夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

学戦卓名言・迷言集

「裸が見たいというのであれば裸婦画でも鑑賞すればいい」
「そうではない。そうではないのだ。」
「隙を見て、身を隠し」
「一瞬の瞬間を切り取って脳裏に焼き付け」
「倫理と自らの限界に挑む」
「これこそが【NOZOKI】だ」
        ――お兄様による覗き語り

「うわあああああああああああああああああああああ」バルバルバルバル
        ──発光しながら高速回転する男

「ハレルヤ!ハレルヤ!」
        ──発光しながら黒毛和牛を捧げ持ち、歩いた後に花が咲き乱れるローブ姿の男

「ヤバすぎるぜええええええええええええええええええええええええええ!」バルバルバルバル
        ──発光しながら回転して芋けんぴをばらまき、宙に浮かぶ男

「というか雨に濡れた女の子をそんなジロジロ見る物じゃないぞ、恥ずかしそうに目をそらすほうがポイントが高い」
        ──即死先生の性癖暴露

「もう殺すしかないよ!」
        ──サッカーを穢した男

「ついでにこいつの顔にも免じて、一つアタシらの腕を信用しちゃくれないか」
        ──腕を骨折していた少女

「はぁ・・・教師の真似事も続けてると染み付いてしまいますね・・・」
        ――科学教諭の呟き

「……星海、紐、赤、だ」
        ──信念を曲げない男

「では定義しよう! 【学園戦争とは! 学生による戦争である!】」
「【では学生とはなんぞや! 学ぶ者? 未熟な者? 否! 否だ!】」
「【学生とは! 未来を望む者! 明日を叶える者! 可能性を紡ぐため、その先を見る者!】」
        ――対抗者の反証

「……相撲は、分からない」
        ──迷える異世界人

「今の世の中では、魔法でなんでもできる」
「火も起こせるし、光を放てるし、力士も召喚できる」 
「だが、思いを伝えるのだけはいつだって同じだ」 
「言葉の他、ないよ」
        ──友人の恋路を応援する聖職者

「どうにかなった。お前らのおかげで、僕のせいだ」
        ――狂言回しの死霊使い

「安心しろ、お前にマヨネーズの銘柄以外に記憶力を求めてない」
「うるせえな! じゃあお前マヨネーズ会社5つ言えるのかよ!」
        ――評価とそれに対しての反証

「女の子にもね、意地はあるのよ」
        ──幸運に呪われた少女

「ここからが本当の戦いだよ 本編?あんなもん前座だ前座。」
        ――大軍との戦闘を終えてこれからNOZOKIを行う男の宣言

「あんたももう一度、俺の前に立ってくれよ……先生」
        ──未来の最強の男

「ゆけ!丸太聖壁(マルタクション)!!」
        ──丸太と相撲、夢の共演

「努力で愛は何とかなります ならないならば、私がなんとかしてみせる」
「ですから、諦めないでください 諦めてやめてしまったら、何も変わりませんから」
        ──愛を求め焦がれていた女

「ならばそれも語ろう」
「語られぬ物語を、私が」
「なぁに、私は兄だ」
「弟妹に物語を語り聞かせるのも、いいだろう」
        ──物語を紡ぐ男

「美人は得だねえ」
「……こんなに荷物背負わせといて走るんだから」
        ──笑って荷物を背負いながら

「意地っ張りなんだよ、女の子は」
        ──女剣客より竜殺しの英雄へ

『ティワズでEDが解決する銅先輩とか』
『そっちの意味の再行動じゃねぇよwwwwwwwwwww』
        ──見学者の戯言と酷いツッコミ

「殺すのは俺の役目。でも、倒すのは君の役目だ——森崎真治。」
        ──一人と一人

「最後に、幸せになるって、決めたんだ! だから!!」
「”常磐緑”が戻ってくるその日まで!!」
「私たちは! 負けない!!!」
        ──希望の種

「おっぱいは?」
「おっぱいも性欲の対象ではある?」
         ──下世話な神

「あんたらが失ったもんも、私達が失ったもんも」
「陰と陽は、世界は繋がっている。さあ、やろうぜ」
        ──決戦に挑む陰陽師


「じゃあな、戦争」
        ──戦争を終わらせた男


「良い味なら、舌が覚えてる。楽勝だぜ」
               ──一流学徒隊員

更新履歴

取得中です。