戦国礼装

●作成手順:礼装効果の決定
 作成者専用の効果として、礼装効果を以下の一覧から決定する。
 礼装効果は原則として、1シナリオに1回しか使用できない。

 ■堕ちた誇り
 攻撃と同時に使用する。
 その攻撃で与えるダメージに+[【ML】×2+8]点する。
 この効果の使用時、コストとして【LP】を1点消費する。
 目的のためならば、手段を選ばないという意思を具現化したもの。

 ■デモンベイン
 セットアップで使用する。
 視界内の任意のキャラクター1体を指定する。
 そのラウンド中、あなたが指定した対象に与えるダメージに+【ML+5】点する。
 このダメージは、他のスキルによるダメージ計算が終わった後、実ダメージの計算前に加算する。
 討つべき敵を倒すという意思を具現化したもの。

 ■運命支配
 自身が行う判定の直前に使用する。
 その判定を強制的に自動成功にする。
 運命を自ら切り開き、支配する意思を具現化したもの。

 ■我が王道
 メジャーアクションで使用する。
 自身の【ML】に+10する。
 どんな苦難も乗り越える意思を具現化したもの。

 ■この身を盾に
 ダメージロールの直後にスキルとして使用する。
 行われた攻撃のダメージを、全て自分に集める。
 ダメージ算出は[カバー]と同様の処理を、人数倍して行う。
 その結果、自身の【HP】が0になった場合、ラウンド中戦闘不能を解除できない。
 自己犠牲の精神を具現化したもの。
※同タイミングでスキル使用不可に変更

 ■命の鎖
 セットアップで使用する。
 【HP】を回復するスキルの効果に+【ML+10】点する。
 この効果は2ラウンドの間持続する。
 命を繋ぎ留める意思を具現化したもの。

 ■泥の中の金貨
 使用禁止。

 ■英雄伝説
 ダメージロールの直後に使用する。
 そのダメージをあなたの【ML+5】点の範囲で増減する。
 その後、増減した値と同じ数値の【HP】を失う。
 この効果のみ、1シナリオに2回まで使用出来る。
 華々しい活躍を望む意思を具現化したもの。

 ■護法聖人
 攻撃が宣言された時に使用する。
 そのプロセス中に行われる攻撃のダメージを【ML+10】点減少する。
 人を守護する信心を具現化したもの。

 ■死中生還  
 HPが0になった時に使用する。
 HPを1に変更し、[戦闘不能]にならない。
 どんな手を使ってでも生き延びる願望を具現化したもの。

 ■蜘蛛の糸
 自身以外の対象が[戦闘不能]になった時に使用する。
 対象の[戦闘不能]を解除し、HPを1回復させる。
 希望を与える意思を具現化したもの。