夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

卯ノ花高等学校・附属中学校

+ マップ



卯ノ花高等学校・付属中学校(Unohana Junior and Senior High School)


概要
 正式名称は「常盤緑市立 卯ノ花高等学校・附属中学校(ときわみどりしりつ うのはなこうとうがっこう ふぞくちゅうがっこう)」。
 常盤緑市に存在する数少ない学校であり、特殊な教育環境を求めない限り、
 地元の子供はほぼこの学校に通っていると言って良い。

校風
 自由な校風で知られ、生徒の自主性に重きを置いている。
 学業や部活なども生徒自らの行動力を尊重しており、それ故に学力の上下差も激しい。

 もともとは普通の学校であり、
 常盤緑市の魔法事情もあって魔法関連の授業は無いに等しい状態であったが、
 『学園戦争』に際し、急遽魔法の教育が求められることとなった。

 現在は、市外はもちろん県外からも魔法の教師を招き、
 一般の授業も継続しながら、魔法の授業も並行して行われている。

編成
 中等部と高等部を合計した生徒定員は1200人(2014年4月)。
 中等部は1クラス40人の各学年4クラス編成、高等部も1クラス40人の6クラス編成であり、
 高等部2・3年は1組が理系特進クラス、2組が文系特進クラスとなっていた。

 『学園戦争』後の2015年度は編入生を各学年に受け入れると共にクラスを1つ拡張。
 中等部は1クラス30~40人の各学年5クラス編成、高等部は7クラス編成へと改編された。
 つまり、在校生と編入生にクラス編成上の隔たりは存在しない。特進クラスについては従来通り。

 前年度から在籍していた教員はそのままに、
 今年度から新たに魔法担当の一般教員をエイセル魔法学院などから招いている。
 教育カリキュラムも再構築され、すべての生徒が基礎的な魔法教育を受けるようになった。

沿革
 「常盤緑市立鳥ノ子(とりのこ)高等学校」、「常盤緑市立砥粉(とのこ)高等学校」
 「常盤緑市立石竹(せきちく)中学校」、「常盤緑市立亜麻(あま)中学校」の4校合併により
 2000年に中高一貫校として新設された。2015年より、学園戦争特待編入制度を実施している。

立地
 南西千歳区の北東、常盤緑市全体から見てほぼ中央に位置している。
 北に群青川、南に常盤緑線、東に国道700号がそれぞれ交差している。
 千歳駅と常盤駅のどちらの駅からも、徒歩で向かうには微妙に距離がある。

実績
 中高一貫教育の実力は確かで、特進クラスは難関国立大学へのそれなりの進学実績を持つ。
 また、運動部や文化部の中には各種大会でそれなりの実績を上げているものも存在する。
 ……とはいえ、全国的に見るなら、文武ともに決してずば抜けているとは言い難い。

入試
 元から一定数の高校編入生徒募集を行っていたが、
 学園戦争以後、外部からの魔法使いの高校生たちを各学年に編入生として誘致・募集している。

制服
 学ランとセーラー服が制服として指定されているが、校則では規定されていない。
 編入生の中には、以前通っていた学校の制服を着用している生徒も少なくない。
 また、指定の体育ジャージは古臭いデザインを一新しておしゃれなものになっている。
 生徒たちからはおおむね好評だが、白を基調としてるために汚れがよく目立つ。

 制服には持ち上がり式の学年章を胸につけることが校則で定められている。
 それぞれの学年を示す色は、2015年現在では1年が赤・2年が緑・3年が青となっている。

校訓
 金剛不壊
 青天白日
 千紫万紅

年間行事
 4月 - 始業式、入学式・入寮式、新入生歓迎会
 5月 - 体育祭、学友会総会、中間試験
 6月 - 前期教育実習、校内実力テスト・校内模試
 7月 - 中学校水泳大会、期末試験、終業式
 8月 - 夏期補習授業
 9月 - 始業式、中期教育実習、読書感想文コンクール
 10月 - 後期教育実習、中間試験、球技大会、入学者募集要項発表
 11月 - 生徒会選挙、文化祭、校内実力テスト・校内模試
 12月 - 期末試験、校内・校外大掃除、終業式
 1月 - 始業式、中学校百人一首大会
 2月 - 高校入試、武道大会
 3月 - 学年末試験、高校卒業式、中学校修了式、終業式、春期補習授業

部活動・同好会・委員会活動
 各部活は部活棟や体育館に併設されている運動部部室などを、
 委員会は対応する特別棟教室にて放課後活動している。
 部員が2人以下、もしくはは生徒会から部活動承認を得られなかった部活は同好会として扱われる。


施設詳細


使用フリーについて
 フリーの欄に○がついている施設はどのGMが、
 どんな役割で使用しても問題ないものとします。
 他のGMに勝手に使用して欲しくない場合は、
 フリーの欄を×にするか、未記入にしておきましょう。
 フリーでない場所を使用したい場合は作成者、またはWMまでご連絡ください。

+ 本校舎

+ 部活棟

+ 旧校舎

+ 体育系施設

+ その他施設など




Q&A

Q.常盤緑市を舞台としたセッションを組みたい! でも準備がめんどくさい!
A.こちらより卯ノ校のマップセットをダウンロードできます。
 もちろん、GMがオリジナルのマップセットを組んでもOKです。

Q.このページはPLが勝手に弄っても良いの?
A.本ページのうち、本校舎の施設詳細の各項目の解説を追記することができます。
 また、部活棟・旧校舎・体育系施設・その他施設へ施設を追加することができます。
 ただし、これらの追記解説や追加施設は、著しく舞台設定に反しているとWMが判断した場合、
 予告の上で修正や削除がWMによって行われる場合があります。

Q.本校舎は施設が多いな……? あれ、「解説者」? 「作成者」じゃなくて?
A.このページにおける卯ノ校本校舎のどこにどんな施設が存在するかは厳密に定義されています。
 言い換えるなら、PLによる本校舎への施設追加は認められていません。

 一方で、存在する施設に対してPL達が新しい解説を付与するのは基本的に自由であるとします。
 解説を書いたPLは解説者の部分に名前を入れてください。WMへの事前事後報告は不要です。
 すでに解説が存在する施設にさらに解説を加えても良いです。
 その場合は解説者の部分にそれまであった名前に加えて自分の名前も入れてください。
 すでに存在している解説は削らないように。内容を変えたい場合はその解説者と相談してください。

 ……自由と言っても、世界設定に基づいた良識の範囲でお願いしますね?
 このあたりを完全にガイドライン化するのは難しいのでWMの主観になりますが、
 あまりにやらかしている解説を見つけた場合は上記の通り修正や削除が行われる可能性があります。

 本校舎以外の、部活棟・旧校舎・体育系施設・その他施設への施設追加は自由です。
 こちらもやはり設定と空気を読みつつお願いします。

Q.んんん? じゃあ載ってない施設をセッションで出す時は一々WMに確認取らないといけないの?
A.そういう訳ではありません。セッション内の卯ノ校の描写は基本的に自由です。
 唐突に特別棟3階に数学教室が沸いても良いし、演出上仕方ないなら突然4階建てになっても構いません。
 あくまで共用設定としての卯ノ校はやや厳密に管理するというだけで、
 GMごとの卯ノ校の描写やイメージは様々でも問題ない、ということです。

Q.施設一覧の関連PCに、そのクラスに所属している設定の自分のPCを入れても良い?
A.暫定的に禁止としておきます。

 というのも、このPCはこのクラスと設定したり、
 同じクラス設定のPCとクラスメイトRPをしたりすること自体は自由なのですが、
 所属PC書き込みによって施設一覧が所属クラス一覧のような機能を備えてしまうと、
 クラス設定やRPに半ば強制力のようなものが働いてしまい、
 PCたちのRPに閉塞感や孤立感が備わってしまう可能性があるからです。

 あくまでクラスRPは選択肢のひとつであり、前提にはしたくないので、
 それを推進する可能性のある記述は舞台設定の公式ページからは排除したい、というのがWMの考えです。

Q.この施設、マップ上で小さすぎじゃない? 機能的にもっと広々としてないと……
A.マップは施設の配置の大まかな目安です。物理的・建築的な整合性はある程度無視しています。
 WMが無知なのもありますが、それ以上にマップマスクでは細かい表現ができないんです。

Q.この施設よりこういう施設があった方がRPはかどるんじゃない?
A.全体設定の改善案などはいつでもお待ちしています。
 ただし、より良い方向に持っていくという意志と表現を備えた具体的なアイデアでお願いします。
 漠然とした否定オンリーは要りません。

Q.地図上には存在する、本校舎空き教室の施設解説欄が無いのはどうして?
A.それぞれの空き教室に特殊な共通設定が付与されることを避けるためです。
 空き教室はGMにとっての完全なフリースペースとして用意したものですからね。

Q.入試の項目の設定雑やない? たとえば編入生に特待制度とかあってしかるべきじゃないの?
A.さすがに野放図には集められていないとでしょうし、
 適正試験や特待制度などもあってしかるべきなんだろうとは考えています。
 ただ、このあたりを厳密に規定するとRPや設定面での面倒が少々増える割に
 それが卓内で有効なパーツとして機能する図が描けなかったので、
 公式設定部分ではざっくり除外して必要な部分だけ簡素にまとめました。

Q.行事に修学旅行が無い!
A.MGMがそういう企画をしたくなった時にいつでもねじ込めるように空けています。
 また、仮にも戦時中だし、そもそも今年は廃止って可能性も十分あるでしょう(まだそうは決め付けないけど)。
 その他の旅行系イベントについても行事表からはとりあえず除外しておきました。



Q.それでも不安だし、分からないこともあるし……
A.WM(@Mate_Casual)にお気軽にご相談ください。



Q.学園のモデルは?
A.やはり山梨県立笛〇高等学校とペルソナ4の八十神高等学校でしょうか。
 施設や学校解説部分はがっこうぐらし!の巡ヶ丘学院高等学校も参考にしました。

 参考資料
 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン プレミアムファンブック』アスキー・メディアワークス著
 『がっこうぐらし!1』海法紀光、千葉サドル著
 『がっこうぐらし!3』海法紀光、千葉サドル著
 『学校建築ルネサンス』上野淳著
 その他、Wikipediaなどの各種ウェブページ

更新履歴

取得中です。