夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

宝蔵寺朱鷺

「……終わったの? あれ。……ああ、そう……
……どうせ終わるなら、もっと早くに終わっときなさいよね、まったく……」


朱鷺(とき/Toki)

クラス:大魔道士/死霊術士/ほか 種族:転生体 性別:女性 身長:166cm 体重:48kg
イメージアイコン:黒沼爽子(君に届け) イメージCV:藤村歩 イメージカラー:
所属:夜明け2014卓/学園卓Mk-2 PL:メイト

「絶対って決め付けてた価値観や事象なんて、ある日簡単に崩れるものよ。
それはいつだって避けようがないから……そういうこともある、って腹だけは括っておきなさい」


外見
 長い前髪をともなったロングの黒髪と青白い肌という幽霊のような出で立ちの女。
 髪の奥で爛々と輝く銀色の瞳は、どこか物憂げに遠くを見つめていることが多い。
 右腕に長い数珠を巻きつけており、それを中心に霊たちがさまよっていることも。

人格
 マイナス思考の厭世主義者。口をついて出るのは批判と嫌味ばかり。
 基本的に人間不信で、自分にとって親しみ深い霊たちを第一に信頼している。
 根は善人だが善意に慣れておらず、旅先で感謝などされればそそくさと逃げ去る。

来歴
 朱鷺はオリュンポス十二神が一柱、ヘルメスの転生体である。

 かつては転生体自覚が存在せず、親と遺伝的繋がりが存在しないことを知った彼女は
 故郷を離れて様々な経験と出会いを積む過程で、ついには自らが転生体だと自覚した。

 長い苦悩の末、宝蔵寺朱鷺は両親に真実を告げて世界を巡る決断をする。
 転生体としての使命を選んだことも理由のひとつだが、
 より彼女の心を動かしたのは、この世界のすべてを視たいという純粋な欲求だった。

 個人という立場を切り捨てた朱鷺の、決して終わることのない道程はこれからも続く。
 もしも世界のどこかで彼女と出会うことがあるとするならば、
 彼女の生まれ育った地である恐山か、高校時代についての話題を振ると良いだろう。
 過剰な警戒心はたちまち解かれ、寂しくも穏やかな笑みを浮かべてくれるはずだ。
 それらの思い出は、彼女が人間だった時の大切な記憶そのものなのだから。

能力

属性 風・秩序・中庸
起源 警鐘

 朱鷺は、死霊と風魔法を操る魔道士だ。
 不気味な怨恨と爽やかな風が混ざり合う様は奇妙で不可解だが、
 多くの敵対者はそれに疑問を抱く前に圧倒的な一撃の元に葬り去られるだろう。





+ 過去ページ

更新履歴

取得中です。