夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

シグヴァルド・キーニス=イェオリ

シグヴァルド・キーニス=イェオリ(Sigvard・Keenis=Geori)

年齢:17 学年:高校3年生 性別:男性 レベル:1 メイン:マグス サブ:探求者 エクストラ:契約者 追加サブ:- 種族:魔族
参戦回数:-回 コミュニティ/部活動:- 来歴:編入 身長:183cm 体重:78kg PL名:あたろう

「私は『兄』だからな」


外見
澄んだ夜闇の髪に目の覚めるような赤の目。それが引き立つ色の白い肌。
精悍な顔立ちに実用的な筋肉のついた、彫像のごとき引き締まった肉体。
恵まれた容貌をしている。

学校では、制服を着ているが、学ランは特注の長ラン。
マントのように肩に掛けて羽織っているが、
暑がりであるため学ランどころかシャツまで脱いで上半身裸になっている姿が散見される。

人格
武人然とはしているが、大胆不敵で自由闊達。身振り手振りが激しい。
一人称は基本的に「私」。

いつも得意げな口調で、どこかエラそうな態度。
威圧感を感じる物言いだが、好奇心旺盛で気さく。
いささか世間知らずの気もあり、
我が強いためしばしば強引な行動に出る事も多い。

隙あらば気に入った人物を兄弟として招き入れようとする。
年下、同年代であれば特にこだわりは無いらしく、
一方的に兄弟認定することもままある。

+ 妹の話

+ 『兄』

+ 『彼』

来歴
魔獣などの危険な幻想種の討伐を代々請け負う一族の生まれ。
竜を討伐した古い英雄を祖に持つ、魔族の中でも歴史ある貴族。

力をつけるため、8歳の頃から家族について、
または世界中にいる家族を頼って世界中を回り、
実践に向けた技術と知識を培ってきた。

なお、実家は日本であり、日本生まれである。

今回、自分の力と新しい魔法を試すため、
そして異世界から世界を防衛するために、学園戦争へ自ら身を投じた。

竜を殺せるようになることを目標として挙げている。
荒唐無稽な話だが、本人は極めて真面目に竜殺しになることを夢として語り、
「ここで死ぬようなら竜などとても殺せない」と、
どこかこの戦争を試金石のように捉えているフシもある。

+ 実家の話

+ 兄弟の話

+ 竜殺しの話

+ 『戦い』

+ 『夢』



+ 友人関係



PickUp


「貴様を、殺す」

契約対象は大蛇殺しの神剣「アメノハバキリ」。
契約により、その肉体は剣を振るうためだけに特化したものに変質しており、
身の丈ほどの刀剣を易々と振るい、神威を宿らせた武器を媒介にして強力な一撃を食らわせる。

その威力は打撃だけに留まらない。
神器と化した武器の魔力をそのまま斬撃に乗せて飛ばし、
より破壊力を増した魔法を放ってぶつけることを得意とする。

また、その神性は「切る」ことである。
有形だろうと無形だろうと構わない。
彼は魔法の構成そのものを『断ち切って』破壊するのだ。

+ データ的には?

キャラクター情報

+ キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。