夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

九條栞

九條栞(くじょうしおり/Shiori Kujo)

年齢:18 学年:高等部3年2組 性別:女性 レベル:8 メイン:異能者 サブ:魔道博士 エクストラ:空想術士 追加サブ:聖職者 種族:転生体
参戦回数:17+茶番1回 コミュニティ/部活動:図書委員会 来歴:在学生 身長:145cm 体重:39kg PL名:Raglice(@Raglice)
イメージアイコン:邪神かがみ(ささみさん@がんばらない)
イメージCV:あじ秋刀魚

「影のようなものです。どれだけ追いかけても捕まえることはできず、どこまで逃げても振り切ることはできません」


外見
 切り揃えられたおかっぱ頭、着崩さない制服、常に本を読んでいる、と
 一見地味な文学少女だが実は結構な美少女だったりする。
 密かなファンがいるとかいないとか。


人格
 一に読書二に読書、三四も読書五に読書。はじめに読書ありき。
 とにかく本を常に読んでいる。本でなくとも字が読めればそれで満足。
 知識を得るための読書ではなく読書のための読書。知識は後からついてくる。
 呼吸をするように本を読むのではなく読書をするように息をする。

 そういうわけで読書至上主義だし口数も少ないし何を考えているのかわかりづらいしで
 誤解を受けやすいが決して冷たい人物というわけではない。
 困っている人に助けを求められれば(読書の妨げにならない範囲で)手を差し伸べるし
 話しかけられれば(本を読みながら)会話にも応じる。
 冗談だって言うこともある。真顔で。 「説明書を読んだのよ、というやつです」
 ただ言葉は端折るし黙って行動に移るしで本心が見えづらいだけである。
 ちなみに動物をモフるのが好きらしい。

 これまでしてきたことについて感謝され、自分の意思で戦争に臨むことを決意。
 運命を見届けるか、それとも運命に立ち向かうのか。
 行く末を知るのは予言書のみ。


来歴
 拾われた転生体の子。
 その本質は運命の代弁者にして歴史の観測者である予言書の意思の欠片。
 預言書ではなく予言書。その本は人の手によって書かれたものである
 力を封じられた後、普通の子として九條家に引き取られた。

 歴史は改竄を赦さない。栞が常盤緑へやってきたのもあるいは運命だったのかもしれない。

 最近大切な友達ができたらしい。


+ 旧データ


+ 参加セッション

+ 主な人間関係

PickUp


+ 幕間

+ 栞の魔法

+ 養父母と栞

+ 図書室と栞

+ キッチンと栞

+ 温泉と栞

キャラクター情報

Q:何ができるの?
A:ああ!
 ・道中でのグロリアや運命改竄などでの判定支援
 ・テレパシーや強制転移、異界などによる戦術的優位性の確保
 ・研究成果、免罪符、工房による消耗品調達係
 ・キュア、ディスペルによるデバフ解除
 ・時空追放、聖典術式<守>による行動キャンセル
 ・汝敵わっほい
 ・七難空想特有の 死に芸

Q:その代わり…?
A:ああ!
 ・HPがぶっちぎりに低い、休憩表の1ゾロ妖精で死ねる
 ・攻撃性能皆無、その上欠点<攻撃魔法の行使>
 ・そこそこあるはずのMPがガバガバ減っていく

+ キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。