夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

大道恭介

大道恭介(だいどう きょうすけ/Kyosuke Daidou)

年齢:17 学年/職業:高校3年 性別:男 
レベル:2 メイン:異能者 サブ:学徒 エクストラ:悪魔使い 追加サブ:- 種族:混血
参戦回数:1回 コミュニティ/部活動:なし 来歴:編入 身長:176 体重:72
イメージアイコン:雲雀恭弥(家庭教師ヒットマンREBORN!) イメージCV:諏訪部順一 PL名:ゼットン

「卯ノ花の風紀を乱さないように――俺は視ているからね?」


外見
黒目、黒髪、平均的な身長、体重の青年。
身だしなみ自体は整っており、鋭い目が特徴。
混血だが、外見的には特にこれといって特徴的な要素は見られない。

人格
基本的に自分を中心に物事を考え、思うが侭に行動する。
そのため授業自体を見回りと称して出ない事もしばしば。
ただし自分にとって不利益が大きい物事に対しては協調性を取るなど、ある程度の常識は持ち合わせている。
風紀さえ関わらなければ。

本人は気にしていないが、編入、且つ風紀委員長としての立場から、周囲からは好意的な目で見られてはいない。

一人称は「俺」で、他人を名前で呼ぶ事はあまりない。
名前で呼ぶ時は専ら校則違反を取り締まる際がほとんど。
興味を持たない他人へは厳しいが、興味を見せる者へはサドっ気があるかもしれない。

特に意志のある者、反骨心のある者に対しては。

来歴

学園戦争の噂を聞き、自ら志願。
編入して間もなく風紀委員長の座に着く。
校内で「魔法を使う者」への対処、また編入前の学校でも風紀委員長をしていた経験などを活かして選ばれた。

……と、上記の内容などで上手く言いくるめて風紀委員長の座にのし上がったのが現実である。
ただし校則は全て覚えるなど、風紀に対する姿勢は真剣であったのも事実。

他の委員達はどういう風紀委員長なのかよく分かっていないが、嫌な予感は感じているらしい。

+編入以前について
幼少の頃から「代理ミュンヒハウゼン症候群」により、魔法使いの両親から加虐を受けていた。
服を脱げば火傷の痕や痣が、また内臓も一部摘出していたりと内外共に大きな被害が残っている。
悪魔との契約もこの頃からで抵抗の意志は見せ、抗ってはいるが大人には勝てるはずもなく半ば強引に契約させられた。

学校には通っていたものの、頻繁に通院を繰り返していた。
また医師の診断により激しい運動は控えさせられていた為、体育や行事、イベントなども休みがちになっていた。
そのため、学校での交流はほとんどなく、友達どころか授業についていく事すらままならなかった。

転機は中学校に進学してから。
代理ミュンヒハウゼン症候群の悪化により学校にもロクに通う事が出来ず、入学当初から欠席が目立っていた。
心身共にボロボロになりかけていたが、当時の担任だけは欠席した日にも家を訪れ、一人の生徒として変わらず接してくれていた。
ある日、教諭が訪れた時に玄関で倒れている恭介の姿を発見。
緊急を要していたため、普段両親が訪れている病院ではなく、別の病院に偶然運ばれたところ両親への疑惑が浮上。
市の教育委員会への掛け合い、調査などにより事実が発覚、両親は逮捕され恭介は一命を取り留めた。

風紀に対する敬意、執着はその担任が生徒指導担当であった為。
憧れや尊敬、同時に学園生活に対する感謝など、本人は口には滅多に出さないが恩義を感じている。
ただし中学まで学園生活がままならなかった事、両親の加虐など過去が影を落とし、歪な崇拝に近い状態となっている。

その為、高校での風紀活動についても過度の加虐性が見られるなど危険視もされていた。
本人に自覚はなく、また不必要な手は出さなかったなどもあって結果的には上手く事が進んでいた、というのが風紀活動の実情だった。
当時は悪魔の力を忌み嫌っていたが、風紀の為に行使すると強引に解釈する事で今は多少は受け入れている。


+参加セッション
+第1回 -ヒーローシンドローム-
9/2 梅酒 来須弥生/斯道鋭侍/百瀬詩種/大道恭介/紅掛荷葉
 不埒な輩達の一斉指導。まぁ、どうやら生徒じゃなくて人形の仕業みたいだったけど。
 ただ一部の学生達もついでに指導。
 ロクな事にはならなかったけど、被害はある程度抑えられたはず。

+友人関係
監視対象は多いね。


PickUp

「――気に食わないね。咬み殺してあげるから、続きは地獄で楽しみなよ。」


  • 異能

常人よりも主に精神的にタフで、異能の力で強引に干渉する。
専ら自分に対しての行使が殆どで、他人へは運命を極僅かに弄る程度にしか干渉しない。

  • 学徒

他の学生に比べて身体能力は優れているだろう。
本人は好まないが、死体により風紀が乱れるのも嫌なので、発破をかける事もある。

  • 悪魔使い

アメミットと契約し、魔装を手に障害となるものを薙ぎ払う。
いずれは魂を削り、貪り、己が物とする姿を見るだろう。
またいずれは悪魔と同調する事があるかもしれない。

キャラクター情報

+キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。