コネクションルール

■コネクションルール
各キャラクターは1シナリオに1度だけ判定時に使用を宣言することができる。
コネクションごとに設定された【コネクション効果】が発動する。

【情報】[情報収集]の判定に+1Dされる。
【専門】[指定技能]に関係した[情報収集]の判定に+2Dされる。
【捜査】[探索]の判定に+1Dされる。
【知識】[鑑定]の判定に+1Dされる。
【道具】[罠探知]・[罠解除]いずれかの判定に+1Dされる。
【筋肉】[筋力]の判定に+3される。
【知恵】[知力]の判定に+3される。
【制作】[器用]の判定に+3される。
【俊足】[敏捷]の判定に+3される。
【直感】[感知]の判定に+3される。
【集中】[精神]の判定に+2される。
【逃亡】[逃走]の判定に+2Dされる。
【魔法】[魔法判定]に+2される。
【武芸】[命中判定]に+2される。

☆個人効果
これはPC側が任意のキャラクターに対して設定出来る効果である。
コネクション取得時、本来の【コネクション効果】の代わりにこちらの効果を取得することが出来る。
GM側が設定しているものよりも効果量が低いが、仕様である。
【追想】その判定に+1される。
【親友】その判定に+3される。これはコネクション相手が同一シーンにいる場合にのみ使用可能。
【宿敵】攻撃判定時に使用する、その攻撃のダメージに+1Dする。

■コネクションの購入
PCはコネクションを1個までは無料で取得することが出来る。
2個目以上は1個につき30万円を支払うことでコネクションを購入することが出来る。
悪徳のコネクションNPC一覧から取得できる他、アフターシーンで複数のコネクションを取得することも出来る。

■コネクション効果の設定
コネクション作成時、GMは各NPCに任意のコネクション効果を付けることができる。
一人のNPCにいくつの効果を付けても構わないが、1度のコネクション取得で取得できるコネクション効果は一つまでである。
これは強制ではないが、効果ごとにフレーバーがあると良いだろう。

☆フレーバーの例
【情報】情報収集判定に+1Dされる。
彼女は各方面にコネクションを持っている。

【武芸】その白兵/射撃による命中判定に+2される。
彼女は多くの弟子を持つ武の師匠だ。

【「ストレンヂア」ウルフ・ロウ】
♂ LV55以上 32歳 人間 中庸
「掃き溜めに誇りが無いとでも、思っていたのか?」
 5年前に先代ストレンヂアを倒し、新たなリーダーとなった男。
 先代と違い弱者に興味は無く、ただ強者を求めている。
 組織の運営は妹であるエルフ・ロウに任せており
 自身は『一度も斬られたことがない』というカリスマ性と
 戦闘力によって、組織を支えている。
 異界を探索していたら彼に助けられた、襲われた。
 そんな魔法使いも少なくない。
好きなもの:強者、剣、刀、妹
嫌いなもの:権力、金
【武芸】ウルフ・ロウとの戦闘経験があなたの武を研ぎ澄ましている。
アイコン:羅狼(ストレンヂア 無皇刃譚)

■リコネクト
種別:コネクション 重量:0
価格:20万円
これを消費することで【コネクション効果】を使用することが出来る。
既に一度使用した【コネクション】は使用することができない。