夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

統乃カトリーヌ

統乃カトリーヌ(とうの かとりーぬ/Catherine Touno)

年齢:17 学年/職業:高校3年 性別女 誕生日:3月26日 
レベル:9 メイン:魔道士 サブ:魔道博士 エクストラ:伝承術士(ドルイド) 追加サブ:学徒 種族:混血
参戦回数:15回 コミュニティ/部活動:なし 来歴:在校 身長:159 体重:49 
イメージアイコン:メアリ・クラリッサ・クリスティ(漆黒のシャルノス)・メアリー(Ib) イメージCV:今井麻美 PL名:lion



花が、なぜ、さんざ苦労して、なんの役にもたたないトゲをつくるのか

そのわけを知ろうというのが、だいじなことじゃないっていうのかい?




「きらい、よ。この街も。この街の人も」

「でも、最後の最後で嫌だと思っちゃったの。壊されたくない」


技能:「噂の人物」について
このPCは噂の人物【統乃さん家のお嬢さん】と【卯ノ花高校の優等生】の2つの技能を習得します。
同卓の際に目を通していただければと思います。

+ 詳細

外見
薔薇の花を思わせる、華奢だが目立つ印象のある女の子。
長い見事な金髪は母親譲り。
顔立ちは日本の血も感じさせるが、眼の色は青。

しかし戦争開始時の混乱の中で右目を怪我してしまい、片方が金色になった。
視力は変わっていないようだが……?

人格
真面目な優等生で、学校の成績はいつも上位。
先生たちからの信頼も篤く、何かを任されることも多い。

クラスメイトにも優しいが少し堅物なところがあるため、よく注意される人にとっては煙たい存在かもしれない。

大人しく、怖がり。
義務や責任を果たすことに重きをおいているらしく、
戦争という現実に戸惑いながらも学徒隊として街を守ろうと尽力する。

一人称は「私」、二人称は「あなた」
人を呼ぶ時は「(苗字)君・さん」と苗字で呼ぶ。代わりに自分も殆どの相手から苗字で呼ばれる。


+ ...


来歴
父は常磐緑市の現市長。
数年前に亡くなった祖父も元市長であり、常磐緑市の発展を支えた人物である。

家族構成は父と母、そして自分の3人家族。
手伝いに来ている人はいるが住み込みではない。

生まれた時から常磐緑市に住んでいて、見た目こそ異国人だがその人間性は地元民のもの。
学徒隊の前線として参加することには反対したんだが娘は頑として聞かなくて、と市長が零していたという。

+ 母・セシルについて

+ 参加セッション

+ 友人関係

PickUp

「大丈夫。大丈夫、私は大丈夫だから」

「私の力は―――」


  • 魔道
全属性を操る魔道士。(予定)
彼女の魔法陣は薔薇の花を模したものであり、使う属性によってその色を変える。
カトリーヌの名前の由来でもあり、彼女を表すその花が散った瞬間、攻撃魔法が射出される。

  • 伝承術(ドルイド)
母から受け継いだルーンの魔術を駆使して自分や他人の魔術のサポートを行う。
指先にともる小さな光でルーンの文字を記し、その魔力を帯びた光を操ってドルイドの魔法を使用する。
以前は小鳥の姿をとっていたが……?


  • 魔道博士
4月までの期間に基礎だけではなく、更に高度な知識と技術を求めた。
攻撃魔法を何倍にもする術式などを覚えようと勉強中である。

しかし、敵の情報の解析は色の変わった右目の力を使う。
その右目で見ると、不思議と相手のことが視えてくるのだ。

+ 理由

キャラクター情報

+ キャラクターメモ




花はよわいんだ。むじゃきなんだ。できるだけ心配のないようにしてるんだ。

トゲをじぶんたちの、おそろしい武器だと思ってるんだ。


それにあの花、ほんとうに弱いんだもの!

ものも知らないし。世界から身を守るのに、なんの役にも立たない四つのトゲしか持ってないし……。


『いちばんたいせつなことは、目に見えない』


『星の王子さま-Le Petit Prince-』より



更新履歴

取得中です。