戦国世界観


戦国劇場について


劇場の歴史

この劇場は戦国時代を模した劇場になっています。
長い間運営されている劇場で、今まで幾度も大きな戦が起こっています。
また、世界も一度だけ統一されたことがありますが、革命や反乱により現在のように複数の国に分裂してしまっています。

召喚について

この劇場には、開始当初から「召喚」という技法が広く使われています。
召喚とは他の世界から人物を喚び、戦力や労働力とするものです。
この技法は基本的に相手の了解を取らなければ呼ぶことが出来ません。
召喚は時系列を無視するので、古代の人物を呼ぶことも可能です。ただし、未来から呼ぶことは出来ません。

また、召喚技法は改造が容易で、相手の力が減じる代わりに了解なしで召喚出来る技法や、多大な魔力を注ぎ込むことで力を増した状態で召喚出来る技法などが開発されています。

指揮官について

この戦国劇場では、「指揮官適正」を持った人物が兵を率いることで戦う戦術が基本になっています。
指揮官適正を持った人物は率いる部隊全員に強力なバフを掛けることが出来ます。
このバフは基本的に防御を大きく上げるものであり、そのためこの戦国劇場では戦争による死者が極端に少なく抑えられています。
これは劇場世界が戦国時代をより長く続けるために容易されたシステムであると研究者は推測しています。

また、劇場で生まれ育った人物は指揮官適正を持っている人間はそれほど多くありませんが、召喚された人物は基本的に全員指揮官適正を持っています。