夜会NPC一覧

十四夜会卓のNPC一覧です

◎使用フリーについて
 フリーの欄に◯がついているNPCはどのGMが、どんな役割、キャラ付けで使用しても大丈夫であるとします。
 他のGMに使用して欲しくない場合は、フリーの欄を☓にするか、未記入にしておきましょう。
 フリーでないキャラクターを使用したい場合はNPCを作成した人、またはメインGMまでご連絡ください。

名前 立場 備考 作成者 フリー
+十三家
名前 立場 備考 作成者 フリー
御月陽子 御月家当主 「闇に生きたことを誇りこそすれ、蔑んではなりません」
15歳にして十三家を統べることになった少女
公式
御月遊里 十四夜会顧問 「闇に生きたなら、少なくても日陰者ではあるだろうさ。」
十三家に所属している半人半竜の鬼人。芝居がかった話し方をするボクっ娘。外見は幼女である。
公式
如月顕当 如月家当主 「剣が折れても、己の心まで折ってはならない。」
憑依の如月の代表者、精華門にも繋がりを持つ壮年の武人。
公式
如月弦羽 如月分家 「粋がってんじゃねーぞゴミカスビチクソ豚が!!」
”憑依の如月”の分家筋の女。気性が荒く、気に入らない相手に容赦なく暴言を吐く。
気が立っていない時はそれなりに素直で、否があると認めた時は借りてきた猫のようになる。
メイト
弥生章人 弥生分家の主 「所詮『外』の魔法使いはこの程度ということか。」
弥生の分家の主。十三家の外をよく思っていない。妻・息子・娘は死別したらしい。
lion
ユイ 章人の家のメイド 「私、前からメイド服を着たかったんですよっ!」
章人の家で働くメイドの妖精。仕草が優雅で、メイド服とお喋りが好き。
lion
御月緋色 御月家処理係 「俺の手は"救わずの手"って呼ばれてるんだ。記憶したか?」
特異な手を持つ元十三家の男。追放されたのではなく、自ら失踪、その際は幸運にも発見されることは無かった。
現在は生死不明
梅酒

+十四夜会
名前 立場 備考 作成者 フリー
如月顕礼 十四夜会指揮統括役 「ほ、本当に、本当にそう思う!? いやはや、参ったねこりゃ……」
如月顕当の娘で、十四夜会の指揮統括をする名目上のトップ。
おだてや煽りで簡単に乗せられてしまうのが玉に瑕。
メイト
イェン・ブルカ=ウェーブ 連絡係 「みなさん聞いてください!実は向こうの通りで両肩にごぼうを生やしたロココ調のすね毛が弱点で鳴き声が『ぷぴめきょ!』通り魔が出たらしいんですよ!」
【電波】の超抜能力を持った電波女、年中何かを受信している。
しかしマーキングしてあれば、過去でも特殊な異界でも連絡を取ることが出来る稀有な能力を持っている。
また、実は五カ国語を話せる、かつ高い事務能力を持っている。東大文学部出身の高学歴だったりする。
梅酒

+並行世界
名前 立場 備考 作成者 フリー
ラフォーン アストラル人 「ラフさん、とでも呼んでくれればいいさ」
並行世界のひとつ、アストラルよりガイアに来訪している女性。
遊里からの招き入れで夜会に所属し、 並行世界に関心を寄せる夜会構成員達にアストラルの魔法体系を教えている。。
謙虚に立ち振る舞う実力者。陽気で、三度の飯より酒が好き。
メイト
ミドリ マキナ人 「いやー、ガイアのエンタメは最高ですぅ!」
並行世界のひとつ、マキナよりガイアに来訪している女型の自動人形。
『平和的解決』の象徴として夜会は彼女を手元に置いているようだ。
余計な一言がやけに多いものの、基本的に親切。大の甘党。
メイト

+夕闇通り
+夕闇大通り
+夕闇東通り
名前 立場 備考 作成者 フリー
"怪談屋" 怪談屋店主 「おこしやす、なんが欲しいんどすか?」
怪談屋という小規模な魔法店の店主、本名は知られておらず、ただ"怪談屋"と呼ばれている。
姿は大きな二足歩行の狸だが、日によって女の人だったり男の人だったりする。
梅酒
葵清 『葵堂』店主 「僕のから揚げ、ひとつどう? 揚げ立てだよ」
『葵堂』の店主。穏やかを絵にかいたような人柄で、どんなことにも動じない。
通りの者なら、彼の言葉には誰でも首を縦に振らざるを得ないらしい。
メイト
星倉 源一郎 『星空庵』店主 「…………」
夕闇通りにある老舗の金平糖専門店『星空庵』の店主であり職人。
昔気質で無口で無愛想。頑固な職人ではあるのだが、なんだかんだと情に厚く涙もろい。
また、養子になった小夜を溺愛しており、その点においては見境がない。
あたろう
星倉 小夜 『星空庵』見習い 「……ん!」
天の邪鬼の怪異。星倉源一郎の養子となり、『星空庵』で色々と修行中。
無口で無愛想。
人見知りでなかなか本音を表に出さないが、根っこは非常に素直な子供である。
あたろう

+夕闇西通り
名前 立場 備考 作成者 フリー
武蔵小金井 『ハタラクシア』
店主
「僕の店の目玉料理? 勿論肉料理さ。アブッ!」
喫茶店『ハタラクシア』店主。趣味でロードレースをしている。
自分の筋肉に並大抵でない情熱を抱いている。
ぴゃー
陶拓也 『夕闇釜』店主 「僕の子供の頃からの夢だったんですよね。陶芸屋をやるのって」
『夕闇釜』の店主。脱サラして夕闇通りに店を開き、いつしか有名スポットに。
朗らかだが、最近増えてきた鬼灯市の治安悪化の噂でストレス太りしてしまっている。
メイト
D・アッカ 『炒飯喫茶グゥレイト』
店主
「オレの炒飯色の脳細胞が火を噴くぜっ!!」
炒飯喫茶の店主。その料理の腕は一級品であり、味皇に素で「あ これうまい」といわせたことは有名。
ただ料理するもの触れるものが炒飯と化すので炒飯以外を作ることができない。
ドリンクバー方式。喫煙席完備。全33席。目指せ喫茶店業界ナンバーワン!
炙り鮭


+夕闇南通り
名前 立場 備考 作成者 フリー
猫神たまこ 『ねこねこ亭』
店主
「いらっしゃいませですにゃ!ご注文ですにゃ?うちの人形を見ていきますにゃ?」
甘味処『ねこねこ亭』の看板娘。美人だが末期の人形フェチ。
店に飾っている人形が不気味なせいで客が少ないのが悩み。
みこみこ
入江もなこ 『IREMONYA』店主 「えーっと、それで私は……ダメだ、万策尽きました!」
『IREMONYA』の店主。近頃活気を増してきた夕闇通りにチャンスと見て進出。
経営自体は良好らしいが、上手くいかないことばかりで慌てふためく毎日。
メイト
時之宮時代 『時之宮時計店』店主 「ご注文の品はこちらに。いえ、簡単なことでございます」
『時之宮時計店』の店主にして時計の養父。
かつては大財閥の従者隊で序列3位の地位を得ていた「完璧執事」だった。
壁超えの実力を持つ。
ぴゃー
ラス・フォール=ターナ 『異次元茶店』バイト 「もうだめなんじゃないかな、アレ」
怪異と仲良く海賊をやってた。現在はボロアパートの一室で一人暮らし。
好きな物は大判焼き。夕闇南通りの茶店『異次元茶店』でバイトをしている。
レン

+夕闇北通り
名前 立場 備考 作成者 フリー
銭山金次郎 夕闇商会会長 「金で解決する事柄であるならば、俺はそれを払うことに一片の躊躇いも持たん」
商取個人事務所・夕闇商会の会長を務める非魔法使い。夕闇通り全体の実質的な代表者。
傲慢な拝金主義者だが情け深さを併せ持ち、
夕闇通りの伝統と安全を守るためには努力を惜しまない。
メイト
銭山銀子/
らるじゃん
夕闇商会秘書
アイドル
「お話は承っております。こちらにどうぞ」
「みんなー、らるじゃんのライブに来てくれてありがとぷりっ♪」

銭山金次郎の養子であり、彼の元で秘書として働いている少女。有能で真面目、そしてクイズ好き。
インディーズアイドルの「らるじゃん」としても活動しているが、
その正体が彼女だと知るものは少ない。
メイト
DJ Ken 『壱徳』DJ 「はい、それじゃ皆さんご唱和ください! 3、2、1!」
『壱徳』のDJ。本名、熊谷健。人当たりがよく、出演者のことを第一に考えている。
らるじゃんとは歳の離れた兄妹のような間柄で、そのせいか銭山金次郎からは嫌われているらしい。
メイト
安藤茶々美 『チャチャ屋』店主 「こら、ガキ共は私の店の中で走んなよ!」
『チャチャ屋』の店主。童顔で背も低いが26歳。少し目つきも言葉もきついが、根は優しい性格。
両親を早く亡くしたため、若くして夕闇通りの古い玩具屋を継いでいる。
メイト

+夕闇裏通り
+夕闇裏通り・北東
名前 立場 備考 作成者 フリー
網島定文 『電下龍』店主 「付喪神がどんどん増えていく…」
見た目は町の小さな電気屋みたいな店の店主。
リサイクル品なども取り扱っており、仕事は付喪神にも協力してもらっている。
ゼットン
参式/漆式 『電下龍』の付喪神 「バディ、情報を転送する。」
携帯の付喪神で参式は探索、漆式は分析に特化している。
同型の付喪神が合計で7体いて、そのうちの2体。
ゼットン
『電下龍』の怪異 「市は市なのです。」
カップ麺好きの自称付喪神だったけど実は怪異。
ゴミ山から引き取って住み込むことになった。
ゼットン

+夕闇裏通り・南西
名前 立場 備考 作成者 フリー
潜谷 鳴 調剤師、薬師 「やだー!!超面白い!!」
夕闇通りを拠点に薬剤師をしている幻想種の女性。
通常の薬品の他、魔法薬も取り扱うため宵草、一四夜会とのつながりも適度にある。
相応に実力のある魔法使いであり、スタイルの良い美女だが、なんとも大雑把で自由奔放。
あたろう

+夕闇裏通り・北西
名前 立場 備考 作成者 フリー
川中島剛三 『ナイスガイ』店主 「お残しは許さん…」
血潮を滾らす漢達の店『ナイスガイ』のマスター
デカ盛りが名物だが少しでも残せば犬神家オブジェと化す
桑畑

+夕闇裏通り・南東
名前 立場 備考 作成者 フリー
九十九屋 『九十九屋』店主 「ヒェヒェヒェ…。」
夕闇裏通り東南に居を構える古物商
付喪神にも動じない肝の太さを持った商売人
コマ

+その他夕闇通り関係者
妖狐夫婦コウ&コンマ 神社の妖狐 「コーン。」「おお、コンマや。どうかしたんかな?」
夕闇通りの近くの山の、寂れた神社に住む妖狐の夫婦。
200を越える【幸運びの妖狐】コウと【子狐】コンマが今日も仲良く過ごしている
梅酒
妖狐の式神シキ コウの式神 「おかえりなさいませ、あるじさま」
夕闇通りの近くの山の、寂れた神社に住む妖狐……の、式神
戦闘能力は低いが家事能力が高い、夕闇通りにたまに来て、買い物をしている姿が目撃\\\されている
梅酒
ミサカ 依頼仲介人 「……私は怒っていいのだろうか」
林屋三平(はやしやの みさか)と名乗る依頼仲介人。どのような仲介でも請け負うが基本は夜会に協力的。依頼を頼む一方で、調査も並列して行ってくれるおせっかい焼きな苦労人気質。
隻眼で左足がないため移動には松葉つえや車椅子が必要。どことなく口調が安定していない印象を受ける。
炙り鮭 ×

+その他
名前 立場 備考 作成者 フリー
顕正童子 精華門代表 「ガハハハハ!とりあえず拳で語ろうではないか!!」
精華門のトップ、豪快を絵に書いたような人物。
公式
黒尾硲 闇医者 「気軽に来てくれて構わないよ。治療費は弾んでおくからさ」
鬼灯市内にいくつか拠点を持つ闇医者。
腕は良いが相応の報酬を吹っかけてくる。常に微笑を絶やさない。
メイト
Dr.クロ 魔法医師 「自分の力だけで助かることなんて、出来るわけがないのですよ。」
鬼灯大病院に務める腹黒魔法医師。大量殺戮者を自称している。
梅酒
オニ 鬼灯山の大将 「ギャハハハハハハ!ぶっ殺すぞぉ!!」
殺すぞとか死ねとかが口癖の鬼。昔は泣き虫だった、本来は非常に強力な力を持ってる。鬼殺しという酒を愛飲している。
梅酒
ヤクガミ 鬼灯山の神様 「めんどくさ……」
厄を回収するお仕事をしてる神様。悪い物ならなんでも吸い取って浄化出来る。
梅酒
NPC 電霊 「電士の皆様、エレキソードオンライン-リアルシフト-の世界へようこそ。」
都市伝説として語られている、エレキソードオンラインのヴァーチャルリアリティを管理、運用している者。エレキエリアは彼女(?)によって生成されている。
梅酒
鬼姫 電士 「ちげーって、私がぶん殴るとみんなぶっ飛んじゃうだけなんだよ。」
エレキエリアで最強の電士として知られている危険人物、レズビアンでセクハラ魔。本名は鬼ヶ島桜花
梅酒
黒木 邪神の化身 「メタな話をすると所持金は気にせずに遊んでくれと言うことです。」
褐色の肌をした、長身痩躯の男。
常に敬語で喋るが、何者にも敬意を抱いてないのは態度で明白である。
暇を持て余している這い寄る混沌の化身の一つ。変幻自在にして神出鬼没。
あたろう
ティー 邪神の姫 「また、お会いしましょう」
クトゥルフの娘、クティーラの分霊。
人間社会で過ごすために力を削ぎ落とした分霊であるので、
クトゥルフ神話での神性は殆ど存在せず、ほぼ無害な幻想種のようなものと化している。
大人しく、穏和。ちょっと世間知らず。
あたろう
ゴミ山の付喪神達 ゴミ山の付喪神 「(多すぎて何言ってるか分からない)」
ガラクタの山の付喪神達。
沢山いる。とにかく多い。サイズも性格もピンからキリまで。
比較的友好なモノが多いが、仲間を傷つけたりするなら容赦なく襲いかかる。
主には鍵妖付(鍵)、蛸葵付(タコ?)、時魔付(時計)、冷我付(冷蔵庫)など。
ゼットン
エリザベート・ヴィクター ヴィクター家当主 「余計な騒動は起こさせはしない」
ブラント財閥所属の魔法使い。現ヴィクター家当主でウェストの妻でもある。
ただでさえ十三家から快く思われていない本来部外者である立場のウェストが騒動を起こす度に謝罪に回っているらしい。
監視の意味も込めて夕闇通り郊外に拠点を構えている。
もいもい

+敵対
名前 立場 備考 作成者 フリー
釣瓶落とし 百鬼夜行 「えーと、今どきはおっはーって挨拶するんだっけ?」
とぼけたようなことを言う怪異、人を脅かすが殺さないと言い張っている。『百鬼夜行』の一員
梅酒
ボツリヌス一家 違法使い 「今度は真面目にコツコツ悪事をするぞ!」「「「へい!兄貴!」」」
せこい悪事ばかりする違法使い集団。脱獄と逃走の名人で、捕まえても捕まえても脱走する
桑畑
小邪鬼 性悪怪異 「ぎゃはははははは!!バーカバーカ!!」
夕闇通り周辺を拠点に、密かに暴れ回っていた小鬼軍団の親玉。成敗されて、今はちょっと大人しい。
小賢しく、舌が回り、そして強いものに弱く、弱いものに強い。典型的な小悪党。
あたろう