夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

聖雨 零

聖雨 零 (ひさめ れい)
年齢:18 性別:女 メイン:マグス サブ:探求者 エクストラ:魔弾使い 追加サブ:竜装術士 種族:混血
コミュニティ:十四夜会 身長:161cm PL名:あーせ

「言わなかったか、私の射線を遮るな。」


外見
やや伸ばしっぱなしの金髪に、青と緑を混ぜあわせたような碧眼。
魔族の血が入っているのに赤眼でないのは、平行世界の因子の為。

肌身離さずというほどでは無いが、巨大な銃をよく持っている。
各所に様々な細工が施されていて、通常弾専用の装填箇所があったり、攻撃魔法を弾とする為の専用の構造もある。
また、魔法の発動を補助する術式が刻まれていて、竜装術士の魔法と反応し、赤く輝く。
色々詰め込んだ代償として極めて重く、制御が難しい代物となった。魔弾の弾道すら曲がる。

服装は動きやすいものを着るが、独特の意匠を凝らした服が多い。
これは母の趣味。
また、いわゆる魔女を彷彿とさせる特徴的な黒い帽子をよく被っている。
旅立つ時に両親からのプレゼントとして貰ったもの。これも母の趣味。

人格
興味のあることには積極的、興味の無いものには消極的。
その性格は両親双方から受け継いだものである。
人と話すことが余り無かった為、やや口数が少ない。

笑うことが少なく無愛想にも見えるが、これは魔弾の師である父を真似しているため。
気が緩んだ時には、母親譲りの優しげな笑みを浮かべる。
本人にこれを言うと、弾が飛んでくる。

来歴
算木市出身の混血
人間の父親と、魔族の母親を持つ。
幼少期に魔法の最奥を目指す母によって平行世界の因子を埋め込まれた。
そのため、本来適正のあった異能者ではなく、マグスがメインクラスとなっている。

16歳の時、母親の占星術の結果から旅に出る事を薦められ、家を出る。
両親と時々連絡を取りつつ鬼灯市を訪れ、そこで十四夜会への誘いを受けた。
加入することに関して両親の反対は無く、むしろ推奨されてしまった。
現在は生活費を仕送られながら、鬼灯市内のマンションに一人で暮らしている。

聖雨という苗字は旅立つに際して父が名付けたもの。
本来は魔族名を名乗っていたが、その名のせいで無益な争いが起こる事を憂慮した為。

+ 両親について

+ 参加セッション

+ 交友関係

PickUp

「ターゲット……ロック、目標を破壊する」

魔弾と範囲魔法を使い分ける単体・範囲スイッチ型大火力アタッカー
魔弾は誤射で当てる
隊列 火力 命中 耐久 回避 支援 妨害 行動 便益 燃費 罠探 罠解 探索 情報 識別 鑑定
S A B- C- D B B- D C+ × × × × × ×

更新履歴

取得中です。