※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立ち回り (近距離)

主な立ち回り

一番良い間合いは立ちK先端、つまり開幕位置、でも落ち着かない位置でもある。次に良いのはポチョHSの外、スラヘされても追撃されない事が落ち着く。
この位置で出来る事は、DOTのためのゲージ溜め、牽制HSの戻りにKマッパ先端を当てる、渾身の見てからDOTとなる。
一番怖いのはポチョバスの範囲である開幕から一歩進んだ距離、この位置にいるときは相手を崩すか崩されるかしかない意気込みで、固めなんぞもっての外、すぐにジャンプ逃げできる準備を。

基本はK先端当てから派生、相手がガードを続けるなら空ダッシュ攻撃で触り、択りに。
暴れるならK刻みや2HS、6K、Dステ、6P、2D、HS…暴れつぶしはいくらでもあるか。
Kはスラヘで避けられるので、反応出来れば前Jから反撃を、ただ相手が近いので他の選択肢もちらつき反応し辛い、見境なくKを刻んでいたらアウト。
HFにはK>PマッパCH、K>6PでCHとり易いが、これほどまでにKの技キャンセル不可がきついと思ったことはない。
K>DステもHFに対応しやすい、だが生Dステはスラヘの的。生Dステ中にHFされたら気合のクロスでかつる。
2HS:リターンはあるがジャンプやHFに弱い、ただこれを振らないとスラヘや2D振られ放題。
6P:上と似たようなもの、2S、遠S、HSに強いので忘れてはいけないが、2Dスラヘ、HFで酷い事に、常にFRC準備を、この際赤キャンでも良い。
6HS:たまに混ぜる程度に、メガフェやJで接近するポチョに大きなリターンが取れる、相手のけん制出がかりにCHする事もしばしば、ただ2D、HF、スラヘと負ける技が多くリスクの方が大きい。
6K:スラヘや2Dを避けたりと、悪くないが、HSや遠S、2S等何かと空中CHし易い、使うなら比較的出し易い近距離での読み合いに、PBを避けられたら気持ち良い。
P:遠距離では6HSに勝てる、それだけ。近い間合いでは重要、ポチョのみ屈状態でも当たるので、Kを刻むよりもこちらで、HIT確認から2K~と出来れば強い、ただPBが怖い。

飛び込み空ダッシュは中空を推奨、最低空だとHSに当たる、JK、JP>JK、JHS、JS等で触れれば二択が掛けられる、ただ6Pに弱く、直ガPBも怖い。
極力相手の対地牽制を読んでから飛び込む事、J攻撃を直ガされたらフットでごまかすのも頭の片隅に入れておこう。飛び込み最後の手段は直下で。
熾烈な読み合いを制する自信があるなら常に開幕距離を維持、どうしてもプレッシャーに耐えられないならポチョHS範囲の外でゲージ溜めやKマッパでちまちま体力を奪おう。
中間距離は危険だが、HSやS系に6Pを合わせればリターンが取れ、スラヘや2Dには2HSでリターンが取れる、ただ、ハイリスクハイリターンなのは否めない。
相手の牽制をDステで避けた場合は、出来ればクロスで反撃すること。
パイルの方が当てやすいが、リターンがない、クロスならば先端当てでもHS>中空ダッシュJD~や、Kマッパ~から大きなリターンが取れる。



|