたって良いのに。

進撃の金曜日―Tenno Madness―
 カペラ君の頭の良さには本当に助かったよ。後輩ながらいろいろ任せられたし。
 ただ頭が良いんじゃなくて、周りが見えてて気配りもできてさ。その辺私と違うよね。
 ……私の帰るところは、旅館じゃなくって。皆の居るところなんだよ。

+岸峰蜜里

蜜里先輩

大地の舞
 なんだか不思議な先輩ですよね。飄々としてるっていうか。
 怖いところもあるし……でも、私には優しかったです。

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 ちょくちょくベンチで何かやってるの見えたけどあれ蜜里先輩……?
 人目は多少は気にした方が良いと思いますよ。

ワンミニッツショー!
 なんか最近、私達の中での先輩達への線引きが弱くなってる気がする。
 蜜里先輩にもこんなお姉ちゃん欲しかったなとか思っちゃったし。
 話に出した浮雲先輩もお兄ちゃんみたいだし。お兄ちゃんみたいなのかな?
 単に私が妹キャラなだけか……? 考えれば考えるほど分からなくなるな。

+霧隠融

融君

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 大人びてる感じ。ネロ君みたいにませてるのとはちょっと違う。
 ネロ君の方は子供っぽいとこあるしね。そうじゃなくて、えーっと……子供っぽくない?

茶番:夏祭り表
 こいつは外でもすかしてるなぁ……
 かわいげのない奴。って私もこう思われてるのかな、先輩達から。

+桐切菫

菫先輩

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 バットの構え方様になってるなーって見てました。
 武士道系って雰囲気ですね、見た感じは。

+葛葉琴

琴さん

卯ノ花部活動体験記! その1
 私と同じ幻想種って言っても、私は怪異じゃないけど。
 ま、仲良くしてねって言われたら仲良くするよ。せっかくのよしみだしね。

貴様に捧ぐ破滅の音
 今回は一から十まで葛葉さんに助けられちゃったな……
 頼りにならない先輩でごめんね。次はもう少ししっかりしてみせるよ。
 だって、ほら……私は神様だからね、こっくりさん。

loading.loading.loading.
 いきなりあんなとこに送り込まれたけど、葛葉さんのお陰で安心できたよ。
 ネットは怖いとこだからね……こっくりさんするくらいの予言の情報なら、ネットの表層だけで十分だよ。

茶番:夏祭り表
 ……ん? 葛葉さんの氷像に葛葉くんがついてた。
 えっ、でも葛葉さんは葛葉さんだし……私ずっとそう呼んでそう扱って突っ込まれなかったし……
 そもそもあの氷像が意味不明なだけだしね! うん! 葛葉さんが葛葉くんな訳無い!
 そもぞも葛葉さんが葛葉くんだったらなんでシスター服いつも着てるのかって感じだし! ね!
 だから……いやでも、葛葉さんってそう考えたらちょっと葛葉くんっぽいところもあったような……
 いやおかしいおかしい! 葛葉さんが葛葉くんで葛葉くんがついてるなんてねぇ?
 私としても葛葉さんは葛葉さんであって……いや葛葉くんならそれはそれで美味しい……?
 いやいやいや! だから葛葉さんに葛葉くんがついてるはずないんだって!
 葛葉さんは葛葉くんで……あれ? あっいやだから! 葛葉くんはつまり葛葉さん葛葉葛葉葛葉

+来須弥生

弥生君

ワンミニッツショー!
 可愛いですなあ。背伸びしてる感じが実に良い。
 学徒隊の後輩は皆可愛くてまとめて愛でたくなっちゃうよね。

+黒木小夜

小夜さん

ツノのある人
 頼りになるじゃん。目も耳も良いみたいだ。
 同じ1年だし、これからもよろしくね。

盲目
 あんなずばっとしたこと言える人だったんだ。割と意外。
 つっても私が小夜さんについて詳しく知ってた訳でもないし、
 誰にだって知らない一面なんてあるよね。

+言織しらべ

しらべ先輩

ひみつのたからばこ
 私って、一応言葉の神様だと思うんですよ。
 それでもカウンター先輩やしらべ先輩の魔法の方がずっとずっと格好良くて。
 しらべ先輩は褒めてくれたけど、もっと先輩達に追いつきたいです。

+駒場継一郎

継一郎先輩

卯ノ花部活動体験記! その1
 こ、今回はたまたまミスっただけですから。
 料理については義母さんから毎日仕込まれてるし……

+暦朔乃

朔乃先輩

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 野球のルール理解してるのかなぁこの先輩。私もよく知らないけど。
 デッドボールって狙うものじゃなかったよね?

茶番:夏祭り表
 事故です! 事故! すみませんでした!
 どうせ事故ならおっぱい触っちゃうとかそういうのの方が良かったな……

+暦乍月

乍月先輩

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 目が見えないで後方支援じゃなくて前線なのか。
 こう……どう話せば良いか分かんないよね正直。

廃墟に潜む・・・罠?!
 今回は暦先輩にとっては本当に災難でしたね。暦君が無事で良かったです。
 ただ、単に暦先輩が手綱握れば解決する問題って感じでもなさそう。
 話してみたらけっこう話せた。異能があるから今はそこまで不自由しないのか。
 力を欲しがる気持ちは分からなくもないし、固執するのも理解はできるけど、
 うーん……もっともっと根が深いものを感じる。でもあんまり掘り返してもなあ。

記憶の糸
 私が暦先輩にした気遣いって、あれでよかったのかな。いまいち自信ない。
 私がネシア君のことをまったく分かってなかったみたいに、
 暦先輩のことだって何も分かってないんだと思う。
 ……ま、よっぽどネシア君を気にかけてるんだろうなってのだけは分かったけどね。

+暦トモロウ

トモロウ君

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 蜜里先輩に散々弄られてた。なんかご愁傷様。
 満更でもなさそうに見えたのは気のせいかな。

廃墟に潜む・・・罠?!
 暦君が私の隣に居るなら、守ってやれないこともないんだけど。
 勝手に一人で行かれたら、私的にはどうしようもないんだよね。

ワンミニッツショー!
 変わった? なんか格好良くなってたけど。
 何であれ何かに打ち込んでる漢の子は見てて気持ち良いよね。
 蜜里先輩泣かせちゃダメだからね。

茶番:夏祭り表
 矢神先輩と仲良さそうだったのがけっこう意外っていうか。
 いろんなところで繋がりができて、広がっていくんだなってさ。

+笹川愛子

愛子さん

卯ノ花部活動体験記! その1
 なんというか、すごいな。エネルギーしか感じない。
 まぁ、何考えてるか分からないよりは馬鹿っぽい方が付き合いやすいよね。

無常の世界
 私じゃ結局、あれを耐えることはできなくて。
 愛子さんは耐えられるのだとしても、少しでも苦しさを分かち合いたくて……
 ……私の傲慢なのかな、これも。

+笹塚宥斗

宥斗先生

アマツ
 浮雲先輩がそう言うのなら、まだ諦めないでおこう。
 ……もともと、私も同罪みたいなもんだしね。
 あんな風に偉そうなこと言える立場でもなかった。
 だからこそ先輩達の言葉を無視されたのが許せなかったんだけど……
 ……浮雲先輩の言葉が後で届いたのなら、とりあえずいいや。

茶番:夏祭り表
 なーんでこいつに相談しちゃったんだか。あの時の私の口は軽すぎたなぁ。
 ……浮雲先輩にありのままを告白して後悔したかって言ったらしてないけどさ。
 はぁ。その分のお礼だけは今度しないといけないか。

無常の世界
 自分で嫌になる。宥斗先生も言ってたけど、私先生に怒ってたのか……
 でも先生許してくれたし。馬鹿みたいなことあれこれ言って、
 先生のこと無責任に許してやるぞなんて言って、なんだかすごく懐かしい。
 そう言えば私、小さい頃はもっといろんな先生に懐いてた気がする。
 そしたらいつの間にか、周りから教師に色目使ってるとかうざがられだしたから、
 いちいち距離を置くようにしたんだったっけ。すっかり忘れてた……

ひみつのたからばこ
 一回印象が変わってからは、すっかり頼りになる先生になっちゃったなぁ。
 あんまり認めたくないけど、一緒に居たら安心するし。先生って感じ。
 刀祢先輩はちょっと逆の意味で安心できなくなっちゃったんで……

+佐渡シエラ

シエラさん

貴様に捧ぐ破滅の音
 音楽好きなんだなーって思ってて、最後で分からなくなって。
 編入生じゃない……んだよね? どうしてあんなに簡単に、こ、殺せるの?

首吊り人形
 私は神様だよ。

+シグヴァルド・キーニス=イェオリ

お兄様

常磐緑市 春の防災訓練
 うーん……う、うーん……? いくらなんでも突然壁ドンしてきてキスはおかしくない?
 ただ寄ってくるだけの連中とは違う感じだし、頭悪いって訳でもないんだろうし……
 ……とりあえず注意しておこっと。

世界を壊す歌がある
 だからいきなり脱いでんじゃねーよ! まったくもう……統乃先輩びびってたじゃないですか。
 いまいち何考えてるのか分かりにくいのはありますよね。堂々としてはいるんですけど。

物語は紡がれない
 やーい、お兄様お兄様。からかいたくなった時に使おうっと。
 でもなんだろ? シグ先輩も雰囲気変わった感じ? あんなに話しやすくなかった気がする。
 居てくれて助かったし、細かい気配りもしてくれたし。
 これからもよろしくお願いしますね、お・に・い・さ・ま?

+城谷雪

雪さん

無常の世界
 先輩してあげようと思ってたのにすっかり甘やかされちゃった。
 おかしい……こんなはずでは……
 それと、雪さんにも私を撃たせちゃったんだよね。
 誰が悪いって話でもないけど、嫌な思いさせちゃったと思うし、今度ちゃんと謝らないと。

+新藤英雄

英雄先輩

首吊り人形
 憎めない変態だなって感じ。
 落ち着いてるっていうか、一応頼りにはなりますからね。

+白鐵八識

八識君

廃墟に潜む・・・罠?!
 本当は学徒隊でまでその言い方するのやめて欲しいんだけどな……
 依頼で一緒するのは初めてだったけど、案外頼りになるもんだね。

茶番:夏祭り表
 ティナ君とのコンビのBL感やばいなぁ。
 っていうのはさておき、ティナ君と比べたらこっちの方が私はまだ話しやすいかな。

+斯道鋭侍

鋭侍先輩

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 ごついなぁ。あとまずいとこ見られた気がする。
 次会った時はもっときちんと挨拶しよう。

+神宮葵

葵先輩

ツノのある人
 いつもニコニコしてますね。落ち着きました。
 またご一緒した時もよろしくお願いします。

+杉高比呂子

比呂子先輩

大地の舞
 きっぱりしてますよね。杉高先輩みたいな人は付き合いやすいです。
 また迷惑かけるかもしれません。私はいろいろボケてるみたいですから。

+星状ジョナサン

ジョナサン先輩

常磐緑市 春の防災訓練
 丸太ってすごい。はじめてそう思った。
 丸太要素以外は優しくて頼りになる先輩って感じでした。

テセウスの船
 どうしても丸太に気を取られちゃって、でももっと凄い先輩ですよね。
 気配りもできるし、怒りをきちんとした形で出せるし。
 尊敬も頼りもしてます。丸太ですけど。

ようせいのよる
 どんな時でも紳士だな、本当……
 私も先輩みたいに前を向きますね。
 それとも、先輩だってへこむこともあるのかな。

茶番:夏祭り表
 この人はいつだって平常運転だな。
 いろんな人が変わっていったり新しい部分が見えたりする中で、
 星状先輩みたいに変わらないでいてくれるのも、それはそれで素敵です。

昔の思い出
 ジョナサン先輩にも喧嘩相手がいたんですね、意外。
 私は神様ですけど、使える力は先輩達みたいに凄くはなくって。
 言葉の魔法なんて、大したことないじゃんって思うことばっかりで。
 それでも、ジョナサン先輩達と一緒に皆を護り続けたいんです。

進撃の金曜日―Tenno Madness―
 ジョナサン先輩は本当に丸太ですよね。
 どんな時でも、ジョナサン先輩はやるべきことが分かってるっていうか。
 それでいて冷徹とかじゃなくて紳士で。理想の男性って感じ。
 だから、これからもありのままのジョナサン先輩でいてください。

+瀬多いろは

いろは先輩

卯ノ花部活動体験記! その1
 学徒隊って見た目と中身のどっちかか両方がおかしい人しか居ないって思ってたけど、
 瀬多先輩はぱっと見た感じ両方とも普通っぽい? まだ分かんないか。

loading.loading.loading.
 たぶんまとも枠かな。先輩だけあって頼りになったし。
 ばいん先輩のおっぱいばっかり見てた気もするけど、あれならまあ仕方もないか。

暗澹の水曜日
 この街には本当に妙な人ばっか集まってきますね……
 瀬多先輩がびびりまくるのは楽しかったです。
 依頼も沢山励ましてくれたし格好良かったし。
 なのに私はどうしてあんな態度取っちゃったかな……

+大道恭介

恭介先輩

暗澹の水曜日
 なんでこの人こんなに強いんだ。自分では弱いとか言ってたけど。
 私が弱すぎて惨めになってくるじゃん。
 私は……私はさ……
 ……分かりましたよ。分からせられました。
 結局、楽な方に逃げてたんだってことくらい。

茶番:夏祭り表
 あの時のことのお礼言うチャンスを逃した。
 いっそ私から会いに行くか……? いやでもそれはうーん……

+統乃カトリーヌ

キティ先輩

卯ノ花部活動体験記! その1
 名前は聞いてました。市長の娘さんなんですよね。
 場違いレベルでお嬢様オーラ出てて。なんだろう、あれが本物かーみたいな。

貴様に捧ぐ破滅の音
 だいたい分かった。優等生グループか。銅先輩が言ってたことも分からなくはないけど……
 統乃先輩みたいな人がわざわざ学徒隊の実動に居るって、よっぽど何かあるんだろうな。

世界を壊す歌がある
 とりあえず世間知らずのお嬢様ってことは分かった。
 仮にも依頼なんだから最初からしゃんとして欲しかった気もするけど、まぁ無理もないか。
 3人で一緒に歌えたのは楽しかったです。

記憶の糸
 超可愛い。で……何だか同情しちゃうな。
 あそこまで世間知らずってことは遊びに連れて行ってくれるような友達も居なかったんだろうね。
 こんなに良い人なのに……いやまあ、付き合いづらい人は居てもおかしくはない感じだけど。
 私が期間限定の妹みたいになってあげようかな。こんなお姉ちゃん欲しかったし。
 ……嘘つけるかどうかの実験に使っちゃったのは、すみません。
 先輩に直接謝ることはもうできないだろうから、書置きにでもしておきますね。

物語は騙られる
 なんか雰囲気変わった気がする。
 刃先輩と付き合いだしたから……かどうかはあんまり関係ないか。
 刃先輩も甲斐性あるほうだとはとても思えないけど、
 刃先輩が怒ってないのに喧嘩してると思い込んでたってことは、
 キティ先輩にもかなり問題があるんだろうな……本人の前では言えませんけど。
 だって、言ったら余計にキティ先輩は自分を責めちゃいそうだしね。
 それにしても……ふふっ。私は街が好きなキティ先輩の方が好きかも!

+七海桜

桜さん

卯ノ花部活動体験記! その1
 ああいう騒がしいのは七海さんには向いてないのかもね。
 私もそんな好きじゃない……ただ、まあ、うちの部活もあんな感じではあるよね。

+奈良平まるみ

まるみさん

物語は紡がれない
 最近になって学徒隊前線に配置されるっていうのも珍しいよね。
 頑張り屋、って感じだった。私みたいに空周りもしてないし。
 ……次は、もう少し楽……じゃないけど。あんなのじゃない依頼で会いたいな。

+ネシア・ヴェント

ネシア君

卯ノ花部活動体験記! その1
 記憶障害、か。じゃあ次会った時は向こうは私のこと忘れてるのか。
 どれだけ大変か想像もつかないけど……こっから先は言わない方が良いか。

悪魔のささやき
 ま、からかいがいのある相手って感じ?
 ネシア君はきっと障害のせいでいろいろなものを諦めてしまっていて……
 なら、私がいつまでも諦めてる訳にもいかない、かな。

首吊り人形
 依頼の間は何考えてるんだこいつって思ってて、
 終わってから家に行っても余計その気持ちが強くなった。
 でも、考えなしじゃないってことだけは分かったかな。
 とりあえず、だ。……覚えてろよ、ネシア・ヴェント。

記憶の糸
 何が諦めない、だ。私はネシア君のことを何も分かってなかったくせに。
 ……これからどうすれば良いのかは、まだ分からない。
 分からないからこそ……とりあえず、行動かな。
 デート誘ってから考えよう、どうせホイホイついてくるだろうし。
 どこに行って……何、何しようかな。楽しいことなんだから、楽しく考えないと。

茶番:夏祭り表
 なんか、嫌な予感がするな。祭で忙しくてきちんと話せなかったけど。
 ネシア君を私じゃ助けられないのかな……ネシア君を助けられる人って、誰なんだろう。

無常の世界
 あの時のことは本当、何から何まで思い出したくない。
 よりにもよってネシア君には謝れないんだよね。全部忘れちゃってるんだし……
 ……いや、忘れてるとか忘れてないとか関係ない。言いたいことは言うんだ。
 それが私のケジメだし、わがままでもあるんだから。

盲目
 本心なのかどうか。
 前に進んでくれてるなら、私にとってはもう言うことないんだけどさ……
 そんな簡単じゃないと思うんだよね、きっと。

+ネロ・ニュクス・ディアノイア=ヘリオドール

ネロ君

ツノのある人
 かっこいいじゃん、男子してるよ。最初はお高くまとまってそうだったけど、歳相応なところもあったり。
 ただ……ちょっとませすぎではあるのかもね。これから先困るぞ?

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 本当に心配してくれてたっぽいのが胸に痛いな……
 そ、そんなに変な風に見えるのかな? あれ?

廃墟に潜む・・・罠?!
 私って幻想種だから力も強くて、私の魔法は自分や周りを守るのに向いてるらしくて。
 だから、私が前に立った方が良いのは頭では分かってるし、あの時もそうした。
 でも、あんなに大きな化物が目の前に居て、正直すごく怖くてさ……
 でも、ネロ君が背中を押してくれたから私頑張れたよ。ありがとね。

物語は騙られる
 最初こそ我がまま言ってたけど、やるべきことが分かってからはすごくしっかりしてて。
 中学生なのに皆を取りまとめてくれてて……って、思ってた。
 ……私も子供だし、ネロ君も子供、ってのがよく分かった。
 にしても、先輩らしくないところを見せちゃったな。嫌われちゃったし。
 謝って許してもらえるとも思えないけど……本当に、私は馬鹿だな。

+ノイン・E・ロガエス

ノインさん

ようせいのよる
 運命っていうものがあるんだとしたら、それは私の崩壊とかじゃなくて、
 私とノインさんがこの常盤緑市で出会ってしまったことこそがそれなんだろうね。
 ……厄介な後輩が増えたもんだぜ。手がかかりそう。退屈もしなさそう。

茶番:夏祭り表
 ノインさんっていろいろいるのか。まだよく分かんないけど。
 にしてもノインさんが大道先輩のこと好きっていうのはさぁ……やばいよね。
 超応援したくなる。ノインさん可愛いし、きっと想いは届くよ。

進撃の金曜日―Tenno Madness―
 ノインさんのお陰で皆の危険が退けられたり、助かった人が沢山居たよ。
 ……大切にするね、マウスピース。
 だってほら、天使からの贈り物だもん。

+俳世楚良

楚良先輩

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 この先輩からも、あ、あらぬ勘違いを受けてる気がしますね。
 っていうか、先輩か……かなり子供っぽい顔。

+早瀬月守

月守君

卯ノ花部活動体験記! その1
 話しかけ方がちょっと妙って言うか、話題が噛み合ってないっていうか。
 ま、これまで引きこもりでも親睦会参加できてるならそれで良いじゃん。そのまま登校したら。

盲目
 いやさすがにいきなり女の子になってるのはびっくりだわ。意味分からんし。
 それの衝撃でもういろいろ……とりあえず、中身は変わってない感じなのかな?

+白夜

白夜さん

ようせいのよる
 捻くれ者だなぁ。私が言えた話でもないけど。
 ……本当は、一から十まで疑ってる訳じゃない。
 言えないことがあるんだよね。そういうのは、少し疑うくらいの方が言わずに済むからさ。

茶番:夏祭り表
 すっかりいろいろ慣れた感じかな。
 良いよね、祭って……皆が楽しそうだと、私も楽しい。

+星海遥

遥先輩

常磐緑市 春の防災訓練
 ことあるごとにこっちに喧嘩売ってくる。
 妙なコラまで持ち出すし……正直ちょっと嫌いかな。

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 先輩ならサボると思ってたら、意外とこういうの参加するんですね。
 それでも空振ってましたけど。せいぜい次がんばってください。

盲目
 この先輩はホントもう。いつ見ても遥先輩だなって感じ。
 ……だけど、あんな風に街を大切に想ってくれてるところもあるのか。
 これしきで見直したらただのツンデレみたいになっちゃうから簡単には見直さないけど。

物語は紡がれない
 結局なんなんだよアイツ……調子狂うなぁ本当に。
 私が、その……と、刀祢先輩でおかしくなるのが、そんなに見てて楽しいのか……?
 あんなサボり魔でピアノが上手いのもむかつくし。
 セッション、ちょっと……いやけっこう楽しかっただけに余計に。
 ……それでいて、救える命を救えなんて冷静なことを言い切れるし。
 遥先輩も在学生でしょ? そんな、ちょっとやそっとで慣れてしまえるものなのかな。
 …………それとも、私が弱いだけなのかな……

+本多あい

アイさん

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 格好おかしくない? 周りの人は誰も何も言わないのかな。
 後誰か別の人の声が聞こえてたけどあれ何なんだろう。

茶番:夏祭り表
 祭の中だってのにショタに対するスキンシップがえらい過激だなぁ。
 周り誰も何も言わないのかな? 私がおかしいだけなのかな?

+宮永聖路

聖路君

loading.loading.loading.
 第一印象よりはずっと話しやすかったかな。ちゃんとやることやってくれてたし。
 あとは……器用なとこもあるんだね。これも見かけによらずかな。

暗澹の水曜日
 頼りになったよ。いつだって落ち着いててくれてたし。
 だから、もうあんまり落ち込まないで。私から言えることでもないけど。

昔の思い出
 飄々とやってるけど、聖路君って本当に強いよね。
 刀祢先輩から滅茶苦茶絡まれてたけど仲良いのかな?
 ともあれ、2人が揃ってたら敵無しって感じ。

+百瀬詩種

詩種さん

世界を壊す歌がある
 元気だなぁ。私は元気な人は嫌いじゃないよ、私が頑張らなくて良いし。
 意識して場を盛り上げてくれる人って大切なんだよね。
 私じゃどうしてもできないから、そういうとこは憧れちゃうな。

+ルビィ・ベリナル=アズライト

ルビィさん

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 あんまり話してない。うん、そのはず。
 分かってはいるけど、私より年下のこういう子も戦うんだよね……

悪魔のささやき
 上級生よりずっとしっかりしてたよね。かしこくて頼りにしてる。
 自分で言うのもだけど、けっこう息ぴったりだったとも思うし。

茶番:夏祭り表
 いやぁ……可愛いですね。
 女の子にぬいぐるみは無敵みたいな。

+六道鋼鈴

鋼鈴先輩

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 いるんですよね、こういうナンパ男。
 別にご飯くらい行っても良いんですけど、それにしたって初対面でいきなりは無いわ。

茶番:夏祭り表
 ナンパなんだかしっかりしてるんだか分からない奴。
 まぁ……先輩はしてる、のかな。
 ご忠告にはきちんと従いますよ。だって私、後輩だし。

+矢神迅

迅先輩

大地の舞
 どうしてこんなに格好良いのかなって感じですね。ヒーローみたいな。
 迷ったら矢神先輩に任せたら良いって安心感があります。

常磐緑市 春の防災訓練
 なんっていうかこう……矢神先輩らしいっていうか。
 ま、このまま格好つけてれば良いんじゃないですかね。そんな自覚もないんだろうけど。
 ……あ、あと、一々励ましてもらわなくても大丈夫ですから。

記憶の糸
 ……依頼の間は、ずっと頼りっきり任せっきりでした。
 矢神先輩の使い方としてはそれで良いとは思うんですが。
 練習中に会った時に……なんかもう、話してて寒気がした。
 それでも……それでも私は、先輩のことを信じたいかな……
 先輩のために私ができることを考えよう。

ようせいのよる
 先輩からいただいた名前、大切にします。
 ……いえ、もちろん義両親が私に名づけてくれたんですけどね?
 でも、先輩のお陰で少しは好きになれた気がするから。
 先輩はこれから進むべき道も教えてくれたし……
 ……はー、内心は頭上がんないけど、これからも生意気ぶるか……

茶番:夏祭り表
 祭の中でも真面目だなこの人。ちょっと笑っちゃった。
 まあでも、矢神先輩が楽しめてるならそれで良いんだと思いますよ。
 あとデートもさぁ、吹部女子を釣りに誘うか? 普通。
 デリカシーも無いし。でも配慮はあるんだよね。楽しかったから良いや。
 それに、何より……矢神先輩が上を向いてたから。
 その調子で人間目指してくださいよ、先輩。私じゃなれないものなんだからさ。

無常の世界
 迅先輩に私、何もかも勝てないんだなって思った。
 止めてくれてありがとうございました。先輩が居ないとダメだった。
 ……こんな風に思って良いのかな。私じゃどうにもできないのは分かってるけどさ。
 自分じゃどうにもできないことを、先輩に頼るって……
 ……普段とは違って気持ち悪いけど、でも、嫌な気分じゃない。

物語は騙られる
 最近の迅先輩、びっくりするくらいかっこ良いです。
 本気出したら彼女のひとりくらいできるんじゃないかな?
 本人の前で言ったら調子に乗りそうだから言わないけど。
 私は迅先輩みたいにかっこよくないし、ビシッと決められないし、
 何もかも中途半端だけど……そんな私にも、やれることがあると思うから。
 行ってきます。あの物語の決着がいつになるかは分からないけど、
 次は私が私の物語をあそこで示すんだ。

+泰葉八千代

八千代さん

暗澹の水曜日
 軽々しく助けようねなんて言っちゃってごめんね。
 泰葉さんは……泰葉さんも大変なのに、私ばっかりあんなでさ。

+トライ・ループ
+ヴィーラ

ヴィーラさん

物語は紡がれない
 ヴィーラさんは、あの世界で沢山話した中では
 私がこの世界で出会ったことのない人だった。
 それとも……私がまだ出会ったことがないだけで、
 ひょっとしたらこれから出会うことがあるのかもしれないのかな。
 最初は不気味な人だと思ったけど、話してるうちに親切な人だとも分かった。
 何より……ぼんやりとした優しさも感じたし。
 ヴィーラさん……私、学園戦争が起きるまで自分がこんなに泣き虫だって知らなかった。
 ヴィーラさんは羨ましいって言ってたけど、私はもう……泣くの、疲れちゃいそうです。

物語は騙られる
 私達がしたことは、私達がちゃんと考えた上で下した結論で、
 だとしても、私はいったい何をしたんだろう、って思えてくる。
 ヴィーラさんはキティさんが大切で、だからこそあそこまでして、
 私達がすることを……どうして、あんな風に恨まないでいられるんだろう。
 竜だから、なのかな。……ヴィーラさんは、涙を流せないって言ってた。
 きっと、あの時のヴィーラさんは泣いてた。私達のせいで。
 …………ごめんなさい、って、言う資格なんて無いんだろうけど。
 それでも、言わせてください。ごめんなさい。

+ガル・エンドラ・シーン・アース・ミストガルズ

ガエンさん

物語は紡がれない
 ガル・エンドラ・シーン・アース・ミストガルズ……か。長ぇ。人のこと言えないけど。
 別人だって分かってても、ガエンさんを見た時にすごく安心できた。
 だいたい状況が分かってきてたからってのもあるのかもしれませんけど、
 きっとそれ以上に、日向先輩だったからなのがあるんだと思う。……いや、違うんだけどね。
 ………………あんな落ち方、したら…………いや。
 諦めちゃダメだ、って……そもそも私はどうしてガエンさんのことなんて考えてるんだろう。
 私があの世界に行くことなんて、もう二度と無いはずなのに……

物語は騙られる
 ガエンさん……生きてたんですね。
 来たばかりの時は、ひょっとしたら世界がループしてるのかもと思ってたけど、
 二ヵ月後ってことは、あそこから落ちてもガエンさんは大丈夫だったってことになる。
 ……あんな風に、あなたがやりたいことを止めた私達が、
 あの後にヴィーラさんの心臓を奪って……本当に、滑稽ですよね……

+キティ・ノート・トキワ

キティさん

物語は紡がれない
 キティ・ノート・トキワ。シャロ先輩の反応から見てあだ名っぽいし、
 今度カトリーヌ先輩に会ったら試しにキティ先輩って呼んでやろうっと。
 にしても王女様が本当に似合うっていうか、
 お人形さんみたいってありふれた形容を使いたくなっちゃうくらいにはピッタリ。
 本当あの可愛さ卑怯だよな……髪もさらっさらだし。触ってみたい。
 刀祢先輩はそうか? って言ってたけど、
 本当はキティ先輩みたいな感じが好みだったりするんじゃないのかな……

物語は騙られる
 キティさんの腕を撃ったのは……
 …………今でも、どうして私があんなことをしたのか自分でも分からない。
 きっと、私は馬鹿だから。キティさんに恨まれたかったんだと思います。
 どうしようもない怒りよりは、誰かへの怒りの方がまだコントロールできるから。
 ………………なん、で……どうして…………

+クルイビト

クルイビトさん

物語は騙られる
 変えられない運命なんて、あの世界だけじゃなくても
 この世界にだっていくらでもあるってことくらい、私にも分かってる。
 それでも……それでも、どうにかしたかった。できなかった。
 私の言葉は届いたのかな。きちんと笑う姿が見たかったな。
 …………私ができることって、本当に何も無いなぁ………………

+コウ

コウさん

物語は紡がれない
 ……コウさんは、あの世界で私達が最初に会った人だった。
 それだけにいろいろびっくりして……でも、それっきりで。
 次に会った時は……もう、遅くて。
 夢みたいな……悪夢みたいな異界でも、あそこで起きたことはきっとどこかの現実なんだ。
 私は……私は、コウさんの最後の言葉さえ聴けなかった。
 私は……あそこで、何をしたんだろう。何ができたんだろう。
 ……今は、ただ、安らかに。きっと、こうするのも……神様の仕事、だから。

 ごめん、なさい。

+ダン

ダンさん

物語は騙られる
 ……結局、私達は帝国以上にダンさんを信じたんだと思う。
 最初心臓の話をした時は騙されたのかと思ったけど、きっとそうじゃなくて。
 ダンさんはどんな時でも帝国のことを考えている王様で、
 それ以上に皆のことを考えてくれている人間で。だから、託せた。
 ……だから、私達が居なくなったあの後に、どうか。
 祈ることしかできないけど、それでもどうか。
 …………私の望む、マシな結末を、どうか。
 ……頼むよ……

+ダンショウ

ダンショウさん

 つまらないな、と思った。
 本人はとても楽しそうだし、実際に楽しいんだろうけどね。
 私が見たいのはああいう笑顔ではないかなって思う。
 人の心ってさ……簡単に踏みにじって良いものじゃないんだよね。
物語は騙られる

+テルア

テルアさん

 何だかんだ、私達に優しくしてくれてた。
 不器用な人なんだろうなって思う。それでいて国の人たちのことがすごく大切そうでさ。
 大切なものが多いから……あんな風に、大変そうなんだと思う。
 正直ご飯はクソマズかったけど、私はあの味を忘れません。
 ……って、思いでみたいに語ってる場合じゃないね。
 あの後テルアさんがどうなったかは分からないけど……私は、信じるしかないんだ。
 チップが無くなる限り、箱が開くまでの間は、希望に賭け続けてやるんだ。
物語は騙られる

+トーヤ

トーヤさん

物語は紡がれない
 トーヤさんをいきなり観た時は、心臓がどうにかなると思った。
 それは刀祢先輩へのドキドキじゃなくて、息が詰まるみたいな怖いもので。
 慣れてからは……最初こそ遥先輩が言ってた擬似恋愛だったってのは否定しないけどさ。
 話してるうちにすぐ分かったんだ。トーヤさんと刀祢先輩はやっぱり別人で、
 私が大好きなのは刀祢先輩なんだ、って。でも、結局似てるところもあったよね。
 …………トーヤさん、大丈夫だったのかな。ちゃんと戻ってこれた、のかな。
 別人だって分かってても、見た目とかいろいろだけで……
 ……トーヤさんが死んじゃうのは、私、ちょっと、きつすぎて……
 …………なんて、考えてるのがもうおかしいんだよね。トーヤさんも言ってたけど。
 誰かが死ぬのに慣れ始めてるなんて、命に順序をつけてしまうなんて……


+参加・登場セッション
第1回 8/25 梅酒 ツノのある人 神宮葵/黒木小夜/ネロ/イリス/4G クエスト
第2回 9/5 比那名居 大地の舞 4G/浮雲刀祢/矢神迅/杉高比呂子/岸峰蜜里
第3回 9/12 lion 磐緑市 春の防災訓練 4G/シグヴァルド/星海遥/星状 ジョナサン/矢神迅 防災訓練の手伝い
- 9/18 あたろう 卯ノ花部活動体験記! その1 いっぱい 9月茶番卓第1回
- 9/19 メイト 卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~ いっぱい 9月茶番卓第2回
第4回 9/20 フラー 貴様に捧ぐ破滅の音 銅刃/統乃カトリーヌ/葛葉琴/佐渡シエラ/4G ダンジョンアンロック
第5回 9/24 うみゃ 廃墟に潜む・・・罠?! ヴァイエイト/白鐵八識/暦乍月/ネロ/4G ダンジョンアタック
第6回 9/29 悪魔のささやき ネシア/4G/ルビィ/燕条命
第7回 10/03 スネコ loading.loading.loading. 瀬多いろは/4G/臥煙日向/宮永聖路/葛葉琴 電脳空間
第8回 10/08 梅酒 首吊り人形 4G/新藤英雄/佐渡シエラ/ネシア・ヴェント/片倉御弦 ホラー
- 10/15 ぴゃー うのはなびより 笹川愛子/瀬多いろは/霧隠 融/新藤英雄/銅刃 新日常卓(迫真)
第9回 10/21 炙り鮭 テセウスの船 臥煙日向/カペラ/星状 ジョナサン/今坂伊織/4G
第10回 10/23 スネコ 世界を壊す歌がある シグヴァルド/百瀬詩種/浮雲刀祢/4G/統乃カトリーヌ/アルバート カラオケ
第11回 10/24 ゼットン 記憶の糸 4G/暦乍月/シャロケッタ/矢神迅/統乃カトリーヌ
第12回 10/29 あたろう梅酒 暗澹の水曜日 大道恭介/宮永聖路/瀬多いろは/4G/泰葉八千代 メインシナリオ3話
第13回 11/03 梅酒 ようせいのよる 矢神迅/白夜/ジョナサン/4G/ノイン
第14回 11/08 レン アマツ 臥煙日向/浮雲刀祢/カスミ/笹塚宥斗/4G
第15回 11/19 炙り鮭 ワンミニッツショー! 暦智朗/来須弥生/岸峰蜜里/4G/カペラ ライディングデュエル
- 11/21 メイト 茶番:夏祭り表 たくさん
第16回 11/28 梅酒 無常の世界 城谷雪/矢神迅/ネシア・ヴェント/笹塚宥斗/4G
- 12/02 梅酒 盲目 星海遥/黒木 小夜/早瀬月守/イリス/ネシア・ヴェント 小さな世界、ゲスト4G
第17回 12/04 ピャー ひみつのたからばこ 笹塚宥斗/4G/浮雲刀祢/カウンター/言織しらべ
第18回 12/10 リース 昔の思い出 臥煙日向/浮雲刀祢/宮永聖路/星状ジョナサン/4G
第19回 12/19 梅酒 『物語は紡がれない』 シグヴァルド/4G/シャロケッタ/奈良平まるみ/星海遥
- 12/26 メイト 『進撃の金曜日―Tenor Madness―』 浮雲刀祢/城谷 雪/ジョナサン/ノイン/カペラ
第20回 12/28
12/29
梅酒 『物語は騙られる』 4G/矢神迅/臥煙日向/ネロ・N・D=H 前編
後編

+卯ノ校入学後
+第1部 第1回~第6回
ツノのある人
 街に現れたプレイライトを捜索、捕獲。
 │
 └イリスと互いの来歴について話す。

大地の舞
 植物園に現れた怪異を撃退、沈静化。
 自身の魔法使いとしての役割について考え始める。

磐緑市 春の防災訓練
 常盤緑市が主催する防災訓練に企画側で参加。
 当日に現れた魔獣を撃退。

卯ノ花部活動体験記! その1
 学徒隊親睦会を兼ねた部活動紹介に参加。
 │
 ├片倉御弦から尾行され、特殊嗜好について問いただされる。
 │
 └浮雲刀祢とゲームセンターで一緒に遊び、互いの来歴などについて話す。
  特別を嫌う刀祢に諦観とともに自身の特別性を語るジェニーだったが、
  刀祢がジェニーを拒絶することはなかった。

卯ノ花部活動体験記! その2~乱世編~
 学徒隊親睦会を兼ねた部活動紹介にて吹奏楽部を紹介。

貴様に捧ぐ破滅の音
 様々な人々に悪夢を見させていたプレイライトを競技場にて撃退。
 この際、プレイライトに止めを刺す仲間の姿により、戦争という現実を直視することになる。
 │
 └葛葉琴と互いの幻想種としての在り方などについて話す。

廃墟に潜む・・・罠?!
 廃墟で行方不明になっていた人々を救出し、違法使いの研究者を撃退。
 │
 └暦乍月と互いの悩みについて話す。

悪魔のささやき
 連続障害放火事件の犯人を撃退、確保。
 │
 └ネシアを黒羽山山頂に連れて行く。ジェニーいわくデート。

  この頃から、ジェニーは自分の運命について少しずつ気づき始める。
  これにより、これまで諦め手放していたことへの挑戦心を取り戻そうと考えるようになる。

+第2部 第7回~第10回
loading.loading.loading.
 卯ノ校裏サイトに起きた謎の干渉を調査、解決。

首吊り人形
 呪われた人形の解呪、その際に顕現した異界の探索。
 ェニーは必要とあらば積極的に自分の身を投げ出そうとした。
 │
 └ネシアの家を訪問。
  「ジェネシス・ギュールズグリングズは、ネシア・ヴェントを絶対に諦めない」と宣言する。

テセウスの船
 廃病院にて探し人のホムンクルスを確保、およびホムンクルスと人造人間の研究者を撃退。
 │
 └今坂伊織の祖母の腰を治療する。
  自分がどうありたいか、と問う伊織に対して、ジェニーは終わりが決まっていると答えた。

世界を壊す歌がある
 カラオケボックスにて歌を使って呪い返し。
 「カレンダーガール」「空色デイズ」「キミとボクのミライ」を歌えなくなった。
 │
 └アルバートとカラオケに。アルバートの過去について少し聞く。
  その後、ェニーと別れたアルバートの前に謎の悪魔の使い魔が現れ、
  アルバートに「ジェニーは学園戦争が終われば消滅する」と告げた。

+第3部 第11回~第15回
記憶の糸
 行方不明になっていたネシアを捜索、救助。
 │
 ├矢神迅と部活の練習中に話す。内容は彼の心と来歴について。
 │迅の異常性の一端に触れつつも、臆さずに変わり得る可能性を示した。
 │
 └統乃カトリーヌと一緒に下校。書店に寄ってカトリーヌに少女漫画を勧める。
  夕景の中で、ジェニーはカトリーヌに対して自分が嘘をつけるかどうかを試した。

暗澹の水曜日
 異世界を偵察。行方不明になっていた学徒隊5名のうち1名の救出に成功。
 4名の死亡を確認。
 │
 ├瀬多いろはと一緒にロロコ店内のホラーハウスへ。
 │瀬多の問いかけに対して、ジェニーは逃げるように彼の前を後にする。
 │
 └大道恭介と街中で遭遇。公園にて風紀委員としての聴取を受ける。
  その後、恭介がジェニーを叱咤。精神的疲労と魔力の使いすぎで倒れ、恭介によって紅旅館へと運ばれた。
  これにより、ジェニーの中に自分の滅びの運命を諦めたくないという感情が芽生え始める。

ようせいのよる
 黒羽区の妖精たちと接触。
 歌と音楽に包まれた楽しい夜の中で、輪廻の輪に帰っていくのを見届ける。
 妖精たちの中には、前回の偵察任務で死亡した学徒隊も含まれていた。

 その後、自分の運命についてジョナサンノイン白夜に打ち明ける。
 この告白を妖精たちが噂話として広めたことで、学徒隊の一部も4Gの運命について知ることに。
 │
 ├白夜によって誰も居ない吹奏楽部部室へと連行される。
 │白夜はジェニーを励ますつもりだったようだが、ジェニーにその真意は伝わらなかった。
 │また、自分の在り方についての白夜の告白に対しても、ジェニーは訝しげな反応を示す。
 │それでも2人にとって友情は確かなものらしかった。
 │
 ├ノインに下校中に襲撃される。
 │ノインは自身をメタトロンの零落神……すなわち、かつてバベルを葬った者だと語る。
 │ジェニーはどちらなのかという問いかけに対して、自分はあくまでジェネシスだと答える4G。
 │……その後、なぜかノインはジェニーを追うように吹奏楽部に入部した。
 │
 └矢神迅がジェニーの鍵を握ると思われるギュールズグリングズ夫妻を訪ねる。
  舞台の上の存在である学徒隊ならジェニーを助けられないかと迅は思いつき、
  結果、『ジェネシス』という名前を使用したジェニーの部分的な再定義に迅は成功。
  迅の努力と献身に、ジェニーは涙を流して感謝を伝えた。

アマツ
 依頼中に違法使いと遭遇し、これを処分。
 │
 ├臥煙日向と夜の公園で出会い、あれこれと交友を深める。
 │表面的にはジェニーは日向を弄り倒していたが、
 │それはジェニーにとって日向は気の置けない相手であることも意味していた。
 │
 └早朝、浮雲刀祢と遭遇。
  刀祢の前ではじめて、ジェニーは崩れかけていた自分の心境を自覚した。
  その後、刀祢の前で”ジェネシス”への神格化も初披露。
  刀祢に褒められたい一心だったジェニーに対して、
  刀祢は完全に神格としてのジェニーを肯定するには至らなかった。

ワンミニッツショー!
 常盤緑市に出現したサーキット場の異界内で、藤袴工業学園の生徒たちと対決。
 │
 ├岸峰蜜里と街中を散歩。
 │互いの生い立ちや境遇のほか恋愛話にもなり、
 │ジェニーはいまいち誰かを好きになれない感覚を蜜里に相談した。
 │
 └カペラに呼び出される。
  カペラの物言いに一度は怒りを露にしたジェニーだったが、
  冷静になってからは真摯に互いの考えを伝え合った。

茶番:夏祭り表
 黄金祭に警備員として参加。
 ハプニングから浮雲刀祢臥煙日向が仲良くし始めたのを見て心を痛め、
 いたたまれない内心を笹塚宥斗に相談する。
 その後、不明瞭な今の気持ちを日向に打ち明けつつ宣戦布告。
 花火大会が始まってからは六道鋼鈴からデートに誘われるも
 ノインに引っ張られ、神社で神と人間について語り合う。
 帰り道でアルバートから最後の再定義を受け、
 ジェニーは神格”ジェネシス”へと変貌。死の運命を完全に回避することに成功した。
 │
 ├浮雲刀祢と水族館デート。
 │帰りにビルの屋上へと刀祢を誘い、刀祢へ恋心を抱き始めていることを明かす。
 │刀祢はジェニーに戦争が終わるまで待っていてほしいと答えた。
 │
 └矢神迅から釣りに誘われる。
  最初こそ引き気味だった4Gも、いつの間にか迅と楽しく遊んでいた。
  迅はこの街を大切にしていきたいという今の気持ちをジェニーに伝える。

+第4部 第16回~第19回
無常の世界
 街中に溢れた黒いヘドロのような謎の怪異的現象を調査対応。
 調査の過程でそれに触れてしまったジェニーとネシアは悪意に呑まれ、暴走。仲間達に止められた。
 │
 ├夏祭り後、六道鋼鈴と商店街で遭遇。
 │悪意に呑まれたまま宥斗へ言葉の暴力をふるってしまったことを気に病むジェニーに、
 │鋼鈴は取り返しがつくことであるなら最後まで取り返せとアドバイスした。
 │
 └笹塚宥斗が一人暮らししている家を唐突に訪問。勝手に夕食を作る。
  刀祢への告白とその結果の報告、先日の依頼について謝罪。
  そして宥斗の過去の体験を聴いたジェニーは、自分を許してくれた宥斗を自分も許すと宣言した。

盲目
 常盤緑市を視察に来た盲目の少女を紅旅館に案内。

ひみつのたからばこ
 『迷宮異界』に発生した異常の調査対応。
 異界内で謎の怪異とアストラルに遭遇。怪異からは逃走し、アストラルは撃退する。
 アストラルが最後に放った魔法で同行者が殺されかけるも、それを守ったのは怪異だった。
 ”約束”を果たした怪異は魂を削り取られ、消失。刀祢の望みでジェニーは怪異に祈りを捧げた。
 │
 ├遠出を済ませている途中、偶然浮雲刀祢と電車内で遭遇。
 │刀祢に付き添われつつ楽器店を巡り、その帰りに
 │自身の恋心を確認するためのメモと恋愛研究のノートを落とし、刀祢に見られてしまう。
 │互いに狼狽する中でジェニーは改めて刀祢に今の想いを伝え、
 │刀祢はジェニーに悩み深い心境を語り、ジェニーにキスをした。
 │
 └カウンターとたまたま映画館で一緒に恋愛映画を観る。
  鑑賞後のフードコートでは互いの恋愛近況について相談した。
  実際はほとんどジェニーが刀祢についてのあれこれをカウンターに撒き散らしていただけなのだが。

昔の思い出
 ご神体を受け取りに行く依頼の途中で、8年前の常盤緑市へと飛ばされる。
 当時の街で起きていた異変を解決、不良達を撃退。
 ジェニーは刀祢に「本当は刀祢は馬鹿じゃないし、最強でもない」と語った。
 │
 ├臥煙日向の寮の部屋に同居人を通じて勝手に上がりこむ。
 │ジェニーは刀祢について知れることを知りたいという旨で日向に刀祢とのデートについて尋ね、
 │日向からも同様に尋ねられるが、刀祢のことを想うだけでジェニーは身動きが取れなくなってしまった。
 │
 └浮雲刀祢がジェニーの自室に窓からやってくる。
  前回の依頼の時の言葉の意味を答え、それぞれの昔話を語り合い。
  なんとか刀祢にプレゼントの手編みの手袋などを渡すことには成功したジェニーだったが、
  本当に彼から聞きたい言葉を聞くことはできなかった。

再開~イチゴ味~
 紅旅館の一人娘としてフランス料理人の衛と相談中に学徒隊と遭遇。

物語は紡がれない
 異界化した映画館に突入、その直後に並行世界が三つ連なった
 特殊なプレイライト劇場「トライ・ループ」へと引きずり込まれる。
 ジェニーたちは常盤緑市で出会った仲間達と酷似したプレイライト人が存在する
 トキワ王国の「勇者」となり、彼らの戦争を勝利へと導き
 死の運命が訪れようとしている人々を救おうと数日間にかけて奔走。
 ……目が覚めると、経験した絶望だけが脳裏に刻み込まれ
 半日と経たずして映画館の異界は解決された、ということになった。
 │
 ├星海遥と音楽室で遭遇。
 │何度もジェニーのユーフォニアムと遥のピアノでセッションした後、雑談。
 │遥はとりわけ刀祢の話題で彼女をからかうことに味をしめたようだった。
 │
 └シャロケッタと商店街で遭遇。
  その後連れ立って書店に行き、シャロの性知識のなさに恐れ戦くジェニー。
  シャロの提案で彼女を紅旅館へと連れて行き、露天風呂でそれぞれの恋の話に花を咲かせた。

進撃の金曜日―Tenno Madness―
 千草区防衛作戦に情報処理班兼情報処理施設防衛班として参加。
 学徒隊の一員として勝利に貢献するが、
 学生傭兵の起動した術式によって紅旅館が全焼。
 避難生活を余儀なくされることとなった。
 │
 └浮雲刀祢に連れられ、街の外の冬の海へと。
  そこで刀祢から告白され、ジェニーと刀祢は恋人同士になった。
  常盤緑市に帰ってきてからは刀祢の家へと赴く。
  刀祢から紅いハンカチをプレゼントされ、2人は互いの愛を確かめ合った。

+第5部 第20回~
物語は騙られる
 ラジオ音声に誘われ、再び「トライ・ループ」へと誘われる。
 今度はストラル帝国側の「エイユウビト」として召喚されたジェニーたちは、
 帝国側から見た戦争の背景と、どうにもならない選択肢を突きつけられる。
 苦渋の末、ジェニーたちは帝国側に「竜の心臓」を委ねることで
 戦争を帝国側の勝利によって終結させることを決断した。
 常盤緑市に戻ってきたジェニーは次の物語へと「招待」された。
 │
 ├並行世界の地下牢での眠れないある晩にて、臥煙日向と話す。
 │ジェニーは日向に刀祢から告白されたことと
 │刀祢と付き合うようになったことを報告し、
 │刀祢が日向をきちんと断ったことも日向から聞いた。
 │その後、昨日の戦闘についての話などもする中で、
 │ジェニーはこれまで装ってきた自分の本当の性質を自覚するようになった。
 │
 └統乃カトリーヌと街を巡る。書店やCDショップ、カラオケなど。
  あの時から変わった2人はお互いの恋の話に花を咲かせ、
  自分の想いや街への想いを、より素直に伝え合えるようになっていた。

+所持品
 魔法使いとしての装備以外の彼女の私物のほとんどは、紅旅館とともに失われている。
 ただふたつ、彼女が常日頃からお守り代わりに大切に持ち歩いているものがある。

 ひとつは、ノインが焼け跡から持ち出した黒焦げのマウスピース。
 辛い時はこれを握り締め、ジェニーは前へと進む活力を呼び起こす。

 もうひとつは、浮雲刀祢がプレゼントした鮮やかな紅のハンカチ。
 ワンポイントで白い雲の刺繍が入れられていて、その中には金色の音符がある。
 刀祢が傍に居ない時、ジェニーはこのハンカチで涙を拭く。
 突然トライ・ループに巻き込まれた際はハンカチを持って行けなかったので、
 ジェニーはそれ以来一層ハンカチをできるだけ手放さなくなった。


+Pick Up/魔法使いとして

Pick Up

属性 地・中立・善
起源 挑戦

 ジェニーは、言葉の力で仲間達とともに戦う神格である。

 彼女の使用する剣であり盾は「”統一言語(バベルワード)”」。
 かつて言語が神々によって砕かれる前に存在していたとされる言葉で、
 仲間を護り、その力を引き上げ、また仲間によって支えられる。

 彼女は一見して孤高の存在に見える。
 だが、彼女は存在が仲間を鼓舞し、また仲間によって存在を定義されるのだ。

+契約対象

聖徳太子(しょうとくたいし/Shoutokutaishi)

 学園戦争に挑むにあたって、彼女が力を借りるために契約した神格は
 豊聡耳などの様々な伝説を持ち、古代日本の文化や制度を発達させた聖徳太子だ。

+限定礼装
 現在のジェニーが常用している武器は大アルカナ22枚のタロットカードだ。
 22枚のタロットをジェニーは自在に活用する。
 カードを使用した魔法の補助や拡張、あるいはマナを込めての直接投擲などが主な使い方だ。

 ジェニーを再現するための聖遺物のひとつである「”塔(オリジナル)”の破片」は、
 これまでずっと彼女がお守り代わりに携帯していた馴染みの深いものだった。
 学園戦争が始まり、ジェニーは限定礼装としてその破片を使うことになる。

 ある日、限定礼装である破片が粉々に砕け、タロットカード全体に付着する。
 結果的にタロットカードに限定礼装としての力が付与され、
 まるで手足のように自由に操作・出現・消失させることが可能になった。

 また、神格ジェネシスの状態ではタロットは集合して一振りの聖剣へと形を変える。
 一度だけ、彼女はこの剣から不可避の一閃を放つことができる。

物攻 命中 魔攻 魔法 射程 物耐 魔耐 回避
C E(A) C C 3~4 A A E
火支 判支 行支 防衛 判妨 行妨 行動 燃費
C C C A C D E C
便益 罠探 罠解 探索 情報 危機 識別 鑑定
B × × ×

+キャラクター情報

《我が真名に基づき命ずる。顔を上げろ、前を向け!
道なき道を進み、耐えがたきは分かち合え! ――皆で越えるぞ、この困難をッ!!》


イメージCV:内田真礼 イメージカラー:
クラス:マグス10/学徒10/魔道博士9/契約者10
参戦回数:20回

ジェネシス(-/Genesis)


更新履歴

取得中です。