夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

悪徳の街世界観


悪徳の街


 北海道の太平洋沿岸に存在する治外法権として黙認されている都市。
 食料品工場や医薬品製造工場、魔道具の生産施設が存在する工業都市である。
 夏は涼しいが冬は極めて寒く、豪雪が町全体を覆う。
 そんな地域だが空港があり、様々な人間や幻想種がやって来る。
 住人の移り変わりが激しく、特に貧困区では住んでいる人間が週替わりの家も珍しくない。
 完全環境型都市(アーコロジー)を目指していたが、住人が増えすぎたことと
 とある事件によって計画は頓挫、現在は外部からの食料輸入に頼っている。

 ちょうど龍脈の交差地点にあるため、混濁したマナが地面から噴出している場所がいくつも見られる。
 その関係で街では異界が生まれ、そして消えていくことが繰り返されている危険地帯でもある。
 また、そのマナと一緒にお湯が噴き出ている場所も存在しており。
 街の中にはいくつもの天然温泉と、それを使用した温泉宿が存在する。

 悪徳の街には主に【管理区】【工業区】【居住区】【農業区】【貧困区】の5つの地区が存在し、
 住人は自身の仕事や、財政面によってどこかで仕事に従事することになる。

【悪徳】について


 この都市には他には無い特色が一つある。
 それは【悪徳】…この街全体には【認識災害】がかかっている。
 ここの都市にいる人間は【悪】を行うことに快感を覚えるようになる。
 良心の呵責が、他人を害することが肯定されやすく、誘惑が強くなる。
 【悪神事変】より40年がたった今、この街では悪事を行うことは半ば常識のようなものとなってしまった。
 それに加えて、この都市には【悪神】と呼ばれる
 システムめいた精霊、神が存在していると言われている。

治外法権


 この都市は政府より治外法権として黙認されている。理由は三つ。

 まず、もしもこの都市が消滅すれば、流入していた犯罪者達が世界中に散らばるからだ。
 世界中に犯罪を拡散させるよりは都市内部で爆発させた方が良い、と政府は判断している。

 次に、仮に政府が制裁を下そうにも、【悪神】が仇となり戦争が起きるからだ。
 一部都市住民の力はけっして侮れず、そこに上層部の魔法がぶつかりでもすれば
 このあたりの地域一帯に草も生えなくなるような被害が起きる可能性もある。

 最後に、この都市がもたらす利益。
 悪徳の街は工業都市であり、内部での自給自足もある程度成立している。
 主な輸出品は工業製品と魔道具、特に魔道具は危険性(異界の発生率)との関係もあり
 他の地域では生産出来ない物、他の管理者では作り得ない物が多く存在している。

 これらの理由により、この都市の存在を政府は認めざるを得ない状態にある。
 なお、悪徳の街の中枢や一部の結社と癒着している政治家もいるようだ。

結社について


 悪徳の街にはいくつもの【結社】が存在する。
 通常なら共通の目的のために組織される継続的な団体や秘密結社のことを指すが
 この街における【結社】とは、あらゆる組織、団体の通称となる。
 街の人々は自らの所属する団体の話をする際に【結社】という単語を使用する。

 これは悪徳の街が現在の形になる前、
 【農業区結社の起こした事件】より以前にあった。
 【非公式集団禁止法】の名残であり、その時期に生まれた様々な規模の【結社】が
 集団禁止法が無くなった今でも悪徳の街に根付いている。
 その影響か、新しく生まれた組織や公的な組織であっても、
 この街では【結社】と呼ばれるようになった。

 なお、この街を支配している【五大結社】の内、
 【都市統治機構】だけは自らを結社であるとは名乗らない。
 むしろ、彼らの中にはそのように言ってしまえば怒り狂う者もいる、注意した方がいいだろう。

添付ファイル

更新履歴

取得中です。