「サイ・クオーレ=EA4」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

サイ・クオーレ=EA4 - (2017/05/04 (木) 13:16:08) の編集履歴(バックアップ)


サイ・クオーレ=EA4(さい・くおーれ・えーてるあならいざー IV/Xay-quale=EtherAnalyzer IV)

年齢:15 学年:高1 性別:女性? レベル:- メイン:戦士 サブ:- エクストラ:悪魔使い 追加サブ:魔法芸術 種族:ホムンクルス
参戦回数:-回 学園:FAME 素行:C 身長:- 体重:- PL名:スネコ
テーマ:【IN MY DREAM

「はじめまして、サイと申します。色恋と言うものを学びに来ました。」


外見
頭頂部に狐のような耳を備えた金髪の少女型ホムンクルス。
背中や脇などを大胆に露出しており、理由を聞けば冷却の為であると答えてくれる。
身体的特徴<醜>【機械眼】
両の瞳は星を模した十字のセンサーアレイであり、人によっては嫌悪感を感じる。


人格
さっぱりとした性格で、基本的に従順。
常に楽しそうではあるが、その眼から感情を読み取ることは出来ない。
自分では愉快な性格で、ムードメーカーだと思っている。

来歴
ローゼスクォーツ研究所の第二ラボで生成。
学園外のこの研究所では稼働機全てを管理する余裕がなくなってきたため、試験的に貸与。

+PrivateLog.01
学園都市へ向かうトラックに、A-N流体タンクとインナーを含めた基準装備を積み込んだ。
この後乗せるものと言ったら、ケージと私くらいなので手伝える作業はもう無いだろう。

<Doc.Roses>:それじゃ、向こうでも元気にやってくれ

博士はいつもの無表情ではあるが、感情波に悲しみのパターンが含まれている。

<EA4>:大丈夫です。それよりも、そんな経済状態になるまで保有して頂きいまmあうっ!
<Comd.A>:サイ、今はそんな話はしていない。

手順通りに返礼をしたつもりだが、司令より手刀。発話を中断される。
どうやら間違いだったようだ。

<EA4>:はい、司令。ではどのような話でしょうか?
<Comd.A>:あぁ……いや、確かに資金的・工数的な余裕もそうだが……
<Comd.A>:私達だけではお前への実装を精密に行えないだろうということだ。
<EA4>:どういうことでしょうか?私は廃棄されるのですか?
<Doc.Roses>:表現が正確ではないぞ。サイの基礎行程は完了している。
<Doc.Roses>:我々が言いたいのは、君のさらなる発展を願っているということだ。
<Doc.Roses>:単一培養した実験体を見ただろう。彼らは培養槽から出られない。
<EA4>:私は培養槽から出ていますが?
<Comd.A>:たまには言うじゃないか、ローゼス。
<Comd.A>:培養槽というのは喩えだ、私達はおまえに経験を積ませようと思ったんだ
<EA4>:経験、学習ですね!サイ・クォーレ=EAⅣは命令を受領しました!

博士と司令は其処で私を抱きしめ、データにないエーテル波を放出。感情波形を乱し始めた。
私は其のことに対して対処を行うも、ケージに格納されて踵部透析ソケットを装着しても、
腰部補給ケーブルからケージの管理機構に神経接続しても、前面防護パネルが閉鎖しても、
出来るだけの言葉で博士と司令の感情波形の正常化を測ったのだけれども、
ケージの管理機構に博士が入力した停止信号を受領するまで、二人はずっと泣いていた。


+LOG.02
e383ade383bce382bce382b9e383bbe382afe382a9e383bce38384e7a094e7a9b6e68980
e381aee382a8e383abe382b4e3838ee3839fe382afe382b9e383a9e3839ce7acace4ba8c
e382bbe382afe382bfe383bce3818ce382a8e383bce38386e383abe79fa5e8a69ae38292
e5ae9fe794a8e58c96e38199e3828be3819fe38281e381aee38386e382b9e38388e38399
e38383e38389e381a8e38197e381a6e5bdbce5a5b3e38292e4bd9ce68890e38197e3819
fe38082
<権限がありません>


+LOG.16
e3819de381aee79cbce381abe381afe889b2e8a69ae3818ce5ad98e59ca8e38197e381a6
e38184e381aae38184e38082e5bf85e8a681e381a8e38195e3828ce3828be381aee381af
e591a8e8bebae381aee7a2bae5ae9fe381aae4bd8de7bdaee996a2e4bf82e38292e5af9fe
79fa5e38199e3828be3819fe38281e381aee382bbe383b3e382b5e383bce381aee381bfe
381a7e38182e3828be38082e6b6b2e4bd93e383ace383b3e382bae381aee79cbce79083
e381afe69982e4bba3e98185e3828ce381a7e38182e3828be381a8e38184e38186e3819
3e381a8e38082
<権限がありません>


+LOG.43
 ボイスログを認識しました
 作成者ID : D-3453
 記録日時データが損傷しています
 アクセス権限に改竄の痕跡が発見されました

 【注意!】このファイルは安全上の問題があります
      展開することで権限の凍結措置を受ける場合があります


 再生しますか?
  >YES / NO

『ボイスログ.18。録音場所は第二セクター、培養準備室。
 今のところ、四号の容態は安定している。拒絶反応もなし。
 まずはいい報告から。エー[ノイズにより識別不能]は無事融着。
 モニターの様子からみても実験は成功と言っていいでしょう。
 次に悪い報告がいくつか在る……あー、それじゃ知ってることから。
 一つ目、培養槽から出した時の反応から推測される障害に回復の兆しがない。
 まぁ、これに関してはメディカルチェックで詳しく。
 二つ目、どうやら彼女は丈夫なようね。養育費が大変。
 処分はできそうにないし、可哀想だけどこれからも生きてもらわないと
 三つ目は――――』

 ボイスログの再生を停止しました


+LOG.44
<権限がありません>


学園都市に貸与された彼女の目的は、恋人を作ること。
ただし、其のことについて彼女自身正しく理解はしていない。


+参加セッション

+友人関係

PickUp



キャラクター情報

+キャラクターメモ