夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+...
夜明け・ガリ卓
+...
夜明けはきの卓
+...
夜明け飛鳥卓/神楽坂学園卓
+...
夜明け2014卓/学園卓Mk-2
+...
夜明けぼっち卓/妖怪通り卓
+...
夜明け梅酒卓/新世界卓
+...
黄昏の門
+...
学園卓V3
+...
夜明け2015卓/学園卓V3
夜明け2015卓/十四夜会卓
+...
夜明け2015卓/学園戦争卓
+...
夜明け2016卓/悪徳の街
+...
夜明け2016卓/水の都
+...
夜明け2016卓/空島
+...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

アイリャ=マニュ=マニュ

年齢:16 性別:両性具有 種族:転生体
メイン:聖職者
サブ:死霊術師
コミュニティ:バリエル探求会 身長:162cm 体重:56kg PL名:はきの
スリーサイズ:109/66/98

「オマエ、強いな! ワタシの婿になるカ?」


スキル一覧 Lv
メジャー 呪殺 1
メジャー ディスペル 1
リアクション 恨み返し 1
リアクション グロリア 1
セットアップ スロウ 1
セットアップ 魂の通貨 1
セットアップ 霊団憑依 2
ダメロ後 プロテクション【増幅】 4
ダメロ後 フィールドプロテクション 1
味方戦闘不能時 ポゼッション 1




セッションに参加するまで

南アメリカ大陸に住むマニュ族の巫女。
マニュ族一番の美貌を持ち、年若いためまだ実力は低めだが、才能も折り紙つき。

ある時マニュ族独自の魔法を研究しに来たバリエルの研究者と知り合い、外の世界には実力者がゴロゴロいることを知る。
魅力=戦力、精力であるマニュ族にとって、未知の強さを持った血を取り入れることは魅力的であった。
そのため、外の世界で婿探しと嫁探しのため、アイリャが一族の期待を背負い、外の世界の学園へと通うこととなる。

強さは強いに越したことはないが、あまり年嵩でも今度は精力や寿命が不安である。
そのため、アイリャに課された使命は「才能がある年若い婿、嫁を探す事」であった。

アイリャはその目的のため、才能を見るのは実戦を見るのが一番だと考え、
生徒会の手伝いをすることを決める。

レベルが1上がるごとに胸が1cm大きくなります。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

概要

南アメリカ大陸の辺境に居を構えている少数部族。
様々な伝統・風習を残しており、その中には独自に進化した魔法を用いている物もある。

身体的特徴

部族全体の特徴としては、両性具有の者が多いこと、容姿端麗な者が多いこと、乳房が非常に発育していることがある。

両性具有の者の割合は外の世界では考えられないほど多く、全体のおおよそ1割がそれに当たる。
部族の中では「巫女」と呼ばれ、神に仕え、精霊術や死霊術、魔法などを扱い、怪我人や病人の治療を担当している。
これら巫女のほとんどは男性機能・女性機能の両方が正常に機能しており、少数部族の人口の維持に役だっている物と考えられる。
マニュ族が信望する神も両性具有の姿をしており、また両性具有の者に転生体が非常に多いことから、
マニュ族の神が自身の力を増すために、信者へと干渉し、両性具有にしているものと考えられる。

また、容姿端麗な者が多いこともマニュ族の神が関わっているのではないか、と推測出来る。
マニュ族の中でも巫女は飛び抜けて美しい容姿を備えており、その肉体はまさに天上の物と言い表す他が無い。
恐らくは、
マニュ族の神が転生体を作る時に類まれなる美貌を与える

転生体がマニュ族の中で婿と嫁を娶り、子供を作る

その美貌が子供に遺伝する
というサイクルが長期間に渡って繰り返され、部族全体が磨き上げられていったのだろう。

乳房の発育に関してはよくわかっていない。
マニュ族の女性・巫女の乳房は平均サイズでも110cmという圧巻のサイズを誇り、これは近隣の地域に住む他の部族にはまったく見られない特徴である。
(両性具有の増加、端麗な容姿は、過去にマニュ族の人間が外部に嫁いだのか、多少の傾向は見られる)
また、マニュ族の神も、神像を見る限りマニュ族ほどの巨乳を備えてはいないようである。
つまり、この巨大な乳房に関しては上位存在の干渉も、土地から受けた影響も見られない、ということである。
マニュ族の普段の食事なども提供して貰ったが、発育の原因どころか、この栄養状態ではこれほどに乳房が成長するはずがない、という結論が得られる始末。
研究者の間では「伝統的な風習のどれかに、乳房を発育させる魔法が用いられているのではないか?」という仮説が建てられているが、
マニュ族の風習のほとんどは秘匿されている物であるため、これまでの調査ではその概要すら明らかになっていない。

風習・儀式

そんな秘匿性の高いマニュ族の風習にも、一つだけ外部の人間も見ることが出来る物がある。
成人の儀式である。

マニュ族の成人の儀式は、他の部族にも度々見られる、「モンスターの討伐」がメインである。
15になったマニュ族の子供は複数人でパーティーを組み、槍と弓を用いて近場のモンスターを狩る。
もちろんモンスターとは言っても、成人の儀式で狙われるのは比較的弱くて動きも鈍いモンスターである。
しかし15になったばかりの子供たちには強敵であり、返り討ちにされて重傷を負う者も珍しくはない。
成人の儀の決まり事としてベテランの巫女が同行するため、死ぬ事だけはめったにないが。

また、このモンスター討伐は少人数で狩るほど名誉であるとされ、
魔法を使える子や巫女の子などは1人で複数匹を狩ってくることもある。

夜、モンスター討伐を終えた子らを迎え、狩ってきたモンスターの肉で盛大な宴会が開かれる。
この宴会は人が多ければ多いほど良いとされ、外部の者の参加も歓迎されるどころか、近隣の部族から大量に人を招いて開かれる。
(これは筆者の私見ではあるが、人を大量に招く理由は外から嫁や婿を取るきっかけとするためではないだろうか)
宴会は夜遅くまで続けられるが、主役である新成人は途中で退場し、集落の奥にある神殿へと招かれる。
そこでマニュ族の神と巫女による洗礼が授けられるらしいが、神聖な儀式であるからと流石に見学も、内容の詳細を知ることも出来なかった。

このようなモンスターの討伐を成人とする習慣はこの地域では珍しくない物だが、
その他の風習がまったく公開されていないことは非常に珍しい。


研究団はあと3日ほどで本国に帰還するが、私はこのままマニュ族の集落に滞在し、調査を続けるつもりである。
調査結果が貯まり次第、この手記にそれらをまとめることとする。

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

集落の規模
マニュ族の集落は、他の部族に比べて大規模である。
その代わり、一つしか集落を持たず、他の土地に新たな集落を作る、という発想もない。
大きな川もないのに、凡そ1500~2000人ほどの人口が農耕をメインにして定住出来るのは何故かと不思議に思い調査をしてみると、
どうやらここでもマニュ族の神の力が影響しているようだ。

マニュ族の神は豊穣の神の面が強いらしく、集落の中心にある神殿を中心に、広範囲に渡って植物の成長活性などが見受けられる。
連作障害なども緩和しているようで、ここ数十年は不作すらも起こっていないそうだ。

信者の少ない神がこれほどの神通力を恒常的に発揮している例は世界でも殆ど無い。
どうやら、神殿に安置されている神像がこの効果の源らしいが……やはり部外者である私には見ることすら許されなかった。

婚姻形態
マニュ族は変則的な一夫一妻制を採用している。
というのも、巫女が1人の夫と1人の妻を娶り、巫女に娶られなかった残りの男女は集団結婚とも言うべき形を取っていた。

一夫一妻一巫女制とでも言うべきだろうか、巫女と結婚した男女は、3人で家族の単位を取り、子を育てる。
巫女の子は成人するまでは、このまま3人の親の元で育てられるようだ。
家屋も家族ごとに建築され、親の人数以外は通常の一夫一妻制と大きな違いはない。

それに対して巫女と結婚しなかった男女は、集落の中にいくつかある大きな家屋で寝起きしている。
どこの家屋に住むかは完全に自由であり、年齢や地位どころか、性別もごちゃまぜになっているものがほとんどである。
これらの家屋でに住む男女から生まれた子供は、集落全体の子供として育てられる。
乳幼児に与えられる母乳も産んだ者だけが与えるのではなく、その時母乳が出ている者がお腹をすかせた子に与える、という姿がよく見られた。

地位・職業
マニュ族には、人と人の地位の差というものはない。
それぞれに合った職業を成人の時に与えられ、一生をその職で過ごす。
人の上に立つのは神だけであり、仕事の内容により人の優劣は決まらない、という観念が根付いているようだ。

マニュ族にある職業は主に4つである。

一つは【巫女】。
神に仕え、神殿に務め、また部族全体の事を調整する役割である。
両性具有の者は出自にかかわらず必ずこの職業に就く。
マニュ族では、両性具有とはすなわち神の転生体であるからだ。

一つは【農民】。
畑を耕し、水を汲み、食料を管理する役割である。
最も数の多い職業で、特に適正のいらない職でもある。
他の職業に合わなかった者がこの職業に就くことが多く、若い者の間ではあまり人気がないようだ。

一つは【戦士】。
集落を襲う外敵から一族を守る役割である。
若い者には最も人気で、戦士を目指して訓練を積む子どもたちも多い。
成人の儀式の際に優秀な成績を収めるとこの職に就くことが出来、生来の魔法使いなどが多い。

最後に【職人】。
生活に使う様々な道具を作り出す役割である。
仕事内容が多岐に渡るため、同じ職人でもまったく違う仕事をしていることも珍しくない。
器用な子がこの職業に就く事が多く、成人前から職人を目指してベテランの職人へと弟子入りする習慣もあるようだ。


研究団が帰った後も私はこの集落に残り、聞き取り調査を続けている。
マニュ族の巫女の許可もとり、集落の隅っこに簡易的なテントを設置させて貰っている。

マニュ族で使われている【マニュ語】は独特の文法を用いているが、単語の翻訳はほぼ終わったため、ここから調査の効率は上がっていくはずだ。
引き続き、調査の結果をこの手記にまとめることとする。


セッションによって生えた設定





対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
貰った好意
セッション日付 対象 きっかけ
1/3 21:00~ 柊雪華 休憩表「作戦会議」にて、強い婿と嫁を探すにはどうしたらいいのかを相談
1/3 21:00~ 結城定敬 アフタープレイにて、プロテクションを評価され好意取得

貰った敵意
セッション日付 対象 きっかけ

与えた好意
セッション日付 対象 きっかけ
1/3 21:00~ 柊雪華 休憩表「作戦会議」にて、強い婿と嫁を探すにはどうしたらいいのかを相談
1/3 21:00~ 立花与一 休憩表「緊急避難」にて、死霊の群れを察知してもらい、被害を避けることが出来た
1/3 21:00~ 結城定敬 アフタープレイにて、ヒールを貰ったので好意取得
1/9 21:00~ 宿曜千里 休憩表「温かな言葉」にて、好意取得

与えた敵意
セッション日付 対象 きっかけ


参加セッションメモ

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

日付 GM メンバー 概要
1/3 21:00~ ピャー 結城定敬露木綾立花与一柊雪華 エレベーターに出没する怨霊を退治しろ!!
1/9 21:00~ メイト マ・オウ=エンゲージ闇野トオル石丸雷吾宿曜千里 学園の風紀の乱れを正せ!!


更新履歴

取得中です。