夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

笹塚宥斗

笹塚宥斗(ささづか ゆうと/Yuto Sasazuka)

年齢:30 学年/職業:教師 性別:男 誕生日:12月24日
レベル:6 メイン:マグス サブ:狩人 エクストラ:侍 追加サブ:戦士 種族:人間
参戦回数:8回 コミュニティ/部活動:なし 来歴:非学生 身長:178 体重:70 
イメージアイコン:マース・ヒューズ(鋼の錬金術師) イメージCV:未定 PL名:lion



それからぼくたちは友だちになって、

今ではこの世で一匹だけの、かけがえのないキツネなんだ



「お前は変わんな。俺『達』みたいになんなよ」

「それで、友達が何かしてたら、引き止められる奴になってくれ」


外見
体格の良い黒髪の男性。
いつも顎鬚を生やしていて、第一印象の怖さを増している。
眼鏡をかけているが、極端に目が悪いわけではないらしい。
178cmだが鯖を読んで180だと言っている。

人格
見た目に反して親しみやすい、フレンドリーな性格。
生徒たちにも友達のようなノリで話しかけるが、ウザがられることが多い。

不真面目なのが欠点で、授業や会議などは隙あらばサボろうとする。
また、浪費癖もあるようで金がないといつも言っている。
そのため、学校で出る廃品を捨てる代わりにこっそり売っているようだ(お主も悪のよう)

サボったことに対する始末書を書かされている姿がよく見受けられる。
学徒隊の生徒たちと共に活動するようになったのは、これなら逃げられないだろうという学校の思惑もあるのかもしれない。

来歴

常磐緑市出身で、卯ノ花OB。
統合による卯ノ花の創設当時に高校生だった。石竹中学の出身。

卯ノ花を卒業した後は親友・進堂亮治と共に上京し、上原近くの大学へ進学。
3年次にそこでたまたま見つけたマグスの講義を受けたことと、刺激的な魔法使いの生活に憧れて
大学卒業後に魔法使いとしての活動を始める。

当初は亮治とコンビを組んでフリーの魔法使いとして活動していた。
小さな依頼を受けながら力をつけていたが、二人の夢はいつかデカイ賞金首を捕まえることだった。
しかし、七級魔法使いの彼らには到底ムリな話で、異界探索などで何とか生計を立てていたようだ。

当時上原ではちょっとした噂が流れていた。『違法なクスリを売り捌いている違法使いがいるらしい』と。
そのクスリは凄い勢いで広まり始めていて、件の違法使いには少額ながら懸賞金もかけられたらしい、と。

その日は何てことのない、異界ですらない山の探索・調査の依頼を受けていたはずだった。
笹塚と進堂は、そこで噂の違法使いと出会ってしまう。
知ってしまった二人は襲われ、そして、彼は親友を見捨てて一人逃げ出した。

その日から、彼は魔法使いとして生きることをやめた。
大学入学当時は教師を志して勉強をしていたため、教員免許を取得し一般の学校に勤める。
二度と故郷には帰らないつもりだったが、戦争によって人手の足りなくなった卯ノ花に呼ばれ、赴任することとなる。

常磐緑に戻ってきた彼が見たのは、蹂躙された故郷。
10年振りの帰省を懐かしむ暇もなく、生徒の子守を任され続けている。
亮治の妹・理沙からは平手打ちをくらい、二度と会いたくないと宣言されて凹んでいる。

生徒たちには何だかんだで手を貸してしまう。
自分に重ねているのかもしれない。


+ ...

+ ジョバンニ先生の件について

+ 背負う

+ 昔話

参加記録


+ 参加セッション

+ 人間関係

PickUp

「やりたくないんだがなあ……」

「……まあ、ちょっと痛えが、我慢しな」


+ 欠点<違法使い相手の攻撃><仲間を撃てない>

自分の攻撃が命を奪うものであるのをわかっているからこそ
出来ればやりたくないし、生徒の手が汚れるのも嫌う。

マグス/狩人/侍で弓を持つ。
致命の一撃+ヒュドラの矢+限定礼装ヘッドショットをいつかする予定です。
防御は盾を持ってギアスで受ける。
サブで戦士を取ってカバーもするようになる予定。


キャラクター情報

+ キャラクターメモ




きみは、金色の髪をしている。そのきみが僕をなつかせてくれたら、すてきだろうなあ!

金色に輝く小麦を見ただけで、ぼくはきみを思い出すようになる。

麦畑をわたっていく風の音まで、好きになる……。


人間たちは、こういう真理を忘れてしまった。でも、きみは忘れちゃいけない。

きみは、なつかせたもの、絆を結んだものには、永遠に責任を持つんだ。


『いちばんたいせつなことは、目に見えない』


『星の王子さま-Le Petit Prince-』より



+ ...

更新履歴

取得中です。