ニクス・X=アウラム

ニクス・ゼノライト=アウラム(Nyx・Xenolite=Aurum)

アレクス・ゼノライト=アウラム(Alex・Xenolite=Aurum)

年齢:17歳 性別:男
メイン:魔道士 サブ:探索者 エクストラ:怪盗 追加サブ: 上級: 種族:魔族
参戦回数:-回 身長:170cm 体重:kg PL名:あたろう
イメージアイコン:ジョーカー(ペルソナ5)

「悪いけど、曲げる気も止める気もないから」

「悔しかったら止めてみて?」


外見

ゆるい癖毛の黒髪に黒い目。
まだ幼さの残る顔立ちは整っている。本人も顔立ちの良さは自覚している。
意図して目立たないよう、落ち着いた意匠と色合いの衣服を選ぶため印象としては地味。
煌びやかではないが、華がないわけではない。

光や体内のマナの加減により色合いを変える『宝石眼』を持つ。
アレキサンドライトを由来とする名前はここから付けられた。
伊達眼鏡をかけていることも。
最近は視覚最適化デバイスを手に入れ玩具にしている。

人格

誠実で紳士的、且つ社交的。
生真面目すぎず、茶目っ気も持ち合わせる。概ね好意的に受け取れる印象を与える。
良いところも悪いところもほどほどに。そんな当たり障りのないごく普通の少年。

……を、頑張って演出していた。そろそろエネルギー切れ。
性根は悪戯好きで生意気、負けず嫌い。基本的には素直。悪人ではないが小悪党。
知性は相応だが、情緒がイマイチ置き去り。子供っぽさがどうしても抜けない。

来歴

代々ランデルに所属する魔法使いの一家、ゼノライト家次男。
3年前に姿を消した兄、『ニクス・ゼノライト=アウラム』を名乗る。

危険なマジックアイテムや術式の回収、封印を専門し、
然るべき場所への移送が決まるまでの一時的な保管も担っていたゼノライトであるが、
違法使い「フェイスレス」によって起こされた事件により、魔道具が盗まれる。

マビノギオンには盗まれた魔道具を追い、今年度から転入してきた。

盗み出された魔道具を探し当て、知識と力を得た。
「17歳の人間」として遜色ない能力に併せるために、
本来であれば12歳であるところ、5年分の時間を対価として経過させている。
時のオカ●ナのマス●ーソード

+ある事情
4年前、当時のゼノライト家当主であるルベル・ゼノライトが自身の妻を殺害し、
封印、保管していたマジックアイテム十数点を盗み出して逃走。
ルベル本人はその僅か数週間後に△△市内の山中に潜伏しているのを発見され、
ランデルにより討伐されたがその際にはマジックアイテムは押収されなかった。

長年に渡り魔法犯罪に対抗し続けてきたゼノライト家への信用は
この一件で失墜することとなった。

+ゼノライト家について
ルベル・ゼノライト=アウラム
年齢:39(享年) 性別:男 種族:魔族

元当主。ランデルに所属する魔法使いであったが、4年前に違法使いとして討伐された。
突如として犯行に及んだ理由は不明だが、
盗み出されたマジックアイテムの一部が他の違法使いの手に渡っていたり、
裏のオークションで売買されるなどしていたため、
金銭目的だったのではないかと目されている。

「ニクス・ゼノライト=アウラム」の証言と後の調査により、
この際に犯行に及んだルベルは既にフェイスレスによって殺害され、
入れ替わられていたものと判明。
発見、討伐されたルベルも、その顔を取り換えられた別人であったことが明らかとなる。

曜子・ゼノライト=リチア
年齢:36(享年) 性別:女 種族:混血

ルベルの妻。4年前にルベルにより殺害される。
ルベルの犯罪に気づき、止めようとした所を殺害されたとの見方である。

ニクス・ゼノライト=アウラム
年齢:17歳 性別:男  種族:魔族

現当主。ルベル討伐後に当主となるが、3年前にランデルの任務にあたった折、消息不明となる。
半年ほど前に、アレクスがその立場を騙ることでゼノライト家へ戻り、
家を預かっていた代理人が逮捕されて以降は、彼が再度当主として家を預かる立場となっている。

……本物の「ニクス」はごく最近その状況をやっと把握した模様。
そして呆れたそうな。

アレクス・ゼノライト=アウラム
年齢:12歳 性別:男  種族:魔族

ニクスの弟。ニクスが消息不明となってからは、
代理人が家を預かり、本人は孤児院に預けられた。
2年ほど前に代理人の営む孤児院から失踪。以後消息不明となっている。

実質的に天涯孤独となって以後、
僅かに残った遺産をすべて代理人に巻き上げられており、
孤児院送りも慈悲や配慮からによるものではなく、
余計なことをされないようにと管理下に置かれたものだった。

劣悪な環境下で一年過ごしたのち、とある猫妖精に誘われ脱走。
ほぼ浮浪児同然に過ごしつつ、盗まれていた魔道具の行方を追う。

幾つかの魔道具を回収した後、「ニクス・ゼノライト=アウラム」を名乗り現れ、
代理人が違法組織との繋がりを持っていたことを告発。https://privatter.net/p/4166835
3年ぶりに家に戻った。



魔法・戦闘

+PLコメント
探索がやりたくて気が狂いそう
魔道士と探索者を組み合わせただけのお手軽便利ビルド

+床に、何か落ちている。
黒地にで"X"と書かれたカードが落ちている。

+カードを捲る

+夜の幕が下りる

怪盗X

年齢:? 性別:? 種族:?
外見イメージ:ジョーカー(ペルソナ5)など

「さぁ、魅せる時間はもう終わり」

「確かにこの手に、頂いたよ」


概要

半年ほど前から首都圏に現れ始めた違法使い。
現在はマビノギオンでの活動が多く確認されており、
この近辺を拠点としているものと目されている。
赤と黒の予告状が特徴。

能力

人前に姿を積極的に表す事はなく、怪盗らしく荒事は好まない。
あらゆる手段を使い人知れず潜入し、窃盗を行う旨としている。
変装や撹乱のために多様な魔法具を使うようであり、その姿は不定。
目撃情報も『翼を広げて飛んでいった』、『伸びる異形の腕を持っていた』、
『黒衣の人物だった』と多様である。
交戦の折には魔道具、氷結系の魔法を使うことが確認されている。

行動理念

マジックアイテムだけを狙うことで知られる。
対象は不特定で、一般人や企業から盗み出すこともあれば、
同業者たる違法使いから盗み出すこともある。

盗み出した物については、盗んだ後にしれっと返されていることもあり、
その目的は判然としない。

基本的に手段は問わないようであるが、
一般人や民間企業に窃盗以外の危害を加えることを嫌い、
反面違法使いに対しては戦闘も辞さない強行手段に出ることも特徴である。

「あるべきものは、あるべき場所に」





+問いかけの一幕
鏡を覗き込む。

そこには少年がいた。

視線を戻す。

そこには少年がいた。

正義を捨てて。
浪漫を遠ざけて。
幸福を置き去りにして。

い目の少年は、
そこに決意を宿らせていた。