夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

林屋こぶ平

林屋三平(はやしやの みさか)

メイン:異能者 サブ:探索者/狩人/マグス エクストラ:契約者 種族:転生体/使徒/超人 
年齢:17 性別:女性 参加回数:17回 身長:191cm 体重:58kg PL名:炙り鮭
性格:献身  キャラコンセプト:”自分”の境界 
イメージ音楽:【Groove Coverage】 holy virgin イメージCV:林家正蔵

「挑むなら万全に。望むなら、万遍に。」


消息
 八重垣ツヅラに辞表を提出。行方不明。
 辞表によると「なろう系異世界ハーレムものに目覚めた幼馴染が誤ってりんかねーしょんなプレイライト劇場に落ちたため」
 意味がわからない。

正体
 本名:林屋三平(はやしやの みさか) 狂人の姉、林屋こぶ平を騙っていた只の少女。


来歴
 京都中央区出身。落語の名家である林屋家の二女。幼馴染に夜鷹滝石丸がいる。
 鬼気あふれる才能を持ち、語る情景や声色、雑踏の音すら表現する”林屋”の落語を
 行えた姉:林屋こぶ平と共に幼き頃より寄席にあがる。

+ 林屋家について

姉妹
 姉:林屋こぶ平はスラヴ神話の黒い悪神チェルノボーグ。妹:林屋三平は白い善神ベロボーグの転生体である。
 姉妹で対立する、いがみ合い怨み合い殺し合う定めの神の元に生まれた。
 姉は神のために己が人生を捧げようと決め初体験を求め、妹は姉を憎まぬために信仰の形態を捻じ曲げた。

+ ベロボーグ

過去
 女子、しかも小学生に満たぬ年齢で老若男女の声を出せること。情景を幻視させる演技力。
 父を超える脅威の才能。未体験に対する狂気ともいえる好奇心。親より見捨てられるには十分だった。

 それでも妹だけは姉を愛し続けた。家を焼く初体験を生家で行ったこと、両親を焼き殺したのが姉であること。
 それらを知っても、妹は姉だけは憎めなかった。

動機
 火災は死傷者14名、住宅3棟全焼、半焼2棟と大きな被害を出す。
 こぶ平が捕まった場合まず間違いなく極刑は避けられない。
 こぶ平は魔法使いではなかったが、力の使い方は違法使いと同等だったのだ。

 だが三平は姉を助けたかった。神の意志に踊らされる姉を助けたかった。まともな人生を送らせたかった。

 自身が林屋こぶ平となることで罪を被り死ぬ、と考え詰めるほどに。

+ 方法

+ 本物の林屋こぶ平

顛末
 自身が林屋こぶ平であることをおおいに主張するため、十四夜会に所属。狂気性と異常性を表現し続けた。

 狂気の演技が姉の狂気には遠く及ばないこと。姉が記憶を取り戻せば破綻する、か細い計画であること。
 全てを分かった上で目を逸らし林屋こぶ平を演じ続けた。

 姉を憎むでもなく、怨むでもなく。愛することで目を晦ます他、少女は親族の死に立ち向かえなかったのだ。
 いっそのこと狂ってしまいたいと思うほどに。 「私は”頭がおかしくなきゃいけない”」

夜会での活動
 死ぬと決めた組織、十四夜会での人とのかかわりは彼女に変化を与えた。
 交流から紡がれる想いは募り、こぶ平として死ぬことを彼女に躊躇わせる。
 狂人としてふるまっていても、自身を気づかってくれる夜会員の存在がとても温かった。

 そんな折、夜鷹滝石丸が林屋こぶ平と林屋三平の存在に気づいてしまう。→『臨終寄席漫談』
 入れ替わりに気付く前に。否、姉に自身がこぶ平と気付かせる前に。
 一刻も早く林屋こぶ平として死ななければ、殺されなければならない。

 言葉通り決死の覚悟で彼女は十四夜会に闘いを挑む。→『林屋こぶ平』

+ 参加セッション

+ 関連セッション








+ 過去ページ

添付ファイル

更新履歴

取得中です。