夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

リューナイト

年齢:15  性別:男性  レベル:6  初期メインクラス:聖職者 サブ:魔道博士 種族:魔族

参戦回数:6回 コミュニティ:アンダーグラウンド 身長:165cm 体重:64kg PL名:飛鳥



「知識はあれど実戦が足りず、ってね。怪我をしたらどうぞどうぞ俺の診療所へ格安とは言わないけど治して上げるからさ。」



概要


 元貴族。元々は治療・医療で有名な名家であり、貴族だったのだが。とある重大な治療を失敗してしまう。
 その時から治療と医療の家といえば……と言われたのも名家は過去の栄光。爵位も没収され、没落してしまった。
 リューナイトはその家の一人息子、物心が付く前からアンダーグラウンドに棄てられ、残されたのは自らの境遇を綴られた紙と少しばかりの資産であった。幸いにしてならず者に拾われず、拾ったのは住んでいた地域でも有名な医者であった。これは……と思い、拾い、育て上げ。そしてリューナイトが15の夏の夜、育ての親は天寿を全うし死んでしまった。それからは彼女の変わりにと学んできた医学と何故か使えた医療の魔法を使い、地域の地上の医者へなんてお金がなくいけない者達の味方として今日も明日も働くのであった。
 リューナイト本人には貴族であった、なんて記憶もなく、彼女が死んでしまってしばらくしてから遺書にかかれていた言葉と、その言葉通りの場 所にあった自分の境遇を綴られた紙により初めて知ったものであり、本人としても爵位に興味なんていうものはない。
 ただ、興味も関心も何もかもが無いのはリューナイト自身の話。……彼の行く先に幸があらんことを。
 因みに、リューナイトとは偽名である。育ての親である彼女が命名をした。

 基本的には善良な人物、ただしアンダーグラウンドで善良派である、と言うのを忘れてはいけない。
 格安と言っても良いほどの値段で医療行為を引き受ける。まぁ、スラムで格安は表よりちょっと高い程度だが……。
 場合によっては無料で引き受けたり、原価ギリギリで受けるあたり育て親から代々引き継ぐ甘さのであろう。
 自身も医療や治療に携われる事は楽しい、と感じているので特に苦ではないというのもあるのだろう。



 放課後の道化師―連続殺人事件―の事件終わってしばらくした後、妙な神様に会ったらしく、曰く「この本でももってなさい、役に立つから」と本を押し付けられていらい、その神との交流が続く。
 スキルを教わったりなどの交流などもしているようであり、関係は良好。家で養っているとかなんとかかんとか。


 ――――最近、アンダーグラウンドでの立ち位置が危うい人物でもある。
 自分の価値にも気がつかず、育て親が上手く立ち回っていた医療所を15歳の子供が上手くたちまわせるわけもなく。
 一番危険な点は本人にはその様な危機感は一切無く、格安(アンダーグラウンドの平均からして)で受けて居たらそれは当然顰蹙を買う。
 悲劇なのかはたまた予測されていた喜劇なのか、その事件が起きるときは遅くは無い。
 まだ15歳の少年、人生も悟っておらず成長の幅もたくさんある。だが社会は成長を待ってはくれない。
 無事やり過ごし成長の糧とできるのか、それとも社会の闇に消されるのか。
 それは誰も知らない物語である―――

コネクション・友人関係

 コネクションで大きなものといえば魔王:フルメと護国市の土着神様である“天護国命”様との交流である。
 フルメの方は相手も魔王であり暇でもないため気軽に連絡は取れないが、顔はきっと利くんじゃないかなぁ……程度でしかない。
 一方、天護国命様はとある事件以来から妙に気に入られているようであり連絡等は取り合っている仲であるようだ。
 遊びに行ったり遊びに来られたりという目撃情報もあるが、定かではない。

 マリー・クーベルタンとは顔見知り程度、何度かノイズを通して依頼を受けたり仕事に対するヒントを貰ったりすることがある程度の仲である。顔が利く程度であり、プライベートでの関係など一切無い。


 一応ではあるが、鍵盤亭の店主との仲は悪くないようだ。(店主コネ所持)
 仕事を探しにがてら訪れ仕事が無い時は鍵盤亭の仕事を手伝ったり手伝わなかったり?←ココはガリさんの判断で削除される可能性も



PickUp

 彼の売りは医術でもあるが、学ぶことと本を読むのが好きであり医学書以外にも本を乱雑に読み漁り身の糧としている。
 その結果エネミーについての知識やアイテムに対する知識が豊富である。(アナライズ・アイデンティファイ・ワイズマン所持)

 医術の中でも最近養っている神から押し付けられている聖典と組み合わせて発揮される聖典術式<命>が彼の代名詞でも有る。
 その効力は本がある限りという限定ではあるが、死に瀕しているヒトを完全蘇生させると言う効力である。
 この術式の効果は天護国命、魔王フルメなどがピンチの時にも遺憾なく発揮し天護国命には失われた両腕をくっ付ける事に成功し、満身創痍で死に瀕していた魔王フルメには完全復活が出来る程に回復させたと言う実績がある。

更新履歴

取得中です。