常夏GM向け情報


協働任務と通常任務


 複数の隊から数人ずつ隊員を出し、少人数の即席チームを作って一つの任務に当たる『協働任務』が今回の卓における通常の依頼である。
 隊員に様々な経験を積ませることが目的であるため、チームバランスが悪かったとしても設定的には問題なく、どのようなPCの組み合わせになっても良い。

 また、協働任務ではない通常の任務の卓を募集しても良いが、こちらは設定に縛りがあるため以下の点に注意すること。
 ・参加PCは全員同じ隊の所属にすること。
 ・統一した隊にふさわしい任務内容にすること。
 ・依頼人は統一した隊の隊長、もしくは副隊長にすること。
  (依頼説明のためにNPCを同室させることは許可) 



任務以外の依頼


 また、GMによってはイツビ組を通さない依頼や事件に巻き込まれる卓を行いたい場合もあるだろう。
 特に制限はしないが、以下の点に注意すること。
 ・参加PCが卓内の目的を遂行する理由の有無。
 ・PCが報酬を得る理由の有無。

また、報酬と備品点との兼ね合いは「顛末の報告時にイツビ組から評価されて支給された」「事後報告になるが解決した後にイツビ組の依頼として処理された」
「その点には触れずに報酬をもらった後しれっと備品点を上昇させる」などの措置を取ること。



島外への移動


 イツビ組は島内の治安を守る自治組織である。
 従って、島の外が舞台になることは少ない。
 ただし「今の周囲の海域で不審な船が見つかった」だとか、「付近の海上に異界が発生した」という場合は船で出動することもある。
 また、個人的な旅行の途中で事件に巻き込まれた、というパターンも考えられるが、
 基本的には島内を舞台にすること。



シナリオフック



常夏市役所 市役所では市民からの要望・悩み事を集めており、魔法使いによる解決がふさわしいとされた案件はイツビ組に委託する場合がある。
大部分は魔法を使う害虫の駆除や、異界に迷い込んだ子猫の捜索など生活に密着した依頼である。
しかし、たまに「近所の家から異音がする」などの情報で街中に出来た異界が発見されることもある。
イツビ組本部 イツビ組に寄せられた依頼が隊員たちに振り分けられる。
各隊がこなしている通常任務の一部が、訓練のために協働任務で行われる場合が多い。
メガフロート1『アリエス』 各商社は主に輸入輸出を行っているが、異界から採れる物資を取り扱っている場合もある。
特に希少な採取物は取りに行ける人材が少なく、イツビ組に依頼を出すことが多い。
イツビ組を運用する上で重要な収入源であるため、積極的に依頼を受けているようだ
メガフロート3『ジェミニ』 人が多ければその数だけトラブルも起きるもの。市民同士の諍いや個人的な依頼などもイツビ組には舞い込んでくる。
商社と違い、個人による依頼は依頼金が大幅に割り引かれるので、ちょっと余裕のある家庭なら気軽にプライベートな依頼もしてくるだろう。
メガフロート6『ヴァルゴ』 危険な異界が発生した場合、制圧用の人員が送り込まれる。
待機している人員で事足りることもあるが、異界の性質上、様々なタイプの人材が要求されることもある。
普通は朱雀隊の通常任務として扱われるが、解決方法がシンプルなため協働任務で行われることも多い。
メガフロート11『アクエリウス』 種苗品種改良センターはノリで妙な物を作る研究者が多い。
暴走する改良植物を鎮圧する任務などがイツビ組に舞い込んでくることも。
常夏ウェブシティ 電脳世界であるウェブシティでは怪我や疲労の心配なく訓練が可能である。
そのため、実力ギリギリの相手と実戦を行うシステムが運用されており、イツビ組の隊員も訓練業務として戦闘を行っている。
また、ウェブシティも完全ではなくたまにバグが発生する。
その時は、現実には起こりえない様々な不具合が発生するだろう。