夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

御剣個人探偵事務所

「いらっしゃいませ、ようこそこんなところへ。本日のご用件は何でしょうか?」


''御剣個人探偵事務所 構成員一覧''
''御剣家の母 兼 所長'' 御剣凶華(みつるぎ きょうか)
''1st 暴走戦車'' 御剣芹菜(みつるぎ せりな)
''2nd 車椅子の魔術師'' 御剣美海(みつるぎ みう)
''3rd 魔導の悪魔'' 御剣デュノア(みつるぎ でゅのあ)
''4th 義眼の諜報員'' 御剣依子(みつるぎ よりこ)
''5th 隻腕の狼兎'' 御剣雪凪(みつるぎ せつな)
''6th 大望の忘れ物'' 御剣海梨(みつるぎ かいり)
''7th 強心の混血児'' 御剣楓(みつるぎ かえで)
事務所のマスコット 稲荷月雲(いなり つくも)
ランデルからの贈り物 鳴海業斗(なるみ ごうと)


事務所について

見た目は和風な一軒家。そこそこ広い土地とそこそこ大きな家に直接事務所を置いている。
別に大々的に看板があるわけではなく、表札の下にひっそりと「御剣個人探偵事務所」とあるだけである。

基本的に御剣家のチャイルドはこの御剣の家か、徒歩1分でたどり着くアパートのどちらかに住んでいる。
別にアパート住みだからといって母屋に部屋がないわけではない。逆もしかり。
チャイルドは別に探偵業しかやっていないわけでもない。学生をしていたり、他に仕事を持っていたりもする。
なので事務所は毎日全員揃っているわけではない。

主に探偵業を扱う。人の捜索や身辺調査から、犬の捜索だったり落し物の捜索なんかもやっている。
基本的にお客さんは地域の人。便利屋としてちょっと有名かも知れない。
裏では魔法使いの力が必要になる仕事を請け負っている。ほとんどは御剣家のお得意からの依頼だが。
最近はたまにそれ以外の場所からも、魔法使いを必要とする仕事を依頼される事があるようだ。


チャイルドについて

チャイルドは皆、何かしらの理由で御剣凶華に引き取られてきている。
理由の大小はあれど、御剣家の誰かに恩がある者が大体である。結束力はとても高い。
また、チャイルドは誰でもというわけではない。凶華が気に入る、御剣家の誰かが凶華に進言する等して凶華に認められた場合のみ入れる。
例外はあるが。

なお凶華の選ぶ基準は「戦闘・探索能力の高さ」と「可愛さ」の2つ。主に後者。
ただし後者だけ、前者だけでは選ばれないことの方が多い。あと別に男性嫌いではない。たまたま男性で条件を満たす相手が居ないのだ、とは本人談。
なお芹菜には「満たすヤツって言ったら優秀な男の子だろうから、そりゃそうそういないよ。」と突っ込まれた模様。


御剣家―詳細

各キャラクターの詳細とか紹介とか。

◆御剣 凶華

御剣家の母。チャイルド達の"親"であり御剣個人探偵事務所の所長でもある。
褐色の肌に綺麗な銀髪をなびかせ、肌と同じ瞳の色で相手を見つめる。
露出の多い服を好み、その結果鎧は体を守る役割を果たせているのか?という微妙なものに。
だがいざ戦闘となると竜装術士としての本領を発揮する。君鎧より肌の方が硬くない?って言われたのが最近のハイライト。

+ 詳細

◆御剣 芹菜

最初のチャイルド。御剣探偵事務所が出来て数ヶ月ほどで保護された。
それ以来、7年の歳月を探偵事務所、というより凶華のためにかけている。
小麦色の髪と青い瞳が可愛らしい、とは凶華談。……なお、身長は男性よりも高い。
最近の悩みはだいぶ増えたチャイルド達に、凶華が悩まされたり苦労していないかという事。
……また、凶華の悪口など凶華関連にとても敏感。凶華を罵倒した依頼人を半殺しにしたとかしなかったとか。

+ 詳細

◆御剣 美海

2人目のチャイルド。両親を違法使いの強盗に殺され、自身も殺されかけたが通りすがった芹菜と凶華に助けられた。
その際に両足を魔術で焼かれ、切断することになる。今は凶華の計らいもあり、最新の義足をつけている。
黒い髪に蜜柑色の瞳を持つ。自分の義足を隠すこと無く、前が大きく開いたドレスを好んで着用する。
これは凶華と芹菜への感謝の気持ちと、自分自身がそれを受け入れている証なのだという。
なお、芹菜にべったり惚れている。芹菜とそこそこ仲の良い(?)デュノアが個人的に嫌い。ガチレズ。

+ 詳細

◆御剣 デュノア


3人目のチャイルド。そこそこの階級の貴族の娘で次女。家が嫌いで飛び出したものの、まともに生活できず魔法使いの依頼に手を出す。
難しい依頼を受け、案の定失敗しかけた所を同じ依頼を受けて現場に現れた芹菜と凶華の二人に助けられる。
以後二人への感謝と名前を捨てる機会に恵まれた、と御剣家へ。直接助けてくれた芹菜には恩返ししなければ、と考えている。
暗い銀色の髪に真っ赤な目を持つ。また瞳からはほのかに光があふれているため、暗闇では真っ赤な瞳が爛々と輝いている。軽くホラー。
なお、御剣家に入った後の依頼で片腕を失う大怪我をしたが、悪魔と契約して生きながらえた。義手は自ら探した匠に作らせたもの。

+ 詳細

◆御剣 依子


4人目のチャイルド。ある事件に巻き込まれて異界に紛れ込んだ一般人。その異界の主である怪異に攻撃され、左目を失った。
その直後、依頼を受けて現場に到着した芹菜とデュノアの二人に助けだされ、病院へと運ばれる。
目を覚ました依子は、あの手この手を使って助けだしてくれた芹菜とデュノアの所在を突き止める。ただ一言お礼を言うために。
が、その諜報能力と精神を凶華に見惚れられスカウトされる。両親からの了解も得て御剣家の一員となった。
今の左目は義眼。最近の悩みは周囲に比べて一人だけ小さい胸。別に巨乳が憎いわけではない、貧乳なのが恥ずかしいだけなのだ。

+ 詳細

◆御剣 雪凪


5人目のチャイルド。白変種の狼。心なき研究者の実験台にされ、片腕を失い興味を失われて放置されていた。
研究所を潰しにきた凶華達に助けられるが、人間は皆敵だと思っていたため凶華に噛み付いた。が、当の凶華に抱擁され、美海や依子の献身的な行動も相まって考えを改める。
凶華への謝罪と美海・依子への感謝の言葉を述べたいと願っていた所、実験の影響もあって変化を会得。晴れて御剣家入りを果たした。
タバコと酒が好き。結構なヘビースモーカー。酒はいくらでも飲めるザル。

+ 詳細

◆御剣 楓


7人目のチャイルド。伝統ある家系に生まれた魔族と人間の混血児。両親は生贄に捧げられそうになった楓をかばって里を逃げた逃亡者。
居場所を察知されたことに気付いて御剣家へ楓を預け、追手を道連れに死亡した。
両親の死を知って死のうとした楓を見て美海が激昂。吐き捨てるように語られた過去を知り、自殺を思いとどまらせる。
その後は後ろ向きながらも少しずつ前へと進みだした。学んでいた力を御剣家で活かすために現在勉強中。
悩みは大きすぎる胸。サイズが合う服がほぼ無いので大体特注である。

+ 詳細

更新履歴

取得中です。