夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

学園2・ハウスルール・ログ

サポートは終了しています。シーンを作るも卓を作るもご自由にどうぞ。

学園卓Mk-Ⅱの設定について

学園卓Mk-Ⅱでは夜明けの時代で学園モノで遊ぶと同時に
全力で子どもたちが主人公になるようちょちょいと設定を弄りつつ、
TRPGでありながらPBWっぽさを調味料として仕込んだハウスルールになります。
とはいえいつもの夜明けと感覚はそう違わないと思います。タブンネ。

注:ルールブックは夜明けの時代 を使います

参加は自由、許可なんて取らなくていい やれ
PC一覧にこっそり登録しておくだけの簡単なお仕事です

ガリえもんのどとんとふ鯖(新)
ガリえもんのどとんとふ鯖(旧)
※現在新鯖が安定しないため旧鯖を使用しています


好意・敵意の上限について

あいつはもう消した!!

舞台


九頭竜市

関東に在る街。上原市から遠く港に面しており、それなりに発展しています。
遥か昔、別世界への次元跳躍が起こる前に遠い世界から降り立った神格が眠ると言われています。
この他にも神格に纏わる伝説が数多く残り、歴史研究会や民俗学を志す者、俗なオカルトマニアの間では有名です。
一般の魔法使いが集まる場所としては「喫茶エンディミオン」が知られていますが、
多くは後述の学園が利用されているようです。そのほか中華街と

音連坂学園

私立の学園で、「おとづれざか」と読みます。
九頭竜市に伝わる伝説に呼応するかのように、近代になってから増えた幻想種や
異界の問題に対応するため、エイセル魔法学院の援助もあって数年前に設立されました。
現地で活動する魔法使いの養成機関であり、小中高一貫、幼稚園・大学の併設と土地柄との
剥離甚だしい規模を誇りますが生徒数の数は魔法学院に存外引けを取りません。
この事を地域活性の手立てと捉える人もいれば、過剰として魔法使いの基地化と批判する声もあります。

学園について

簡単に箇条書き
  • 武器については学内に専用ロッカーが存在します。
  • 外に持ち出すときなどには、学生証の中に粒子化してしまうことの出来る学園側の技術を使います。
  • 指定の制服はありますが、基本的に服装は自由とされています。
  • 給食制度は幼稚園のみで各キャンパスに購買と学生食堂があります。弁当の持参も可。
  • 学生寮も存在します。
  • 教職員は意外と魔法使いの数は多くはありません。後代の育成の為に生徒に仕事を斡旋する事が殆どです。しかし万一の為に他の機関と連絡を取り合い、教職員が出動することもあり得ます。
  • 高校の留年は3年まで。
  • 1学年につきA~Hまで。小等部はA~Fまで。中等部以上は東棟と西棟に分かれている。


生徒会・異常探知士について

教職員のサポートはあるものの、基本的に学内でPC達へ依頼(シナリオ)参加の募集をかける役目を負います。
彼らは「異常探知士」というこの卓オリジナルかつ独自のクラスを持ち、その希少な力を以って
魔法や異界に関わる事件を探知することが出来ます。場合によっては予知に近い事も可能です。
探知士は戦闘能力を持たず、全国的に見てもその数は多くありません。学園では全員が生徒会に所属します。
また、探知士の力は完璧ではないため正確に何が起こっているのか、あるいは起きるのかをを探知出来るとは限りません。

彼らの力は基本的に能動的に力を発揮するものではなく、
予知夢や天恵のように受動的に異常を探知する力です。

※例A 一般生徒が悪夢にうなされ目覚めない。魔法的な関与を探知したため原因の調査をお願いしたい。
※例B 巷を騒がす連続殺人事件に魔法的な関与を探知した。犯人は違法使いと思われるため調査をお願いしたい。
※例C ホテルが一瞬で大火事になる未来を予知した。魔法的関与を探知したため調査し事件を未然に防いで欲しい。

PCの扱い

音連坂学園に通う生徒としてPCを作製して下さい。設定として幼稚園~大学までありますが、
PCは小学校~高校生とさせて頂きます。また設定上部活動の部長、生徒会役員としての設定は使用できません。
ここまで色々書いてますがこまけぇこたぁいいんだよの精神でキャラメするときっと気が楽です。
メインGMも難しいことまで考えてません。

コミュニティについて

基本的にルルブ標準のコミュニティを使用して下さい。シナリオ参加上の格差に対応するための措置です。

コミュニティとは別に部活動への加入が義務付けられています。何らかの部活動、同好会に加入して下さい。
部活動の場合、部長になることは出来ません。(NPCが部長として扱います)

CL制限ついて

CL上限は13です。人数の増加や各人の成長によって変動します。
上級クラス取得は2つまで可能となっております。
ただし2つ目の上級クラスはレベルを上げることは出来ません(取得したスキルのSLを上げることは可能)

これに伴い、現時点でCLを10まで成長させ、合計1000点になるように追加経験点を取得して下さい。
更に追加所持金80万を追加して下さい。
(※例 CL9で所持経験900の場合、900+90(成長分)+10(追加点)となります)

例外としてCL7~8で参加回数6回以下の人はさらに経験点70、所持金100万を追加して下さい。
(この経験点は自由に使えます)


GMはこの処理が行われているかどうか、セッションの参加者決定時に確認するようにお願いします。
処理されていない場合はセッション開始までに処理する用にしてください。(スキルの習得も絡むため)

新規参加・2ndキャラ作成成長について


新規キャラはメインクラスのCLが10となります。
使用済みの所持経験点に成長に使用した分を追記しておいて下さい。
また新規参加者の場合は追加で自由に使用出来る(メインクラス成長を除く)経験点を450点、所持金を200万得ます。

2ndキャラの場合は追加の自由経験点は400点、所持金は160万となります。
2ndキャラは1stキャラと経験点・所持金を共有する事はできません。


この使用はCLキャップ開放ごとに更新されます。

追加ハウスルール

追加サブクラス制限

Lv5まで1つ。そこからLv3ごとに1つ枠が解放される。(最大3つ)(Lv8で2つめ、Lv11で3つめ)
初期サブクラスと併せて、最大4つのサブクラスが持てることとなる。

更新履歴

取得中です。