夜明けの時代 @ ウィキ

メニュー

+ ...

夜明け2017卓/学園都市

夜明け2017卓/魔境都市

鬼桜鏤骨

鬼桜鏤骨(きざくら るこつ/Kizakura Rukotsu)

年齢:16 学年:異能学園2年 性別:女 レベル:9 メイン:異能者 サブ:探索者 エクストラ:探偵 追加サブ:- 種族:人間
参戦回数:1回 学園:星芒異能学園 素行:E 身長:161cm 体重:48kg PL名:コルクマリー
イメージアイコン:築城院真鍳(Re:CREATORS)
キャラクターシート

「あ、おかえりー。ご飯先に食べてるよー(もぐもぐ)」


外見
深紫の髪を鈴緒のように編み、鈴飾りを付けている。
黒の制服に晴明桔梗の描かれた黒の手袋が特徴。
いつもにこにこ、笑顔が素敵なギザッ歯少女。

人物
『鏤骨(るこつ)』は読みにくいのか呼びにくいのか、『るーこ』と呼ばれる事もある。

自分が楽しいかどうかを基に行動する気分屋。
治安が悪かろうが通り道に不良がたむろしていようがお構いなしに進む為、絡まれる事も珍しくない。
絡んできた不良を返り討ちにし、返り討ちにされた不良が仲間を連れてお礼参りに現れ、それをまた返り討ちにするを繰り返した結果素行Eの判定を受けた。正当防衛なのにねえ?
【隠密】を使うかは気分次第。絡まれたら絡んできた奴が悪いのさ。

住所は一五学区に存在するが、打ち棄てられたマンションの一室であり、物置としてしか使っていない。
本人は他人の住居を渡り歩き、隠密で隠れながら食料等を拝借している。
自分に絡んだ等の気に入らない人物の住居の場合は、勝手に映画をレンタルして分かり辛い場所に放置する等の嫌がらせをしてから退出する。
高級住宅は住み心地が良く美味しい食材もあるのでお気に入り。だが長くても一週間で飽きて次の住居に移って行く。
姿を見せても厄介事が起こらないと判断した相手には隠密を解除する事もある。目的は主に嫌がらせか驚いた反応が見たいから。
気に入った人物には美味しい手料理を振舞う事もあるだろう。ただし食材はその家にある物を勝手に使う。

住宅に侵入する際は、サイコキネシスで鍵を開けるか瞬間移動で侵入する。
侵入後は隠密で姿を見せないように行動するが、遠慮なく食材を消費し調理器具や食器を使う事もある。
気分が良ければ食器は洗って片付ける。気分が悪ければ使った食器を放置したまま消えてしまう。

学校の成績は筆記試験はそこそこだが、実技試験は上位に食い込む。
筆記試験時には【千里眼】で他人の答案を盗み見ており、不正を疑われない程度に成績を調整しつつ試験を乗り切っている。
実技に関してはサイコキネシスに秀でており、念力を思い通りに操って見せる。
複数の食材、調理器具を操り別々の料理を同時に作る。念力を纏った腕を使い重機でお手玉をする等、異能面の評価は高い。

趣味は『超喝采劇場』での観劇。ここのブレイライト人とは顔見知りになっている。
劇が終わった後は必ず万雷の拍手を送っている。観客が少ない時は【手妻念力】で拍手を水増ししたりもする。

探偵業
推理で事件を解決するよりも人探しや身辺調査を得意とする。
しかし所在が不定の為、鏤骨に依頼をするのは難しい。
住所である一五学区のマンションのポストに依頼を届けるのが確実だが、
最悪一ヶ月に一度しか立ち寄らない上に、気分で依頼を断る事もあるので依頼が来る事は滅多にない。

能力
サイコキネシスを得意とし、念力で空を飛ぶ、念力を纏い身体能力を向上させる等が可能。
正確には重い物を念力で持ち上げていたり、自分の体を念力で動かす事で速く動いているように見せている。実際に筋力等が上がっている訳ではない。
壁や天井を歩く事を好み、天井に張り付いて寝る事もある。

+ 値打ち無き万の言葉

+ 造迷不識・天命神玄

技能

+ 保有技能


+ 参加セッション

+ 友人関係

PickUp

同卓したPCをランダムに選びその住居からスタートする。
そして一方的に『甘い生活』を使って支援し、『君とは遊びだった』と去って行く。
侵入されたPCの家の冷蔵庫の食材は減る。

キャラクター情報

+ キャラクターメモ

更新履歴

取得中です。