夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

山岡秀牙

年齢:22 性別:男性 身長:170cm PL名:レン


+色んな大規模卓終了後
諜報員としての彼が、様々な土地へ踏み入れ様々なことを調査結果として残した。

+麒麟学園
鬼灯での戦いを終えた後に訪れた。どうやらかつてここで神獣を仲間とし、別の神獣との戦いがあったらしい。
……人間と神が手を取り合うというのは、不思議なものだ。
神と人が平等に過ごす世界か。悪くはないな。



+鬼灯
妖怪との戦いを通し、俺達は成長した。戦争を終えて町を離れた者も多く居た。俺もその1人だ。
知り合いの手によって、俺は笑顔を取り戻したが……。色々あったな。
人間と妖怪が本当の意味で手を取り合える日は何時になるのか?



+常盤緑
この地に潜入し、様々なことが分かった。戦争によって、心が荒れた者も当然いるが
終戦によって何かを得た者も少なくはなかった。
その姿はまるで妖怪戦争を終えた俺達のように……いや、やめとこう。調査書としてはふさわしくない内容だ。
くろばとしろたえ。2人の土地神はこの地にどのような影響を与えるのか?
そして平行世界とのこれからの動きも気になる所だ。


+早瀬
かつて第二次世界大戦に存在した早瀬大佐の息子たちについても報告する。
まず早瀬大佐は戦争終了後、争いから逃げるように神社へ引き籠り5羽の梟の土地神仲を深めたそうだ。
そして早瀬大佐へ恨みを買う者によって殺害され、神社を狙う者の手によって5羽の梟は力を失い、神社から引きはがされた。
早瀬大佐の遺言を要約するとこうなる。
『力を失ってなんだ。お前達にはその目があるだろう。しかも5羽もいる。お前達はそれぞれ、我が子達の物語を見届け、俺の言葉の正しさを確かめてみろ』
ゲンと呼ばれる梟は、子は子と思わぬ違法使いの物語を確かめた。コウと呼ばれる梟は、人の繋がりを確かめる強さを知った。
ビャクと呼ばれる梟は、愛を知った。スーと呼ばれる梟は、全てを失った者の物語を知った。
セイと呼ばれる梟は、日常を知った。それ以降、その梟の姿を見た者はいない。


+キゼ
キゼ家は第二次世界大戦後の魔族流入によって流れてきたものだ。
その中のシアン・キゼ=レイドと呼ばれる男は、自身が住む村の村長であり、相方のレイド・レウス=スタックを殺害した。
その殺害に用いられたのは白い毛を持つ魔獣であると知った。
その魔獣には不死の烙印が刻まれているようだが、まだ存在しているのだろうか?


+人工幻獣
prot,α,βの存在が確認されている。
それぞれ自身の能力を異質な方に引きだす効果があるようだ。
使いこなせば強力だ。






+過去ページ

「行くぞ太郎丸!!」


知り合いの刑事に勧められ諜報員になる。
彼のデスワーク能力と諜報員としての能力は目を見張る物だった。
後にどこぞの公務員とタッグを組ことになる予定だったが、結婚してしまった。
ので、究極の警察犬と名乗る謎の幻想種。太郎丸(見た目:NARUTO疾風伝の紅丸)と共に何か今日もブレイブな日々を送る。


+更に過去ページ
姉とに挟まれた山岡家の長男。ただし腹違い。ロリコンだったが、姉の腐談義と妹のブレイブ論で無理矢理治した。
クールで知的(知力2)
契約神は幼い頃に契約した風の神『エエカトル』。エエカトルに頼れば、自身の限界の速度で動くことできる。ただ、制約はあるようだ。
夢はランデル機構に所属することで、作戦遂行を第一に考える。天才型。休日はトレーニングしたりして滅多に遊びに行かない。
力に執着し、何でもズバっと言い切るタイプで、敵を作りやすいが学生時代は更に酷く、また趣味も何もなかった。
学生時代には恩師に大道芸部に所属させられ、そこから関わりの大切さを知る。
その時の大道芸部の部長、流田は現在刑事をやっており、とある天魔を追っていたこともあった。その時秀牙は諜報員のようなことをしていた。
幼少期には妹と同じように笑顔を絶やさず、口調も荒っぽくはあったが明るい性格だったようだ。

誘拐事件の際、秀牙は幼かった。魔法使いではなく誘拐された。
誘拐犯は海賊である父・山岡十四郎の息子だからと秀牙を誘拐し売り払おうと画策した。
しかし様々な属性を扱う魔道士によって救われ、その魔道士に憧れ、そうなりたいと強く思った。

しかし現実は甘くなく、その魔道士や魔法の先生によって魔法の素質こそは見出されたものの、
彼が血反吐を吐くほど努力して習得できたのは浮くことのみ。秀牙は現実と理想の差に酷く苦しんだが
結論として、『強力な刃』を持って本来求めていた『強大な魔法』と同等の力を得ようとした。
尤も彼は魔法を見る度に苦しむようになり、それを表に出さないように感情を抑え込もうとした結果、笑わなくなった。


+薄汚れたもの
彼の固有領域で放つ異界は、小さな物は黒い砂へと変える。
日に日に、その性質は強くなっている……

親は海賊稼業をしていたが、2人は飲食店での事件により『母』は毒殺され、父は『魔法』によって殺されている。
しばらくして腹違いの妹が生まれるも、2人目の父ができていた。秀牙はこの時妹と姉と共に暮らすことになる。
尤もその妹には『今のお父さんが海賊で、大いなる宝を求めている理想の海賊だった』と嘘をついたとか。
しかし大いなる宝の存在は嘘ではなく……?

姉が海外旅行が好き且列車オタで海外まで行って色々連れ回されたことがある。

+知人
クリス・スクアーロ
妹の婿になる自由人。形は些か疑問は覚えるが、一生懸命に生きている姿は好感は持てる。
雪菜のためならば助けてもいい。が、大抵の問題は自分で解決しろ。

地蔵山 龍慈
お前は雪菜のブレイブを知っている。俺のブレイブも知っている。俺はお前のブレイブを知っている。
違法使いを殺さない甘い奴だが、だからこそいい。

犀塚霧
なんつーか先輩的なアレだ。


+山岡家
山岡秀牙の父、山岡十四郎は人間の海賊であり、様々な海賊行為を行っていた。
それは何年にも及び、その過程で2人の女性を孕ませた。1人は人間。彼女には2人孕ませた。
その人間は、海賊行為に積極的に協力する道を選び、相棒となった。
もう1人は狼の幻想種を孕ませた。その幻想種は、山岡十四郎を訴えようとしたが彼に殺された。
これ以降人間の方の女は、秀牙の『母』と名乗るようになる。

ある日、事件が起きる。幼い秀牙と彼の姉と共に海外で食事をとった際、その料理に毒が仕込まれていたらしく
その毒で『母』は死亡、父は毒には気付き飲食店を襲おうとしたが駆け付けた魔法使いによって討たれた。
その死を姉弟は見届け一時的に保護された。

山岡十四郎は生前、ある宝を見つけたかった。それは大いなる宝。
大いなる宝は、どんな願いも叶えてくれる。それは一時的に、それは永遠に――。望むもの次第。
その宝の場所は、誰にも分からない。





鳥フリーズを克服しました



彼には弱点がある。
鳥を見るフリーズする。こうなったら5分間動かなるか、殴るかしないと元に戻らない。
鳥って単語を発すると動きが鈍くなる。逆に大きければ……。

原因は幼き頃に契約仕立ての時のトラウマ。契約したての頃は『早く動けるから』と力を使いまくってた結果、公園で鳩の餌撒きのおっさんが撒いてた餌の上でバテて倒れて
その結果鳩とついでに来た鳥に襲われてトラウマになる。その経験を経て神に呆れられ『戦闘時にのみ使っていいから、代わりに魂差し出せ』って条件をつけられた。
『魔法使いになる上で、戦闘だからといって能力を使いすぎては、あの鳥の時と同じように狩られるのがオチだ』と、あの事件を忘れさせないように鳥を見ると動きが固まるように魔法をかけた。
鳥フリーズは彼の『ウィークポイント』である。

現在、神は『もう二度と使いすぎることはない』と確信しているが、神にフリーズを解く力がなかったため後は秀牙の努力次第だとか。
なお戦闘以外で強引に能力を使えば別の単語でもフリーズさせると釘を刺されている。

結果食べられなかった焼鳥も食べれるようになったし、名前に鳥が入っててもセーフになった。
また、どうしても魔法使いになりたかった理由があるため、ウィークポイントを覆らせるほど強くなろうとしている。
しかしリアルな鳥には勝てない……。

対鳥では鳥では見ないようにするとか。

+初期設定
特命戦隊ゴーバスターズのレッドバスターをイメージして作った。
昔はロリコンだったという。
ちなみに立ち絵は今でこそキバだが前は違った。立ち絵が被ったために。



+裏設定
ゴーバスターズにはリュージというレッドバスターの先輩がいる。
そして秀牙は地蔵山のことをリュージと呼んで、友達である。
凄く、どうでもいい、奇跡的な原作再現である。


+もう一つの未来
そもそも生きてない


+本当の未来
知り合いの刑事に勧められ諜報員になる。
彼のデスワーク能力と諜報員としての能力は目を見張る物だった。
後にどこぞの公務員とタッグを組ことになる――


更新履歴

取得中です。